人生にゲームをプラスするメディア

シリコンスタジオ、ゲーム開発向けミドルウェア「ALCHEMY」最新バージョン5.0を発表

シリコンスタジオは2009年4月6日(月)、米Vicarious Visions社と共同開発した統合開発環境 「ALCHEMY(アルケミー)」の最新バージョン5.0のリリースを発表しました。

ゲームビジネス その他
シリコンスタジオ、ゲーム開発向けミドルウェア「ALCHEMY」最新バージョン5.0を発表
  • シリコンスタジオ、ゲーム開発向けミドルウェア「ALCHEMY」最新バージョン5.0を発表
  • シリコンスタジオ、ゲーム開発向けミドルウェア「ALCHEMY」最新バージョン5.0を発表
シリコンスタジオは2009年4月6日(月)、米Vicarious Visions社と共同開発した統合開発環境 「ALCHEMY(アルケミー)」の最新バージョン5.0のリリースを発表しました。

ALCHEMYは、マルチプラットフォームのリアルタイムアプリケーションを開発するための高パフォーマンスな統合ソフトウェア・プラットフォームです。 リアルタイムアプリケーションカーネル、ローレベルAPI、ハイレベルグラフィックスなど、全開発工程を統合化可能で、モジュールを再利用したり、ツールを簡単に作成したりすることができます。

新しいバージョン5.0では、PLAYSTATION3、Xbox360、Windows向けに開発されたミドルウェア「DAIKOKU(ダイコク)」と「YEBIS(エビス)」を統合し、さらにパフォーマンスが強化されました。

DAIKOKUは、プログラマブルシェーダを活用した、マルチプラットフォーム対応の次世代レンダリングエンジン。法線マップ、パララックスマップ、環境マップ、グロスマップといった多様なシェーダ技術と、ワークフローの構築を支援するツールサンプルが提供されています。

また、汎用性が高くコンパクトにデザインされた低レベルのAPIを提供し、ゲーム開発者が作り上げてきた既存のゲームエンジンとも統合可能となっています。YEBISは、シェーダプログラムの開発を行うことなく、さまざまなポストエフェクト効果を簡単に利用することができます。

ALCHEMYプラグインとして提供され、すぐに組み込み、効果を確認することができます。次世代エンジンのDAIKOKU/YEBISがバンドルされたことで、マルチプラットフォームでの作業能率がアップしたほか、さまざまなシェーダテクニックと高品位な影生成のためのシャドウマップを利用できるようになったとのことです。

ALCHEMYは、マルチプラットフォーム上でのリアルタイムグラフィックスアプリケーション開発環境として、日米欧のゲーム開発会社を中心に利用されており、最近発売された『湾岸ミッドナイトMAXIMUM TUNE 3 DX(アーケードゲーム:開発元バンダイナムコゲームス)』『ドカポンキングダムfor Wii(Wii用:開発元スティング)』など、国内外150タイトル以上で採用されています。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  2. 東京ゲームショウ2011のメインビジュアルが決定

    東京ゲームショウ2011のメインビジュアルが決定

  3. 「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

    「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

  4. 家電量販店「さくらや」清算へ・・・一部店舗はビックカメラが引き継ぎ

  5. マリオファクトリー南柏店レポート

  6. 【GDC 2015】2人で作って10億円を稼いだ『クロッシーロード』のサクセスストーリー

  7. ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

  8. 秋葉原の洋ゲーショップ「ゲームハリウッド」2月24日で閉店

  9. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

  10. 【週間売上ランキング】 トップはドラゴンボールZメテオ(10/1-7)

アクセスランキングをもっと見る