人生にゲームをプラスするメディア

Shareを通じた著作権侵害、相次ぎ摘発

ACCS(一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、ファイル共有ソフト「Share」を通じて違法に漫画やゲームをアップロードしたことにより、著作権侵害として摘発される事件が相次いでいるということです。

ゲームビジネス その他
ACCS(一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、ファイル共有ソフト「Share」を通じて違法に漫画やゲームをアップロードしたことにより、著作権侵害として摘発される事件が相次いでいるということです。

・事件1
平成24年7月25日、ファイル共有ソフト「Share」を通じて、漫画作品を権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた、東京都板橋区の会社員男性(46歳)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで逮捕し、7月26日に鳥取地検に送致しました。

警察の調べによると、男性は「名探偵コナン74巻」の画像ファイルをShareを通じて権利者に無断でアップロードして不特定多数のインターネットユーザーに対して送信できるようにし、著作権(公衆送信権)を侵害した疑いが持たれています。

・事件2
平成24年7月26日、「Share」を通じて、PSPソフトを権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた、東京都足立区の会社員男性(41歳)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで逮捕し、7月27日に福岡地検に送致しました。

男性は、PSPソフト『ダンボール戦機 BOOST』『機動戦士ガンダム 木馬の軌跡』を、Shareを通じて権利者に無断でアップロードして不特定多数のインターネットユーザーに対して送信できるようにし、著作権(公衆送信権)を侵害した疑いが持たれています。

男性は、ゲームソフトを中心に約1,000ファイルをアップロードしていたところ、福岡県警の捜査員がサイバーパトロールで発見し、ACCSを通じて著作権者に連絡しました。

警察の調べによると、男性は「ファイル共有ソフトWinnyの初期からのユーザーで、平成18年頃からShareに乗り換えた。ゲームを入手したくてShareを使用し、ダウンロードしたファイルをアップロードした」などと供述しています。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. 『FGO』塩川洋介氏が「京まふ2018」のキャリアアップフォーラムに登壇、ゲーム業界就職希望者へ向けセミナー講演

    『FGO』塩川洋介氏が「京まふ2018」のキャリアアップフォーラムに登壇、ゲーム業界就職希望者へ向けセミナー講演

  3. タカラトミー、タイ工場が浸水で操業停止

    タカラトミー、タイ工場が浸水で操業停止

  4. セガサミー、『PSO2』好調維持『艦これアーケード』堅調で大幅増益―3Q決算

  5. ミクシィ、63億円を調達して『モンスターストライク』の宣伝を強化・・・中国ではTencentと提携

  6. 閉店になった洋ゲー専門店「ゲームハリウッド」、海外ゲームソフトは「未来百貨」で販売継続

  7. 【Unite Japan 2014】スマホゲームに「シェアボタン」を!Unityが買収した「Everyplay」の魅力を徹底紹介

  8. BBCで放映された任天堂ドキュメンタリー詳細+画像

  9. 『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

  10. 「ソーシャルゲーム検定」正式版リリース、適性あるテストエンジニアを見極めることが可能

アクセスランキングをもっと見る