人生にゲームをプラスするメディア

東京ゲームショウ2013とTokyo Otaku Modeが提携 海外情報発信を強化

ゲームビジネス その他

東京ゲームショウ2013
  • 東京ゲームショウ2013
  • Tokyo Otaku Mode
世界有数のゲームイベントである東京ゲームショウが、2013年に海外向けの情報発信機能を強める。海外向けに日本ポップカルチャー情報を配信するTokyo Otaku Modeと提携し、海外向けの情報発信を強化、さらに海外からの来場者のサポートも行う。
協業を通じて、東京ゲームショウ2013の海外ゲームファンへの認知拡大、海外からの来場促進、そして海外来場者の満足度の向上を目指す。Tokyo Otaku Modeが、国際化、海外に向けたゲームの情報ハブを掲げる東京ゲームショウの一翼を担うことになりそうだ。

Tokyo Otaku Modeは、まず東京ゲームショウ2013の開催前からイベントの最新情報を英語で配信する。あわせて東京ゲームショウのために来日する海外来場者のためのお役立ち情報も伝える。
さらに開催期間中は、東京ゲームショウが設ける来場者向けのインフォメーションコーナーやラウンジの運営をTokyo Otaku Modeが協力する。

東京ゲームショウは、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会が主催する大型イベントだ。今年も9月19日、20日の2日間をビジネスデイ、21日と22日まで一般公開日として4日間、幕張メッセで開催される。ビジネスの場、そしてファンに向けた情報発信の場となる。
展示ホール1~9、イベントホール、国際会議場を利用したイベントは、企業・団体出展200社、4日間で20万人の来場者を見込む。最新のゲームが並び、ゲーム業界の情報交換も行わるだけに、日本だけでなく海外からもビジネス関係者、ファンの来場者が多い。
一方で、来場者以外への海外向けの情報発信が少なく、これまで課題になっていた。Tokyo Otaku Modeは、Facebookページが1200万イイネを誇るなど海外発信に大きな力を持つ。東京ゲームショウは、Tokyo Otaku Modeの力を借りることでこれをカバーすることになる。

東京ゲームショウ2013
http://tgs.cesa.or.jp/

Tokyo Otaku Mode 
http://otakumode.com/
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

    VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  2. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

    【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  3. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

    ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  4. ESA代表「NPDの月刊レポートは業界の害悪」

  5. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  6. 【インタビュー】インティ・クリエイツ社長が語るクラウドファンディング開発…『Bloodstained』の今後も

  7. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  8. ソーシャルゲームと家庭用ゲームのユーザー比較・・・SIG-Indie第10回勉強会

  9. 【GTMF2013】過去のC++資産も有効活用、クロスプラットフォームに長けたゲームエンジン「Marmalade」

  10. 海外の日本コンテンツ市場は、アニメ・マンガ・ゲーム中心の展開に ― 「メディアとコンテンツの産業・市場」レポート

アクセスランキングをもっと見る