人生にゲームをプラスするメディア

日本ファルコム、『英雄伝説 閃の軌跡』が好調で過去最高益・・・今期も新作で増収・増益を目指す

日本ファルコムが発表した平成25年9月期の通期業績は、売上高18億4000万円(+44.7%)、営業利益7億1000万円(+107.9%)、経常利益7億11100万円(+107.3)、純利益4億3500万円(+101.1%)となり過去最高益となりました。

ゲームビジネス 市場
日本ファルコムが発表した平成25年9月期の通期業績は、売上高18億4000万円(+44.7%)、営業利益7億1000万円(+107.9%)、経常利益7億11100万円(+107.3)、純利益4億3500万円(+101.1%)となり過去最高益となりました。

9月に発売した『英雄伝説 閃の軌跡』(PS3/PS Vita)が大ヒット。本作は『ロード・トゥ・ドラゴン』(アクワイア)、『サムライ&ドラゴンズ』(セガ)、『ファンタジーアース ゼロ』(ゲームポット/スクウェア・エニックス)などとコラボレーションも実施。認知も広がり、ライセンス事業も前年比21.5%増の3億4100万円と好調でした。

今期は「軌跡」シリーズ10週年の年に当り、日本ファルコムでは新作のほか、様々なゲーム機、アプリプラットフォーム、メディアにおいて多数積極的展開を進め、増収増益、過去最高益の更新を目指すとしています。業績予想は売上高19億円、営業利益7億5000万円、純利益4億6000万円としています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  2. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

    なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  3. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

    暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  4. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  5. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  6. GB版をリニューアル!FOMA『スターオーシャン ブルースフィア』配信

  7. 「ゾイド」VRデモ、ワンフェス2016冬に出展決定…実物大の「シールドライガー」が見られる

  8. 【TGS2016】脱出ゲームとVRは相性抜群だった!注目作『ラストラビリンス』と『エニグマスフィア』を紹介

  9. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  10. ゲーマーよ、これがトレーディングカードゲームだ ― 再び流行するTCGに注目

アクセスランキングをもっと見る