人生にゲームをプラスするメディア

『風ノ旅ビト』のデベロッパーthatgamecompany、じつは開発中に倒産していた

現在開催中のD.I.C.E.サミット2013でPS3『風ノ旅ビト』(Journey)が、Game Of The Yearをはじめとした複数の賞を受賞するという栄華を見せつけています。その一方で、開発元thatgamecompanyの設立メンバー陳星漢氏が暴露話を展開し注目を集めました。

ソニー PS3
『風ノ旅ビト』のデベロッパーthatgamecompany、じつは開発中に倒産していた
  • 『風ノ旅ビト』のデベロッパーthatgamecompany、じつは開発中に倒産していた
  • 『風ノ旅ビト』のデベロッパーthatgamecompany、じつは開発中に倒産していた
現在開催中のD.I.C.E.サミット2013でPS3『風ノ旅ビト』(Journey)が、Game Of The Yearをはじめとした複数の賞を受賞するという栄華を見せつけています。その一方で、開発元thatgamecompanyの設立メンバー陳星漢(チェン・シンハン/ジェノヴァ・チェン/Jenova Chen)氏が暴露話を展開し注目を集めました。

基調講演で明かされたのは、「『風ノ旅ビト』開発中に同社が財政難に陥り倒産していた」という事実です。当初の予定期間の2年を過ぎても完成しておらず、テスターによるゲームクラッシュからさらなるインスピレーションを受け開発3年目へ突入。ソニーは3年目の開発資金を提供することに合意したものの、(ちょっと足りなかったのか)半年ほどスタッフの何人かは無給。昨年には自己資金を溶かし切り破産していたとのことです。

今となってこそ尋常でない高評価を獲得し一躍GoTYにまで上り詰めた『風ノ旅ビト』ですが、プレイ済みのゲーマーならば解るように、既存の「ゲームの面白さ」の枠だけでは少々語り辛い部分があります。しかしながら単なる映像作品とも断じることもできず、説明困難な魅力が詰め込まれた新ジャンル作とすら呼べるでしょう。異端児はえてして極限状態におかれた人と組織から生まれるという好例、ならびに「あとになってからなんかすごく評価されたけど現場は地獄だったんだよ」の事例として、今後も記憶に残る作品になりそうです。
《Gokubuto.S》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

    尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

  2. あの銃撃多重奏RPGが蘇る!『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』本日10月18日より配信開始

    あの銃撃多重奏RPGが蘇る!『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』本日10月18日より配信開始

  3. 『ぷよぷよeスポーツ』「ぷよのしゅるい」は全15種類!「ソニック」「モロ星人」など好みに応じてセレクト可能に

    『ぷよぷよeスポーツ』「ぷよのしゅるい」は全15種類!「ソニック」「モロ星人」など好みに応じてセレクト可能に

  4. 『レッド・デッド・リデンプション2』のローンチトレイラーが18日午後11時公開! 事前ダウンロード開始時間も明らかに

  5. 純金とダイヤモンドで装飾されたPS4コントローラー登場―恐ろしくてレバガチャできない…【UPDATE】

  6. シリーズ最新作『ソウルキャリバーVI』PS4/XB1版が発売開始ー開発陣のコメントも

  7. 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』10月18日発売決定!4KとHDに対応したリマスター版

  8. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  9. 『GOD EATER 3』ハイクオリティなアニメカットの一部が先行公開―AGEたちが巨大アラガミに立ち向かう!

  10. 『CoD:BO4』データサイズは「約55GB」、Day1アップデートは「約50GB」に―機種別プリロード開始時間も

アクセスランキングをもっと見る