人生にゲームをプラスするメディア

【EA Showcase】狂気のCo-opプレイや武器作成に挑戦!『Dead Space 3』ハンズオン

来年のEA主力タイトルのひとつで、日本での発売予定はないものの、サバイバルホラーシリーズ最新作としてコアゲーマーから期待を集める『Dead Space 3』。EAショーケースイベントにてシングルプレイを、EAシドニーオフィスでは注目のCo-opプレイを体験することができました。

ソニー PS3
【EA Showcase】狂気のCo-opプレイや武器作成に挑戦!『Dead Space 3』ハンズオン
  • 【EA Showcase】狂気のCo-opプレイや武器作成に挑戦!『Dead Space 3』ハンズオン
  • 【EA Showcase】狂気のCo-opプレイや武器作成に挑戦!『Dead Space 3』ハンズオン
  • 【EA Showcase】狂気のCo-opプレイや武器作成に挑戦!『Dead Space 3』ハンズオン
  • 【EA Showcase】狂気のCo-opプレイや武器作成に挑戦!『Dead Space 3』ハンズオン
  • 【EA Showcase】狂気のCo-opプレイや武器作成に挑戦!『Dead Space 3』ハンズオン
  • 【EA Showcase】狂気のCo-opプレイや武器作成に挑戦!『Dead Space 3』ハンズオン
  • 【EA Showcase】狂気のCo-opプレイや武器作成に挑戦!『Dead Space 3』ハンズオン
エレクトロニック・アーツは、12月11日、オーストラリアのシドニーにて、同社のアジア太平洋地域メディア向けの新作展示会「EA Asia Pacific Showcase 2012」を実施。iNSIDEとGame*Sparkからも参加することができたので、注目作のプレイレポートや開発者インタビューを順番にお届けしていきます。

『Crysis 3』や『SimCity』と並ぶ来年のEA主力タイトルのひとつで、日本での発売予定はないものの、サバイバルホラーシリーズ最新作としてコアゲーマーから期待を集める『Dead Space 3』。EAショーケースイベントにてシングルプレイを、EAシドニーオフィスでは注目のCo-opプレイを体験することができました。

■拾い集めた素材で武器を作る、アイザックがエンジニアとして本領発揮
シングルプレイモードの展示デモは、“USM Eudora”と呼ばれる大型宇宙船を舞台としたゲーム中盤辺りのチャプターで、外部から攻撃を受けて炎上し今にも吹き飛びそうな船内という、絶望的な状況からゲームがスタート。あちこちで爆風が起こり、徐々に船が崩壊していく壮絶なシーンでありながら、プレイヤーはアイザックを操作することができるので、緊張感や恐怖が一層高まります。

間一髪でスーツとヘルメットを着用したものの、衝撃で宇宙空間に投げ出されたアイザック。ここではシリーズで恒例となった“Zero-G(無重力)”ゲームプレイパートが用意。方向キーの移動とブーストを使って、次々と飛来する船の残骸や積荷を回避し、他のクルーメンバーと合流することになります。

仲間と再び別行動になったアイザックは、200年もの間放置されネクロモーフの巣窟と化したEudoraの内部に潜入。ここでは、ミイラ状態となった特殊なネクロモーフや、犬を宿主(旧作では赤ん坊)とした新タイプのLurkerなどが確認。

また今作の新要素で武器クラフティングが行える“Weapon Bench”も途中に発見。筆者も適当に拾い集めた素材で強引に武器を作成してみたところ、連射性能は極端に低いながらほぼ一撃でネクロモーフを粉砕できるパワフルな武器が完成しました。武器クラフティングシステムでは、数えきれないほどのバリエーションの武器を作成可能で、さらに細かな性能のカスタマイズ、設計図の入手や作成といった奥深い要素もあり、じっくり時間をかけて追求したいところです。

デモを解説してくれたコミュニティーマネージャーの話によると、今作では新たなネクロモーフの存在や武器クラフトシステムがあるだけでなく、アイザックの着用するお馴染みのスーツにも多彩な種類が用意され、徐々にアップグレードしていくことができるのだとか。

この後デモは、ステイシスを利用したやや手強い謎解きパートなどを経て、ラストは武器を手にした謎のネクロモーフが不意打ちで現れ、アイザックが惨殺されて強制的に終了・・・。

■軍人ジョン・カーバーの狂気と過去が描かれる注目のCo-opプレイ
一方、前作『Dead Space 2』の対戦型マルチプレイヤーモードに変わって、今作で採用される注目のCo-opプレイ要素も体験。『Dead Space 3』のCo-opは、キャンペーンモードを通して途中参加/退出が可能な仕様で、プレイヤーはアイザックと新キャラクターの軍人ジョン・カーバーを操作。単に戦うための協力プレイではなく、Co-op独自のギミックやストーリー性が加えられています。

このミッションでは、パートナーであるカーバーが精神錯乱状態に陥り、ステージ上のあちこちで、アイザックプレイヤーの画面上には表示されない不気味な幻覚を目にするという、意表を突く演出が用意。真っ暗な通路に、『Dead Space』の世界観には似付かわしくない人形が突然置かれていたり、まさにお化け屋敷のような精神世界に没入したりと、カーバー側プレイヤーは恐怖を味わうことになり、反対に何も見えないアイザックプレイヤーも驚かせることになりそう。

追加のダイアローグやカットシーンによってCo-opプレイだけで描かれるカーバーのバックストーリー、専用のサイドミッション、そして随所に現れる謎の女性の存在など、気になる点も多いので、製品版ではぜひフレンドと一緒にプレイして確かめたいところ。

EA Showcaseで本作をプレイして感じたのは、Co-opや武器作成システムをはじめとする多数の新要素はさておき、Dead Space特有の“四肢をバラバラにするかされるか”常に一瞬の死と隣り合わせの、緊張感と重厚感あるゲームプレイは健在であるという点。ヘルメット内で響くあのアイザックの乾いた悲鳴を聞くだけで、シリーズファンならきっとコントローラーを手放せなくなるはずです。

『Dead Space 3』はPC/PS3/Xbox 360を対象に北米地域で2013年2月5日発売予定。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

    尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

  2. 100タイトル以上の名作が最大85%OFF!「ハロウィンセール」&「PS Vitaタイトルセール」開催中

    100タイトル以上の名作が最大85%OFF!「ハロウィンセール」&「PS Vitaタイトルセール」開催中

  3. 『CoD:BO4』データサイズは「約55GB」、Day1アップデートは「約50GB」に―機種別プリロード開始時間も

    『CoD:BO4』データサイズは「約55GB」、Day1アップデートは「約50GB」に―機種別プリロード開始時間も

  4. 「ツインスティック」商品化のクラウドファンディング、半日かからず達成!『バーチャロン』3作品の移植決定が支援を後押し

  5. オススメ!『PS4の基本プレイ無料ゲーム』【2018/10/10更新】

  6. PS4『アズールレーン クロスウェーブ』公式サイトがオープン!本作の世界観やあらすじも公開

  7. 『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー開催

  8. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  9. 【特集】今さらはじめる『バトルフィールド4』―FPS超初心者に基本を解説!

  10. PS4『ゆらぎ荘の幽奈さん 湯けむり迷宮』は本格ローグライクRPG! ADVパートでは特別なグラフィックも

アクセスランキングをもっと見る