人生にゲームをプラスするメディア

「OPTPiX SpriteStudio」最新バージョンでFlashからのインポートに対応

ゲームビジネス 開発

ウェブテクノロジは、ゲーム開発で利用されている2Dスプライトアニメーションデータ作成ツール「OPTPiX SpriteStudio」の最新バージョン5.1.0を無償アップデートで提供し、Adobe Flashからのインポートなどの機能を追加することを明らかにしました。この最新バージョンは8月21日~23日に開催されるCEDEC 2013の同社ブースやセッションでも紹介されるとのこと。



Adobe Flashからのインポートに対応することで、既存のFlash資産の有効活用が可能となります。特に、Flashに対応していないiPhoneなどスマートフォン向け開発では重宝しそうです。具体的にはFlashのプラグインとして「FlashToSSコンバータ」が提供され、.flaファイルから、OPTPiX SpriteStudio互換のアニメーションファイルを作成できるようになります。

その他の機能拡充としては、Cocos2d-x、Corona SDK標準のスプライトシート形式の出力に対応。両SDKでの利用がより手軽になります。さらに、カーブエディタの機能を拡充。複数アトリビュートのカーブの同時表示への対応や、ズームやキー編集の操作性が改善され、より使いやすいエディタになったとのこと。

OPTPiX SpriteStudioは新規購入では1ライセンス9万9750円、サブスクリプションタイプでは6ヶ月ライセンスで3万4650円で提供されています。

ウェブテクノロジではCEDEC 2013にて、「ゲーム開発手法の転ばぬ先の杖 ~“OPTPiX SpriteStudio”で作る、無駄にならない2D資産の作り方」(22日 13:30-14:30)と「工程の手戻りを最小限に 圧縮テクスチャ(PVRTC・DXTC・ETC)における傾向と対策」(23日 13:30-14:30)の2つのセッションを実施予定。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. セガが中国テンセントと協業しPC向けプラットフォーム「WeGame」へ進出―第1弾は『戦場のヴァルキュリア』

    セガが中国テンセントと協業しPC向けプラットフォーム「WeGame」へ進出―第1弾は『戦場のヴァルキュリア』

  2. 2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

    【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  4. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  5. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  6. クリエイターズファイル 任天堂竹内高さん(Gpara.com)

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. 【CEDEC 2008】ゲーム開発会社が海外パブリッシャーから開発を受注するには?

  9. ポケモンセンターが横浜に来春オープン決定!

  10. サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

アクセスランキングをもっと見る