人生にゲームをプラスするメディア

【東京ゲームショウ2013】「飛び出す絵本」をiPad上に完全再現した純和風アドベンチャーゲーム「TENGAMI」 開発は日英合同チーム

モバイル・スマートフォン iPhone


東京ゲームショウ2013には大手、スタートアップ、メジャー、インディーズ、商業用タイトル、学生作品の別なく多種多様な優れたゲームが出展されました。しかし誰かに「東京ゲームショウ2013で見たゲームの中で最もクールなタイトルを1つだけ挙げろ」と言われたら、私は迷わずこの「TENGAMI」を推薦します。それくらい本作はビジュアル・内容共に文句のつけどころの無い素晴らしい作品でした。


「TENGAMI」は、イギリスのゲーム開発会社Rare出身のディベロッパーが設立したチーム「Nyamyam」が開発中のiOS向け純和風謎解きアドベンチャーゲームです。その大きな特徴は、繊細な和紙の質感と「飛び出す絵本」を完全再現した美しいアートワーク。まずは論より証拠ということでプレイ画面をご覧下さい。


こちらがスタート画面。東京ゲームショウでは「海のデモ」と「森のデモ」の2種類を試遊できました。



文机の上にある本を開くと…


このように「飛び出す絵本」のようなスタート画面が現れました。ただページを展開するだけでなく、桜の花びらが散るアニメーションが加えられていたり、ページの中にさらに隠されている小さな”仕掛け”を探したりと細かい演出も仕込まれています。


画面右側をスライドさせるとページが折れ曲がり次の画面に移りますが、この折れ具合がまさしく「飛び出す絵本」。画面だけでなく文字まで折れ曲がっているのが細かい!フル3Dでありながら2Dの絵本の雰囲気を上手く再現しており、3Dと2Dの理想的な融合だと感じました。


ゲームの内容は、主人公をタップで移動させ、特定の場所に到達すると新たなページが展開可能となり次のシーンに進めるようになるというもの。ページの中に隠された仕掛けを見つけないと正しい道が現れないといったギミックも仕込まれており、ページをめくること自体が謎解きになっています。例えば上記の画面では、海を渡らなければ次のシーンに進めないのに途中で道が切れています。


そこでページをめくると、それまで表示されていた道がぐっと折り畳まれて新しい道が現れました。


左から右へ画面を移動するだけでなく、このように”高さ”のあるシーンもあり。もちろんこれもページをめくるときちんと折り畳まれます。

本作の主な特徴はこの「飛び出す絵本」システムではあるのですが、それと同様に建築やキャラクターのデザイン及びBGMもクールです。見ての通り純和風な作品ですが、外国人が制作した日本モチーフの作品によくありがちな「中国と韓国と日本が全部混ざってるじゃねえか!」「こんなナマズ髭の日本人はいねえ!」「合掌して挨拶なんて『お・も・て・な・し』か!それはタイの挨拶だろが!」etc… という”なんちゃって日本”のテイストが全くありません。それもそのはず、開発チームはイギリスと沖縄に分かれており、Nyamyamのメンバーの半分は日本人だそうです。
なお、「TENGAMI」は2013年内にiOS向けにリリース予定とのことですが、2014年初旬にはPC、Mac、Wii U向けにも配信されるとのことで今から待ち遠しくて仕方がありません。プレイ動画は以下をご覧下さい。

《籠谷千穂》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『アズールレーン』「ニコラス改」実装記念!─改造が完了するまでのオススメの育成手順とは

    『アズールレーン』「ニコラス改」実装記念!─改造が完了するまでのオススメの育成手順とは

  2. 『FGO』「今年の夏イベントで水着になってほしいサーヴァントは誰?」結果発表―最も水着を望まれたのはあの女性!【読者アンケート】

    『FGO』「今年の夏イベントで水着になってほしいサーヴァントは誰?」結果発表―最も水着を望まれたのはあの女性!【読者アンケート】

  3. 汗と涙のサンダー28連戦!ジムが密集する都会よりも田舎の方が効率良い説【ポケモンGO 秋田局】

    汗と涙のサンダー28連戦!ジムが密集する都会よりも田舎の方が効率良い説【ポケモンGO 秋田局】

  4. 『Sdorica (スドリカ)』リリース100日記念イベント開催!新キャラクター「カレン」も登場

  5. 『FGO』第2部OPから考察する新たなサーヴァントたち、君の名は……【特集】

  6. 『FGO』どのジャンヌが一番好き?結果発表!一番人気を集めたのはあの聖女【読者アンケート】

  7. 『アズールレーン』可憐で凛々しい鉄血陣営を使いこなそう!━強力な鉄血艦隊考察&イベント要点まとめ!

  8. 『FGO』マスターレベルの上限を開放! 最大レベルを150に変更─新たな幕開けを告げる第2部第2章TVCMも公開

  9. 『FGO』「永久凍土帝国アナスタシア」ネタバレ有!編集部ライター座談会【特集】

  10. 『アークザラッド』新作のティザーサイトが公開!気になる詳細は7月30日に解禁

アクセスランキングをもっと見る