人生にゲームをプラスするメディア

約1万人のハンターが集結!大いに湧いた「モンスターハンター:ワールド 狩猟感謝祭 2018」フォトレポート

7月15日、東京幕張メッセにて「モンスターハンター:ワールド 狩猟感謝祭 2018」が行なわれました。

ソニー PS4
約1万人のハンターが集結!大いに湧いた「モンスターハンター:ワールド 狩猟感謝祭 2018」フォトレポート
  • 約1万人のハンターが集結!大いに湧いた「モンスターハンター:ワールド 狩猟感謝祭 2018」フォトレポート
  • 約1万人のハンターが集結!大いに湧いた「モンスターハンター:ワールド 狩猟感謝祭 2018」フォトレポート
  • 約1万人のハンターが集結!大いに湧いた「モンスターハンター:ワールド 狩猟感謝祭 2018」フォトレポート
  • 約1万人のハンターが集結!大いに湧いた「モンスターハンター:ワールド 狩猟感謝祭 2018」フォトレポート
  • 約1万人のハンターが集結!大いに湧いた「モンスターハンター:ワールド 狩猟感謝祭 2018」フォトレポート
  • 約1万人のハンターが集結!大いに湧いた「モンスターハンター:ワールド 狩猟感謝祭 2018」フォトレポート
  • 約1万人のハンターが集結!大いに湧いた「モンスターハンター:ワールド 狩猟感謝祭 2018」フォトレポート
  • 約1万人のハンターが集結!大いに湧いた「モンスターハンター:ワールド 狩猟感謝祭 2018」フォトレポート

7月15日、幕張メッセにて「モンスターハンター:ワールド 狩猟感謝祭 2018」が行なわれました。今年4月から全国各地で予選が行われていた「狩王決定戦」の優勝者が決まったり、スクウェア・エニックスが運営する『FF XIV』とのコラボモンスター、「ベヒーモス」の世界初となる実機プレイが公開されたりと、モンハン好きには見逃せない内容がギッシリ詰まったこのイベント。記録的な暑さにも負けず、約10,500人ものハンターが集結した、当日の様子をお伝えします。



会場に入った瞬間、まず目を引いたのが「ネルギガンテ」「テオ・テスカトル」「クシャルダオラ」といった、本作でもおなじみの古龍たち。ゲームでは何度も討伐してるはずなのに、こうして目の前にドーンと鎮座されると、かなりの迫力があります。




このデカさ、半端ないって!

そんなモンスターと対峙するハンターも、しっかり会場で存在をアピールしていました。また、ハンターの隣には環境生物の「シビレガエル」が…!そのあまりのクオリティの高さに、来場者からは「蹴りたい…蹴りたい…」なんて声もチラホラ。その気持ち、痺れるほど分かります。



「ヨリミチウサギ」の耳の長さもバッチリ再現。

「デカビタC」とのコラボで使用された衣装も展示されていました。アパレルショップでよく見かけるマネキンが着ていたせいか、なんだかオシャレに感じます。




ふと地面に視線を移すと、そこにはハンターやモンスターたちの足跡が!大型モンスターの足跡が大きいのはイメージ通りですが、大団長も意外とデカい…。あの豪快な性格は、足の大きさにも表れているのかもしれません。


ハイヒールのお姉さんが足を合わせながら、「えー、こんなに大きいの!?」と笑っていたのが印象的でした。

大型イベントには欠かせない、物販コーナーも大賑わい。中には早々に売り切れる商品もあり、改めて「モンスターハンター」シリーズの人気の高さを実感しました。







そのほか、原画展示や本作のファンの方々が自主制作したアイテムを飾るコーナーもあり、会場の隅々まで「モンスターハンター」があふれていました。


「俺の愛用武器は…あった!」なんて声も。





前を通るたび、書き込みがどんどん増えていきます。

世界初の「ベヒーモス」実機プレイが始まる時間帯では、ステージに『FF XIV』のプロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏が登壇。『モンスターハンター:ワールド』の開発陣である、辻元良三氏、藤岡要氏、徳田優也氏を加えた4人で、ベヒーモス討伐に挑みました。

ベヒーモスの詳細は別記事に譲りますが、クエストの始まり方やギミック管理など『FF XIV』らしさが見事に再現されており、“光の戦士”の端くれである筆者も思わず大興奮。8月2日の実装日が今から待ち遠しいです。(ただし相当な難易度になっているようなので、装備品を集めておかないと…!)




次のページ:いよいよ「狩王決定戦」の決勝戦が始まる…!
《ねんね太郎》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. PS4『ゆらぎ荘の幽奈さん 湯けむり迷宮』は本格ローグライクRPG! ADVパートでは特別なグラフィックも

    PS4『ゆらぎ荘の幽奈さん 湯けむり迷宮』は本格ローグライクRPG! ADVパートでは特別なグラフィックも

  2. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

    尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

  3. 100タイトル以上の名作が最大85%OFF!「ハロウィンセール」&「PS Vitaタイトルセール」開催中

    100タイトル以上の名作が最大85%OFF!「ハロウィンセール」&「PS Vitaタイトルセール」開催中

  4. オススメ!『PS4の基本プレイ無料ゲーム』【2018/10/10更新】

  5. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  6. 『モンハン:ワールド』世界大会を終えた各国の選手に色々聞いてみた―辻本P&徳田D総括も

  7. 「ツインスティック」商品化のクラウドファンディング、半日かからず達成!『バーチャロン』3作品の移植決定が支援を後押し

  8. 【特集】「ゲームに組み込まれた衝撃の実績/トロフィー」10選

  9. 「『モンハン:ワールド』で一番最初にやられたモンスターは?」結果発表─1/3以上のハンターが倒れた強敵が判明!

  10. 『魔女と百騎兵 Revival』ではメタリカの操作が可能に! 最大60fpsで動きも滑らか

アクセスランキングをもっと見る