人生にゲームをプラスするメディア

【プレイレビュー】エイダCo-op、カメラ調整機能、最上位難易度「No Hope」が追加された『バイオハザード6』

『バイオハザード6』の機能アップデートが2012年12月17日からPS3/Xbox 360にて配信されています。本アップデートが適用されたゲーム本編をカプコン東京オフィスにて実際に体験することができたので、今回はそのプレイレポートを各機能ごとにお届けします。

ソニー PS3
【プレイレビュー】エイダCo-op、カメラ調整機能、最上位難易度「No Hope」が追加された『バイオハザード6』
  • 【プレイレビュー】エイダCo-op、カメラ調整機能、最上位難易度「No Hope」が追加された『バイオハザード6』
  • 【プレイレビュー】エイダCo-op、カメラ調整機能、最上位難易度「No Hope」が追加された『バイオハザード6』
  • 配信前のプレイとなるためSPLIT(画面分割)にてCo-opに挑戦。プレイしたのはチャプター1
  • マスクで顔は判らない、名もなき工作兵・エージェント。性別は男性、初期武器はハンドガンとサバイバルナイフというオーソドックスな組み合わせ
  • 謎解きでは仕掛けに一切触れることが出来ないため手持ち無沙汰になってしまう場面も。せめてもの助けとして仕掛けがよく見える位置に立ってみたり・・・
  • ステージの進行はエイダ次第。とは言え時間制限のある即死イベントでは足を引っ張ることもあるので注意
  • チャプタークリア後のリザルト画面は他キャラクターと変わらない。なお、エージェント固有のメダルは存在しない
  • タイトルメニューのオプション>カメラ設定に3つの項目が追加された
『バイオハザード6』の機能アップデートが2012年12月17日からPS3/Xbox 360にて配信されています。今回のアップデートで追加される機能は”エイダ編Co-opモード”、”最上位ゲーム難易度「No Hope」”、”カメラ調整機能”の3点で、既に本作を遊び尽くしたプレイヤーだけでなくこれから購入予定の方にも注目の内容となっているのではないでしょうか。

本アップデートが適用されたゲーム本編をカプコン東京オフィスにて実際に体験することができたので、今回はそのプレイレポートを各機能ごとにお届けします。


■エイダ編に助っ人”エージェント”登場!2人Co-opで高難易度クリアの敷居もぐっと低く
本アップデートから、シングルプレイ専用だったエイダのキャンペーンにエージェントと呼ばれるパートナーが追加され、他のシナリオ同様Co-opプレイが可能に。また、レオン編、クリス編、ジェイク編をクリアしていなくてもエイダ編が最初から選べるようになりました。

他のキャンペーンと異なるのは、シングルプレイでエージェントを使うことは不可能かつ、Co-op時のホスト側は必ずエイダとなる点。エージェントが加わってもストーリーやカットシーンの変化は一切なく、台詞や会話もありません(パートナーアクションや戦闘中のうめき声等はあり)。クロスオーバーは従来同様発生します。

フックショット使用箇所など進行に合わせた画面切り替えのタイミングが入るとエイダの横に強制移動され、扉もエイダが開けるまでは開けることが出来ないなど、進行はあくまでエイダ主導となり、エージェントは戦闘面でのサポートを行うことが中心となります。この点からも、パートナーと言うよりは護衛やボディガードと言ったほうがしっくり来る位置付け。

しかし、戦闘面で2人いるのはやはり心強いのは確か。特にDYING時に回復し合えるのは大きな違いです。シングルではエイダ1人に集中する敵の攻撃が2人に分散されるのも強み。難易度のエイダ編がどうしてもクリアできない、という場合には是非Co-opで挑戦してみてください。

なお、エイダ編チャプタークリア関連やカウント系の実績/トロフィーはエージェントでプレイしても解除/獲得可能。エイダ編の初回プレイをエージェントでクリアした場合は、クリアランクやタイムはエイダの欄に記録されます。RE.NETへの反映も同様にエイダの欄に記録されますが、エージェントでの記録が残るよう今後のアップデートで対応予定とのことです。


15段階調整可能なカメラオプションでプレイスタイルに合わせて広がる視野角
カメラ調整機能はゲーム開始前のオプションメニューに追加され、”通常カメラの見える範囲”、”エイムカメラの見える範囲”、”カメラ位置”の3項目を各15段階で設定できます。なお、プレイ中の変更はできません。

