人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2013】『バトルフィールド 4』遂に発表、ゲームエンジン「Frostbite 3」を採用

ソニー PS3

【GDC 2013】『バトルフィールド 4』遂に発表、ゲームエンジン「Frostbite 3」を採用
  • 【GDC 2013】『バトルフィールド 4』遂に発表、ゲームエンジン「Frostbite 3」を採用
  • 【GDC 2013】『バトルフィールド 4』遂に発表、ゲームエンジン「Frostbite 3」を採用
  • 【GDC 2013】『バトルフィールド 4』遂に発表、ゲームエンジン「Frostbite 3」を採用
エレクトロニック・アーツとDICEのミリタリーシューターシリーズ新作『バトルフィールド 4』がついに正式披露されました。

GDC会場横にあるMetreonのAMCシアターで、プレス向けの『バトルフィールド 4』披露イベントが開催。会場には、業界関係者も多数つめかけ、筆者のすぐ後ろにはMichael Pachter氏がEAの元CEO John Riccitielloと雑談、前方にはXboxのボスDon Mattrick氏の姿が見えたりとただならぬ雰囲気。

長い待ち時間が経過しようやく館内が暗くなると、DICEのエグゼクティブVPでEA幹部も務めるPatrick Soderlund氏が登場。レンダリングを用いていない『バトルフィールド 4』の17分に及ぶゲームプレイフッテージがいよいよ上映されました。

映像が終了すると、DICEのPatrick Soderlund氏が再びステージに上がり、『バトルフィールド 4』の新エンジン「Frostbite 3」の採用を発表。

次にPatrick Bach氏から、『バトルフィールド 4』のシングルプレイキャンペーンにおけるコンセプトやディテールがいくつか述べられました。今作で重要視する点は、品質、革新、情熱、の3つ。画期的なFrostbite 3が、技術的な面はもちろん、より良いキャラクターやストーリーを描けるようになり、人間味のある、ドラマチックで、真実味のある表現が可能とのこと。

シングルプレイでもまるでマルチプレイであるかのような、チームベース体験が味わえ、感情に訴える、映画を見ているような臨場感のある演出。ストーリーを引っ張る、登場キャラクターのモチベーション、壮大さ、車や航空機などのリアリティ、アクションまですべてがリアルなのだとか。

今回のイベントでは、マルチプレイモードや対応機種といったその他のディテールは伏せられたままで、今後おって新しい情報出していくということです。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

    『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  2. 全世界5万台限定「PlayStation 4 Pro 500 Million Limited Edition」予約がAmazonでスタート【UPDATE】

    全世界5万台限定「PlayStation 4 Pro 500 Million Limited Edition」予約がAmazonでスタート【UPDATE】

  3. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

    『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

  4. 『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

  5. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  6. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  7. PS4版『ボーダーブレイク』武器や機体パーツの入手方法は? マッチング分けは? 気になる質問に開発陣が返答【セガフェス2018】

  8. ローグライク2D探索型ACT『Dead Cells』正式リリース! 国内PS4/スイッチ版も配信

  9. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  10. 『フォートナイト バトルロイヤル』のとある場所に「謎の墓」が登場―この裏には悲しい物語があった…

アクセスランキングをもっと見る