人生にゲームをプラスするメディア

コンテンツ制作の新たな可能性「クラウドファンディング」、国内4社が一堂に・・・黒川塾(八)レポート

ゲームビジネス 開発

コンテンツ制作の新たな可能性「クラウドファンディング」、国内4社が一堂に・・・黒川塾(八)レポート
  • コンテンツ制作の新たな可能性「クラウドファンディング」、国内4社が一堂に・・・黒川塾(八)レポート
  • コンテンツ制作の新たな可能性「クラウドファンディング」、国内4社が一堂に・・・黒川塾(八)レポート
  • コンテンツ制作の新たな可能性「クラウドファンディング」、国内4社が一堂に・・・黒川塾(八)レポート
  • コンテンツ制作の新たな可能性「クラウドファンディング」、国内4社が一堂に・・・黒川塾(八)レポート
  • コンテンツ制作の新たな可能性「クラウドファンディング」、国内4社が一堂に・・・黒川塾(八)レポート
  • コンテンツ制作の新たな可能性「クラウドファンディング」、国内4社が一堂に・・・黒川塾(八)レポート
  • コンテンツ制作の新たな可能性「クラウドファンディング」、国内4社が一堂に・・・黒川塾(八)レポート
  • コンテンツ制作の新たな可能性「クラウドファンディング」、国内4社が一堂に・・・黒川塾(八)レポート
サイバーエージェント・ベースキャンプにて「黒川塾(八)」が行われました。毎月、恒例となっている黒川塾。これまではゲーム業界のキーマンを招き、様々な議論が行われてきましたが、今回のテーマは「クラウドファンディング」です。

クラウドファンディングとは、何かを実現したい起案者がインターネットを通して個人から資金を調達する手法、及びサービスです。昨今では、アメリカのKickstarterが急激に成長して注目を集めており、その話題は日本にも多数伝えられております。今回の黒川塾では、国内のクラウドファンディング・サービスを運営する4社が一堂に会して、日本国内でのクラウドファンディングの将来について議論を行いました。

■国内外で著名な映画のプロジェクトが実現、MotionGallery大高健志氏

最初に紹介されたのはMotionGalleryを運営する大高健志氏。1983年、東京生まれの大高氏は、外資系コンサルティング会社でメディア業界の事業戦略立案、新規事業立ち上げなどに従事、その後、大学院に進学して映画製作を学んだそうです。大学院ではクリエイターを目指していましたが、映画製作の資金調達の苦労を知り、現在のMotionGalleryを立ち上げたそうです。

MotionGalleryのサービス面での特徴は、やはり映画のプロジェクトに強いという点です。イランの著名な映画監督のアッバス・キアロスタミ氏の映画製作、郵便局員と図書館司書の夫妻が世界屈指のアートコレクターとして活躍したドキュメンタリー映画「ハーブ&ドロシー」の続編など、世界的に話題を集める映画のプロジェクトがMotionGalleryにおいて資金調達を成功させています。

このようなクラウドファンディングにおいて成功するプロジェクトのモデルとして、大高氏は2つの事例を指摘しました。一つはカンヌ映画祭でパルムドール(最高賞)を受賞しながらも、国内での上映が危ぶまれた「パリ20区、僕たちのクラス」、もう一つは東日本大震災後に見直された自然エネルギーによる発電です。これらの事例はクラウドファンディングのサービスなどを利用したわけではありませんが、現状のビジネスのシステムでは回らないプロジェクトに、一般の「生活者」が参加することで実現可能になるという点で、共通点を持っていると大高氏は指摘しています。

またMotionGalleryも含め、今回集まった4社はすべてプロジェクト側が出資者に対して返済義務のない「誓約型」のクラウドファンディングです。これらの誓約型クラウドファンディングは、出資者に直接的な利益を還元するのではなく、何かの特典や報酬を与える形のものです。そのため従来のファンドなどと異なり、プロジェクトの起案者が自身のクリエイティビティを100%発揮できるのが、誓約型クラウドファンディングの特徴であると、大高氏は述べています。

さらにMotionGalleryは映画だけではなく、ゲームやアニメ、音楽といったクリエイティブなプロジェクトを幅広く支援していく予定だそうです。現状は映画に関心が高いユーザーが多いといいますが、それらの層が他のジャンルにも興味を持つように新しいファン層を作って行きたいと、大高氏は展望を述べています。またサービスの手数料が10%とクリエイターにやさしいのがMotionGalleryの特徴であるそうです。

■ユニークなプロジェクトが多い、CAMPFIRE石田光平氏
《今井晋》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

    【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  2. あの“ひみつ道具”が実現!? 「ドラえもんVR『どこでもドア』」先行試遊会を開催

    あの“ひみつ道具”が実現!? 「ドラえもんVR『どこでもドア』」先行試遊会を開催

  3. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

    【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  4. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  5. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  6. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  7. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  8. 【CEDEC 2013】ゲームメーカーが求める人材像とは?CEDEC2013業界研究フェアでバンダイナムコスタジオとグリーの人事担当が対談

  9. 【CEDEC 2014】2020年までの技術予想~半導体の技術革新がゲーム体験におよぼす影響とは? 

  10. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

アクセスランキングをもっと見る