”通常カメラの見える範囲”、”エイムカメラの見える範囲”はそれぞれ数値を上げると視野角が広がり、広角レンズのようにより広範囲が見えるように。対して”カメラ位置”は、数値を上げるとエイム時のカメラが画面中央にズームするように近付く形。それぞれデフォルトでの設定(従来と同じもの)は0となります。

実際にプレイした印象としては、やはり全ての数値を最大に上げることが今回の変化を一番実感できると感じました。”通常カメラの見える範囲”を上げることで視界が広がり探索がかなりスムーズになり、”エイムカメラの見える範囲”を上げると同様にエイム中の状況把握がし易くなります。この2つだけを上げエイム時にプレイヤーキャラクターが邪魔に感じる場合は、”カメラ位置”を上げ、ズーム幅を広げることで改善されます。筆者のように現在のカメラで慣れてしまったような方も、自分好みのより快適なプレイスタイルを目指して一度、試してみては如何でしょうか。予想以上の変化を実感することができると思います。


■超高難易度モード「No Hope」で泣きそうにシビアなバイオハザードを再び
今回追加された最上位難易度「No Hope」は、「Professional」が生ぬるく感じるプレイヤー向けにかなりシビアな設定となっています。「Professional」との違いは以下。

・「No Hope」のプレイヤー同士でないとCo-opは不可。「No Hope」以外を選択しているプレイヤーからの招待を受諾した場合は難易度が自動的に「Professional」に変更される。
・スキルは使用不可。チャプターエンド時のスキル購入画面はスキップされ、ガジェットからの選択も不可能。
・CONTINUE時に体力が全快せず、チェックポイント通過時の体力が反映される。
・スキルポイントが入手時に表示されている値の2倍入手可能

異なる難易度同士でもCo-op可能な本作の「Professional」は、前作に比べやや難易度が低くなっていた印象でしたが、「No Hope」では同難易度同士でしか組めない分従来通りのシビアさを体感できます。更に、ただでさえ回復アイテムのドロップが極端に少ないところへ、CONTINUE時の全快も望めないとなればその厳しさはまさに「No Hope」の通り。被ダメージを最低限に抑える立ち回りと、状況によっては戦わず逃走するような判断力が重要となってきます。

敵の耐久力は格段に上がっているものの、体術の威力はほとんど変わらず効果的にダメージを与えることができます。ただしダウンやひるみ判定の時間はかなり短くなっているため、とどめの一撃目当てに近寄る間に立ち上がられ返り討ちに遭うことも。プレイ中常に細心の注意を払った行動が求められるため、一度クリアしていても初回とはまた違った緊張感や恐怖感を味わうことができ、歯応えのあるプレイを楽しみたい方にはうってつけの難易度と言えるでしょう。「Professional」で物足りなかった方にこそ是非挑戦して欲しい難易度です。
《ひよKing》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『FF7 リメイク』「クラウドの女装シーンが大幅にショーアップ」「新たなボスも登場します」─想いと熱意を明かす開発者メッセージが公開

    『FF7 リメイク』「クラウドの女装シーンが大幅にショーアップ」「新たなボスも登場します」─想いと熱意を明かす開発者メッセージが公開

  2. 『モンハン:アイスボーン』2周年記念イベント「アステラ祭【感謝の宴】/セリエナ祭【大感謝の宴】」開催!

    『モンハン:アイスボーン』2周年記念イベント「アステラ祭【感謝の宴】/セリエナ祭【大感謝の宴】」開催!

  3. PS4版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキオン』はエクストラ機体も初期から参戦!ゲームバランスはアーケード版最終環境を移植【特別番組まとめ】

    PS4版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキオン』はエクストラ機体も初期から参戦!ゲームバランスはアーケード版最終環境を移植【特別番組まとめ】

  4. 『十三機兵防衛圏』発売2か月で10万セールス達成!デザイナー・平井有紀子氏による御礼イラスト公開

  5. PS4『パタポン』9月21日発売決定! アナウンストレーラーもお披露目

  6. 『仁王2』キャラクリのテンプレに『FF14』“吉田P”モチーフのモデルが!? DLCの舞台は「更なる過去」に【特別番組まとめ】

  7. 『FF7 リメイク』発売日が変更ー3月3日から4月10日へ

  8. 「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

  9. 【プレイレポ】リマスター作品にも関わらず、4K画質にも耐えうるPS4『パタポン』に隠された秘密とは?

  10. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

アクセスランキングをもっと見る