人生にゲームをプラスするメディア

「黒川塾 十参」11月1日開催「ゲーム実況者たちに訊く・・・ゲームは遊ぶものから観るものに変化したのか?」

ゲームビジネス その他

はるしげ氏
  • はるしげ氏
  • ガッチマン氏
  • ヒラ氏
  • 池谷勇人氏
エンタテインメントの未来を考える会は、「黒川塾 十参(13)」を11月1日に開催すると発表しました。

「黒川塾」は、音楽、映画、ゲーム、ネット、ITなど、すべてのエンタテインメントの原点を見つめなおし、来るべき未来へのエンタテインメントのあるべき姿をポジティブに考える会です。ナビゲートは、あらゆるエンタメジャンルに精通したメディアコンテンツ研究家である黒川文雄氏。新たな気づきや明日からの活力になる勉強会、企画を開催しています。毎回多才なゲストを招待しての事例紹介、クロストーク、リスナー参加型の質疑応答形式なども行っています。

今回のテーマは、「ゲーム実況者たちに訊く・・・ゲームは遊ぶものから観るものに変化したのか?」。近年流行りを見せているゲームの新しい楽しみ方である「観客として観る
という新しいスタイル」。従来は「自分で遊ぶ」というのがゲームの主な楽しみ方でしたが、その価値観を180度変えるこのスタイル。そのルーツは、ファミコン時代から続く「友達の家に集まり、うまいプレイを観ること」や「ゲーセンでのスタープレイヤーの高度なクリアテクニック」を観るという行為に近いものかもしれません。

ニコニコ動画やニコニコ生放送の登場で、誰もが簡単にゲームプレイ動画を配信し、それに対し視聴者がコメントを残したり、アドバイスをしたりといった行為は、今やごく当たり前の光景になりました。PS4やXbox Oneでは動画のシェアが標準機能になり、動画配信のハードルはさらに下がるはずです。ゲームメーカーもまた、動画配信との向き合い方を真剣に考えていかねばならない時期に来ています。

今回の黒川塾は、著名な実況プレイヤー各氏と、現在のムーブメントを分析する、ニュースサイト「ねとらぼ」記者の池谷氏が登壇され、ゲーム実況の過去、現在、そして未来を語りあう塾となるとのことです。

■はるしげ (はるしげ)
ニコニコ動画初期から投稿している古参ゲーム実況者。粘り強いプレイスタイルを特徴とし、ホラーゲームの初見プレイからレトロPCゲームの解説プレイまで、幅広いスタイルのゲーム実況を行っている。近年は、ニコニコ公式生放送「72時間ホラーゲーム実況」などにも出演。Twitter:@haru_shige

■ガッチマン (がっちまん)
ニコニコ動画で高い人気を誇るカリスマ実況プレイヤー「ガッチマン」。ゲーム実況プレイヤーの中でも屈指の再生回数を誇り、2012年度の全ニコニコ動画内における総再生回数は、堂々の2位を誇る。自らを「ゲーム紹介おじさん」と称し、ゲームの良さを前面に出したその実況スタイルは、メーカー・ユーザー共に評価が高い。
ニコニコ動画内 最大再生回数:1,493,882回再生。お気に入り登録者数:154,935人。twitterフォロワー数:85,560人を誇る。

■実況者:ヒラ (じっきょうしゃ ひら)
ニコニコ動画のゲーム実況ジャンルにおいて絶大なる人気を誇る4人組実況グループ「最終兵器俺達」のメンバーの一人で、癒し担当。番組出演時にはマスクを被って登場する謎多き人物。声色が一般の男性よりも高く聞き取りやすく、視聴者からは可愛いとの声が上がることもある。

■「ねとらぼ」記者 池谷勇人(いけやはやと)
2000年、雑誌「ゲーム批評」でライターデビュー。ゲーム業界紙編集、ゲーム業界アナリスト、フリーライターを経て、現在はITmedia「ねとらぼ」の編集記者に。ゲームとネットカルチャーに強く、ゲーム実況についてはニコニコ動画初期から積極的に紹介。「ネットを使ったゲームの新しい楽しみ方」としてゲーム実況に注目し、自らもゲーム実況イベント開催、実況を使った宣伝・プロモーション活動などに関わる。


開催会場:南青山 サイバーエージェント・ベンチャーズ STARTUP Base Camp
〒107-0052 東京都港区赤坂八丁目5番26号 赤坂DSビル3F
東京メトロ 半蔵門線・銀座線 青山1丁目駅より 徒歩5分
参加費:
・peatix 事前申し込み3000円 1ドリンク代込み 軽食あり
・peatix 事前申し込み 学割2500円(専門学校・大学など学生証をお持ちいただけた方対象とします)
・当日料金 一般 3500円/ 学生 3000円(学生証をご持参ください)
《ひびき》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  2. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  3. Actimagineが任天堂に映像圧縮技術をライセンス

    Actimagineが任天堂に映像圧縮技術をライセンス

  4. 「運が悪い」人間ほど成功する・・・稲船敬二氏が語るゲームクリエイター人生

  5. 横浜みなとみらい開催『ポケモンGO』イベントの集計データが発表―200万人以上が参加、1億2千万匹のポケモンゲット!

  6. ゲームクリエイターたちの熱い夜!DeNA×アカツキ×カヤックが語るユーザーのためのゲームづくりとは

  7. 【GDC 2013】ロングアイランド大学准教授による、“通る”ゲーム企画提案書の作り方

  8. マリオファクトリー南柏店レポート

  9. 【プレイレポ】アイテムを使うだけでも楽しい!『マリオカート アーケードグランプリVR』の臨場感が桁外れ

  10. 【GDC2012】一番難しいステージは最終面の一つ前・・・ロープを斬るシンプルアクション『Cut the Rope』作者が語るデザイン

アクセスランキングをもっと見る