人生にゲームをプラスするメディア

【CEDEC 2016】『FF15』開発の裏側...スクエニ独自の技術が作り出すリアルな世界

パシフィコ横浜で開催されたゲーム開発者向けカンファレンスCEDEC 2016。最終日となる8月26日に、『Final Fantasy XV』のキャラクターや広大な世界の構築にどのような技術が使われているかが語られたセッションが行われました。

ソニー PS4
【CEDEC 2016】『FF15』開発の裏側...スクエニ独自の技術が作り出すリアルな世界
  • 【CEDEC 2016】『FF15』開発の裏側...スクエニ独自の技術が作り出すリアルな世界
  • 【CEDEC 2016】『FF15』開発の裏側...スクエニ独自の技術が作り出すリアルな世界
  • 【CEDEC 2016】『FF15』開発の裏側...スクエニ独自の技術が作り出すリアルな世界
  • 【CEDEC 2016】『FF15』開発の裏側...スクエニ独自の技術が作り出すリアルな世界
  • 【CEDEC 2016】『FF15』開発の裏側...スクエニ独自の技術が作り出すリアルな世界
  • 【CEDEC 2016】『FF15』開発の裏側...スクエニ独自の技術が作り出すリアルな世界
  • 【CEDEC 2016】『FF15』開発の裏側...スクエニ独自の技術が作り出すリアルな世界
  • 【CEDEC 2016】『FF15』開発の裏側...スクエニ独自の技術が作り出すリアルな世界
パシフィコ横浜で開催されたゲーム開発者向けカンファレンスCEDEC 2016。最終日となる8月26日に、『Final Fantasy XV』のキャラクターや広大な世界の構築にどのような技術が使われているかが語られたパネルセッション『FINAL FANTASY XV - CHARACTER & ENVIRONMENT WORKFLOW』が行われました。今セッションに登壇したのは、スクウェア・エニックス第二ビジネスディビジョンに所属する佐々木啓光氏、黒坂一隆氏、村松瑞樹氏の3名。

■キャラクター


まず、リード3Dキャラクターアーティストを務めた黒坂氏による、『FF15』のキャラクター作成に用いられた技術や作業工程の説明からスタート。


キャラクターのデータ概要。


物理ベースのBRDF(光の反射)モデル。クラシカルな物理ベースシェーディングだが、『FF』ナンバリングタイトルとしては採用は初となる。


ランタイム描画には複雑なレベルディフェーズが必要となった。


アイシェーダーの比較。表面的な反射はそのままに角膜が屈折しているという疑似的な屈折表現を行っている。
 

スキンシェーダーのオン/オフ比較。


ヘアーシェーダーのオン/オフ比較。ヘアースペキュラー(ハイライトによる映り込み)にはノイズマップによってディテールが表現されている。

ヘアーシェーダーはノイズの効果を少なくするとスペキュラーの範囲が狭くなり、ノイズ効果を強くするとスペキュラーの拡散効果が強くなります。今回のヘアーシェーダーでは、各キャラクターは共通のノイズマップが使用されており、同様の効果が出るように調整されています。


ヘアーシェーダーによる疑似バックスキャッターのオン/オフ比較。髪の毛は光の透過度が高いオブジェクトであるため、物理的な特徴を再現するのが難しい。


キャラが背面から光を受ける状態。髪の毛のアウトラインに明るいエッジが立っている。キャラが影の中に完全に入るとそのエッジはなくなる。


今作のキャラクターは0~7までの関数を持っている。


カメラが引いていくとキャラがどんどん切り替わっていくが、ゲーム中ではほとんどわからないようになっている。


チャレンジの項目。黒坂氏は打倒プリレンダを掲げていた。

日々進化するプリレンダーの技術をキャッチアップして組み込んでいくことが重要と語る黒坂氏。『FF15』では、ゲームパートのチームとCG映画『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』のチームが共同で開発を行っており、ハイエンドで培った技術やワークフローがチーム内で共有されてグラフィックの品質向上に大きく貢献しています。


簡素なソリッドモデルを使いプリレンダとリアルタイムレンダ両方の結果を比較。

それぞれのモデリングを比較し、情報を一つ一つ整理しながらエンジニアに要望を伝えていきます。最終的には、データサイズが最適化されたリアルタイム用アセットとプリレンダの比較を行うのだそうです。


プリレンダリングとリアルタイムレンダリングによるシドニーの比較。

アーティストとして両方の作業に関わっている黒坂氏は、長所と短所を実感していると語ります。プリレンダに追い付くのは非常に大変だったとのことですが、比較できるようになったということは両方のテクノロジーが近づいているのだとしています。


キャラクターアセットの基本的なワークフロー。


オクル―ジョンマップを生成するAOベイクツールの画面。このツールは短時間で焼き付け直せるため、修正のオペレーションサイクルを短くすることができる。


服のオクル―ジョンマップ。法線マップを考慮してベイクするので、高解像モデルを必要とはしない。


従来のキャラクターアセットは、高解像度モデルの情報やテクスチャベイク、法線マップ、オクル―ジョンマップ、DCCツールやミドルマップで同時に焼いて自動で抽出を行っていましたが、『FF15』では最終的な段階でオクル―ジョンマップを生成できるようにツールの開発が行われています。


シェーダーワークのカテゴリ。


グラフィカルにシェーダーをカスタマイズできるというシェーダーエディター。アーティストがゲーム要件に応じて、カスタマシェーダーを作成することができるため、スピーディに作業することが可能。


シェーダーエディターを使用すると、マテリアルカスタムで人間が凍るような表現などができる。


ヘアワークフローの流れは、アセットデータフローの流れと同じである。


2Dのラフイメージがあって、それを基にリファレンス資料として実際のマネキンにウィッグをつけて撮影が行われている。髪の毛の構造を深く理解し、後の作業がやりやすくなるため。


ヘアリダクションツール画面。ポリゴン生成ボタンを押せば、グループ化単位のビルボードメッシュの生成が可能となる。


グループ化した複数のカーブを平均化して最後にカーブを生成、そのカーブに対してポリゴン生成している。すべてのヘアカーブを平均化するのは大変であるので、単純にカーブを複数選択してポリゴン生成していくほうが安全だと黒坂氏は説明する。


最終的な結果。

髪の毛はキャラクターを表現する重要な要素ですが、大変なコストがかかるとされています。『FF15』では多くの工夫がされていますが、まだまだ改善の余地はあると黒坂氏は語っています

次のページ:キャラクターセットアップ術

《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  3. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

    『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  4. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  5. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  6. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

  7. PS4『モンハン:ワールド』受付嬢の新衣装に思わずドキッ!アステラ祭【豊穣の宴】は9月21日から

  8. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

  9. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

  10. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る