人生にゲームをプラスするメディア

「OPTPiX SpriteStudio」最新バージョンでFlashからのインポートに対応

ゲームビジネス 開発

ウェブテクノロジは、ゲーム開発で利用されている2Dスプライトアニメーションデータ作成ツール「OPTPiX SpriteStudio」の最新バージョン5.1.0を無償アップデートで提供し、Adobe Flashからのインポートなどの機能を追加することを明らかにしました。この最新バージョンは8月21日~23日に開催されるCEDEC 2013の同社ブースやセッションでも紹介されるとのこと。



Adobe Flashからのインポートに対応することで、既存のFlash資産の有効活用が可能となります。特に、Flashに対応していないiPhoneなどスマートフォン向け開発では重宝しそうです。具体的にはFlashのプラグインとして「FlashToSSコンバータ」が提供され、.flaファイルから、OPTPiX SpriteStudio互換のアニメーションファイルを作成できるようになります。

その他の機能拡充としては、Cocos2d-x、Corona SDK標準のスプライトシート形式の出力に対応。両SDKでの利用がより手軽になります。さらに、カーブエディタの機能を拡充。複数アトリビュートのカーブの同時表示への対応や、ズームやキー編集の操作性が改善され、より使いやすいエディタになったとのこと。

OPTPiX SpriteStudioは新規購入では1ライセンス9万9750円、サブスクリプションタイプでは6ヶ月ライセンスで3万4650円で提供されています。

ウェブテクノロジではCEDEC 2013にて、「ゲーム開発手法の転ばぬ先の杖 ~“OPTPiX SpriteStudio”で作る、無駄にならない2D資産の作り方」(22日 13:30-14:30)と「工程の手戻りを最小限に 圧縮テクスチャ(PVRTC・DXTC・ETC)における傾向と対策」(23日 13:30-14:30)の2つのセッションを実施予定。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  4. 「クール・ジャパン」推進に500億円 税金でクールな文化は作れるのか?

  5. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  6. 偶然の出会いが唯一無二のコンテンツを生んだ『El Shadai~エルシャダイ~』ディレクター竹安佐和記Xルシフェル役 竹内良太・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第22回

  7. 【闘会議2015】前代未聞の筋トレ用アニメ「いっしょにとれーにんぐ」がゲーム化か?制作会社が開発者を募集

  8. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  9. 【GTMF 2014】実行速度が最大10倍アップ!? 続々と明らかになったBISHAMONのアップデート状況

  10. 【DEVELOPER’S TALK】最新技術で温故知新・・・開発者の思い入れが詰まった「ハルヒ」の集大成『涼宮ハルヒの追想』

アクセスランキングをもっと見る