人生にゲームをプラスするメディア

シリコンスタジオ、ゲーム開発向けミドルウェア「ALCHEMY」最新バージョン5.0を発表

ゲームビジネス その他

シリコンスタジオ、ゲーム開発向けミドルウェア「ALCHEMY」最新バージョン5.0を発表
  • シリコンスタジオ、ゲーム開発向けミドルウェア「ALCHEMY」最新バージョン5.0を発表
  • シリコンスタジオ、ゲーム開発向けミドルウェア「ALCHEMY」最新バージョン5.0を発表
シリコンスタジオは2009年4月6日(月)、米Vicarious Visions社と共同開発した統合開発環境 「ALCHEMY(アルケミー)」の最新バージョン5.0のリリースを発表しました。

ALCHEMYは、マルチプラットフォームのリアルタイムアプリケーションを開発するための高パフォーマンスな統合ソフトウェア・プラットフォームです。 リアルタイムアプリケーションカーネル、ローレベルAPI、ハイレベルグラフィックスなど、全開発工程を統合化可能で、モジュールを再利用したり、ツールを簡単に作成したりすることができます。

新しいバージョン5.0では、PLAYSTATION3、Xbox360、Windows向けに開発されたミドルウェア「DAIKOKU(ダイコク)」と「YEBIS(エビス)」を統合し、さらにパフォーマンスが強化されました。

DAIKOKUは、プログラマブルシェーダを活用した、マルチプラットフォーム対応の次世代レンダリングエンジン。法線マップ、パララックスマップ、環境マップ、グロスマップといった多様なシェーダ技術と、ワークフローの構築を支援するツールサンプルが提供されています。

また、汎用性が高くコンパクトにデザインされた低レベルのAPIを提供し、ゲーム開発者が作り上げてきた既存のゲームエンジンとも統合可能となっています。YEBISは、シェーダプログラムの開発を行うことなく、さまざまなポストエフェクト効果を簡単に利用することができます。

ALCHEMYプラグインとして提供され、すぐに組み込み、効果を確認することができます。次世代エンジンのDAIKOKU/YEBISがバンドルされたことで、マルチプラットフォームでの作業能率がアップしたほか、さまざまなシェーダテクニックと高品位な影生成のためのシャドウマップを利用できるようになったとのことです。

ALCHEMYは、マルチプラットフォーム上でのリアルタイムグラフィックスアプリケーション開発環境として、日米欧のゲーム開発会社を中心に利用されており、最近発売された『湾岸ミッドナイトMAXIMUM TUNE 3 DX(アーケードゲーム:開発元バンダイナムコゲームス)』『ドカポンキングダムfor Wii(Wii用:開発元スティング)』など、国内外150タイトル以上で採用されています。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【OGC2012】mixiで始まった「mixiゲーム」の現状とヒットタイトルの育て方

    【OGC2012】mixiで始まった「mixiゲーム」の現状とヒットタイトルの育て方

  2. 今週発売の新作ゲーム『ドラゴンボール ファイターズ』『TES V: Skyrim』『レゴ マーベルスーパー・ヒーローズ2 ザ・ゲーム』他

    今週発売の新作ゲーム『ドラゴンボール ファイターズ』『TES V: Skyrim』『レゴ マーベルスーパー・ヒーローズ2 ザ・ゲーム』他

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. VR中にもキーボードを打てる!―LogitechがViveトラッカーを使用した新技術を開発

  5. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  6. 先月お引っ越ししたイメージエポックへ会社訪問に行ってきました。

  7. セタが解散へ―『スーパーリアル麻雀』や『森田将棋』で知られる

  8. 【CEDEC 2014】注目される子供のプログラミング学習、その現状と課題とは?

  9. 【GDC 2015】統合開発環境「Unity 5」が遂にリリース、個人向けには全機能が無料で提供

  10. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

アクセスランキングをもっと見る