人生にゲームをプラスするメディア

コンテンツ制作の新たな可能性「クラウドファンディング」、国内4社が一堂に・・・黒川塾(八)レポート

ゲームビジネス 開発

コンテンツ制作の新たな可能性「クラウドファンディング」、国内4社が一堂に・・・黒川塾(八)レポート
  • コンテンツ制作の新たな可能性「クラウドファンディング」、国内4社が一堂に・・・黒川塾(八)レポート
  • コンテンツ制作の新たな可能性「クラウドファンディング」、国内4社が一堂に・・・黒川塾(八)レポート
  • コンテンツ制作の新たな可能性「クラウドファンディング」、国内4社が一堂に・・・黒川塾(八)レポート
  • コンテンツ制作の新たな可能性「クラウドファンディング」、国内4社が一堂に・・・黒川塾(八)レポート
  • コンテンツ制作の新たな可能性「クラウドファンディング」、国内4社が一堂に・・・黒川塾(八)レポート
  • コンテンツ制作の新たな可能性「クラウドファンディング」、国内4社が一堂に・・・黒川塾(八)レポート
  • コンテンツ制作の新たな可能性「クラウドファンディング」、国内4社が一堂に・・・黒川塾(八)レポート
  • コンテンツ制作の新たな可能性「クラウドファンディング」、国内4社が一堂に・・・黒川塾(八)レポート
サイバーエージェント・ベースキャンプにて「黒川塾(八)」が行われました。毎月、恒例となっている黒川塾。これまではゲーム業界のキーマンを招き、様々な議論が行われてきましたが、今回のテーマは「クラウドファンディング」です。

クラウドファンディングとは、何かを実現したい起案者がインターネットを通して個人から資金を調達する手法、及びサービスです。昨今では、アメリカのKickstarterが急激に成長して注目を集めており、その話題は日本にも多数伝えられております。今回の黒川塾では、国内のクラウドファンディング・サービスを運営する4社が一堂に会して、日本国内でのクラウドファンディングの将来について議論を行いました。

■国内外で著名な映画のプロジェクトが実現、MotionGallery大高健志氏

最初に紹介されたのはMotionGalleryを運営する大高健志氏。1983年、東京生まれの大高氏は、外資系コンサルティング会社でメディア業界の事業戦略立案、新規事業立ち上げなどに従事、その後、大学院に進学して映画製作を学んだそうです。大学院ではクリエイターを目指していましたが、映画製作の資金調達の苦労を知り、現在のMotionGalleryを立ち上げたそうです。

MotionGalleryのサービス面での特徴は、やはり映画のプロジェクトに強いという点です。イランの著名な映画監督のアッバス・キアロスタミ氏の映画製作、郵便局員と図書館司書の夫妻が世界屈指のアートコレクターとして活躍したドキュメンタリー映画「ハーブ&ドロシー」の続編など、世界的に話題を集める映画のプロジェクトがMotionGalleryにおいて資金調達を成功させています。

このようなクラウドファンディングにおいて成功するプロジェクトのモデルとして、大高氏は2つの事例を指摘しました。一つはカンヌ映画祭でパルムドール(最高賞)を受賞しながらも、国内での上映が危ぶまれた「パリ20区、僕たちのクラス」、もう一つは東日本大震災後に見直された自然エネルギーによる発電です。これらの事例はクラウドファンディングのサービスなどを利用したわけではありませんが、現状のビジネスのシステムでは回らないプロジェクトに、一般の「生活者」が参加することで実現可能になるという点で、共通点を持っていると大高氏は指摘しています。

またMotionGalleryも含め、今回集まった4社はすべてプロジェクト側が出資者に対して返済義務のない「誓約型」のクラウドファンディングです。これらの誓約型クラウドファンディングは、出資者に直接的な利益を還元するのではなく、何かの特典や報酬を与える形のものです。そのため従来のファンドなどと異なり、プロジェクトの起案者が自身のクリエイティビティを100%発揮できるのが、誓約型クラウドファンディングの特徴であると、大高氏は述べています。

さらにMotionGalleryは映画だけではなく、ゲームやアニメ、音楽といったクリエイティブなプロジェクトを幅広く支援していく予定だそうです。現状は映画に関心が高いユーザーが多いといいますが、それらの層が他のジャンルにも興味を持つように新しいファン層を作って行きたいと、大高氏は展望を述べています。またサービスの手数料が10%とクリエイターにやさしいのがMotionGalleryの特徴であるそうです。

■ユニークなプロジェクトが多い、CAMPFIRE石田光平氏
《今井晋》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

    一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  2. Azureが初登場!クラウドによるゲーム開発支援を鮮明にした“GDC 2018”マイクロソフトブースの狙いを訊く

    Azureが初登場!クラウドによるゲーム開発支援を鮮明にした“GDC 2018”マイクロソフトブースの狙いを訊く

  3. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  4. 【CEDEC 2013】「良いゲームには、良いマーケティングを」グーグル定元氏が語る楽しい広告

  5. 【Wii Uアンケート Wiiの扱い篇】データ引っ越しをする人は60% ― 引っ越し後のWiiの扱いも公開

  6. 2018年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. 元ゲームリパブリックの岡本吉起氏、モバイルゲームを開発中

  8. 体感型筐体「VR センス」がいち早くプレイできる店舗が登場、『超 真・三國無双』など対応タイトルも発表

  9. 東広島から日本のRPGで世界を狙う!E3にも出展したケムコの戦略に迫る

  10. 高知県、「平成の海援隊」結成ーゲームや玩具など多事業で地域活性を目指す

アクセスランキングをもっと見る

1