人生にゲームをプラスするメディア

ドワンゴ、MAGES.を子会社化 ― 意思決定の迅速化やグループシナジー効果の一層の強化を図るため

ドワンゴは、10月30日の取締役会において、ドワンゴの持分法適用会社であるMAGES.の株式を追加取得し子会社化するため、同社の株主との間で株式譲渡契約を締結したことを発表しました。

ゲームビジネス その他
5pb. ロゴ
  • 5pb. ロゴ
ドワンゴは、10月30日の取締役会において、ドワンゴの持分法適用会社であるMAGES.の株式を追加取得し子会社化するため、同社の株主との間で株式譲渡契約を締結したことを発表しました。

MAGES.は、ドワンゴと文化放送が合弁で設立したAG-ONEと5pb.が対等合併した会社です。株式の追加取得の理由としては、、アニメーションの企画・制作、スクール事業、プロダクションの運営、イベント事業など、多くの事業において連携をしていたことを挙げ、意思決定の迅速化やグループシナジー効果の一層の強化を図るためとしています。なお大株主及び持分比率は、ドワンゴが46.9%で文化放送が45.8%です。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【GDC 2013 報告会】インディーゲームにもレッドオーシャンの波が・・・新清士氏

    【GDC 2013 報告会】インディーゲームにもレッドオーシャンの波が・・・新清士氏

  2. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  3. イケメンはこうして作られる!「「その口…塞いでやろうか…?」250人のイケメンをLive2D化してわかった、成人男性キャラの魅力的な見せ方」セッションレポート【alive2019】

    イケメンはこうして作られる!「「その口…塞いでやろうか…?」250人のイケメンをLive2D化してわかった、成人男性キャラの魅力的な見せ方」セッションレポート【alive2019】

  4. 【CEDEC 2013】「飯野賢治は最後まで"ゲームクリエイター"だった」故・飯野賢治氏らが受賞したCEDEC AWARDSレポート

  5. スングーラ、ソーシャルゲームエンジン「ソクゲー」発売 ― プログラミング無しでゲーム制作可能

  6. 【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

  7. 国民・企業・政府が一体になれば一大市場が生まれる―サイバーエージェント山内隆裕氏が登壇したセッションをレポート

  8. 新生『フロッグミニッツ』を支えたユニティの威力とは?

  9. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  10. 『龍が如く 見参!』インタビュー 次世代のゲーム作りを聞きました

アクセスランキングをもっと見る