人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2012】プレッシャーを乗り越え、3~73歳に評価された『スーパーマリオ3Dランド』~任天堂林田ディレクター

任天堂 3DS

【TGS 2012】プレッシャーを乗り越え、3~73歳に評価された『スーパーマリオ3Dランド』~任天堂林田ディレクター
  • 【TGS 2012】プレッシャーを乗り越え、3~73歳に評価された『スーパーマリオ3Dランド』~任天堂林田ディレクター
  • 【TGS 2012】プレッシャーを乗り越え、3~73歳に評価された『スーパーマリオ3Dランド』~任天堂林田ディレクター
  • 【TGS 2012】プレッシャーを乗り越え、3~73歳に評価された『スーパーマリオ3Dランド』~任天堂林田ディレクター
日本ゲーム大賞 年間作品部門の優秀賞に選ばれた、任天堂のニンテンドー3DS向け『スーパーマリオ3Dランド』。20日に東京ゲームショウ会場で行われた発表授与式には任天堂東京制作部の林田宏一ディレクターが登壇しました。

「この賞は一般の皆さんの投票で決まるということで、本作に投票していただいた皆さんに感謝しております。『スーパーマリオ3Dランド』は多くの人に3Dのマリオを楽しんで欲しいという気持ちで開発を進めたものです。私ども東京制作部では昨年も『スーパーマリオギャラクシー2』で優秀賞をいただきました。その時には4~61歳の方に投票いただき、"本当に幅広い人に支持されて有り難い"と思ったのですが、今回は何と3~73歳の方が本作に投票してくれたと聞き、驚いてます。立体視を使った始めてのマリオということで調整には苦労しましたが、何とか有用な利用法を実現でき、それが賞にも繋がったのではないかと思います。開発スタッフを代表して御礼を申し上げます。」

また、非常に歴史が長く人気のあるシリーズであることの難しさを聞かれると、「僕の中ではマリオはゲームを代表するようなタイトルですので、プレッシャーは大きいし、大変です。たた、新しいハードということで興味深かったり楽しかったりする部分も多く、よい作品作りができたのではないかと思います」とコメント。プレッシャーとの戦いにも負けずに完成させた作品だったとのことです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』ごうわんポケモン「キテルグマ」熾烈なアッパーは「やなかんじ~」?

    『スマブラSP』ごうわんポケモン「キテルグマ」熾烈なアッパーは「やなかんじ~」?

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  4. 『スプラトゥーン2』フェス「イカ vs タコ」の事前投票結果は拮抗!【読者アンケート】

  5. 「ニンテンドー3DS ウルトラサマーセール」前半のおすすめ20選!格安タイトルや遊びごたえバツグンな作品をピックアップ

  6. 『ロックマン11』新たなボスは炎の拳法家「トーチマン」!火炎渦巻く灼熱のステージは危険満載

  7. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  8. 『スプラトゥーン2』リーグ大会「Splat Japan League」Season2 Day11レポート!ついに迎えた最終日、優勝を手にしたのは…

  9. 『スプラトゥーン2』リーグ大会「Splat Japan League」Season2 Day10レポート!熱戦11試合、その結果は

  10. 『スプラトゥーン2』Ver.3.2.0の注目ブキ8選

アクセスランキングをもっと見る