人生にゲームをプラスするメディア

第21回次世代ワールドホビーフェア大阪会場レポート

ゲームビジネス その他

2005年春のホビーフェア、大阪会場の様子です。
  • 2005年春のホビーフェア、大阪会場の様子です。
  • 2005年春のホビーフェア、大阪会場の様子です。
  • 2005年春のホビーフェア、大阪会場の様子です。
  • 2005年春のホビーフェア、大阪会場の様子です。
  • 2005年春のホビーフェア、大阪会場の様子です。
  • 2005年春のホビーフェア、大阪会場の様子です。
  • 2005年春のホビーフェア、大阪会場の様子です。
  • 2005年春のホビーフェア、大阪会場の様子です。
16日、全国4会場の先陣をきって大阪ドームにて第21回次世代ワールドホビーフェアが開幕しました。16日の大阪は多少雨模様の天気でしたが、開場時間の9時ごろになると晴れ間も見えました。


大阪ドームに向かう皆様

毎回混雑するホビーフェアですがそれは今回も変わりません。大阪ドームの最寄り駅JR大正駅を出るとすぐに展示ブース行きと物販ブース行きの列に分かれます。どちらも混雑していて、10時過ぎには入場まで30分程度を要するくらいになっていました。会場内も多くの人で溢れていて、特にニンテンドーDSを持っている人が多いのかワイヤレス通信も困難な状況でした。

任天堂ブース

任天堂ブースでは発表されたばかりの『Dance Dance Revolution with MARIO』を始めとして、『スターフォックスアサルト(GC)』、『キャッチ!タッチ!ヨッシー!(DS)』、『タッチ!カービィ 魔法の絵筆(DS)』、『マリオパーティアドバンス(GBA)』を体験できました。イベントは『DDR』、『ヨッシー』、『ジャングルビート』が行われました。

任天堂ブースでゲームを遊ぶとスクラッチカードをもらうことができ、こすって出てきた点数の合計に応じて景品がもらえました。もらえた景品は下の通りですが、午後1時くらいには品切れになるものもありました。他の会場に行かれる方は早めに交換されることをオススメします。

・10点 パイプチェア
・8点 トートバック/ショルダーポーチ
・5点 ペンケース/ハンドタオル
・3点 キラキラ4色ボールペン
・2点 ニンテンドーDS液晶クリーナー
・1点 ポストカードセット

ポケモンブース

ポケモンのブースではニンテンドーDS『ポケモンダッシュ』の対戦プレイができました。「ゴンベ」のコース配信も行われていました。コース配信は"レギュラーカップ5カップクリア"と"スペシャルカップに1つ空きがあること"を満たすことで受けられます。もちろん『ポケモンダッシュ』のカードとニンテンドーDS本体は必須です。

愛知万博で設置されるポケパークの宣伝もお姉さんが一生懸命してました。

バンダイブース

インサイド一押しの『メテオス』の体験版の配信が行われていました。体験版をもらうと説明用に冊子がもらえました。試遊台では2人対戦のみができました。ブース内のステージではゲーム大会も行われました。

ナムコブース

ナムコブースでは『パックピクス(DS)』の試遊ができましたが、ニンテンドーワールドTouch!DSと同じ開発度50%のものでした。今後の会場では別のバージョンが用意されることになるのでしょうか? ちなみに、プレイすると『塊魂(PS2)』の王様の鼻ひげペーパークラフトがもらえました。

その他
その他、コナミブースでは『続・ボクらの太陽〜太陽少年ジャンゴ〜(GBA)』が、カプコンブースでは『ロックマンゼロ4(GBA)』が、スクウェア・エニックスブースでは『エッグモンスターヒーロー(DS)』を体験することができました。

以上、大阪会場の簡単なレポートです。各ゲームの詳細なレポートは今後掲載します。なみに会場の客層は50%が子どもで35%が親で15%がゲーマーという感じでした。

(Reported by こう/ギミック)
《こう》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

    「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  2. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

    コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  3. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  4. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  5. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  6. スマホゲームのマーケティング専門家集団、AppBroadCastが目指す「脱・リワード依存」

  7. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. SpriteStudio ユーザーミーティングが3月17日に開催、豪華ゲストにライトニングトークも!

  10. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

アクセスランキングをもっと見る