人生にゲームをプラスするメディア

Shareを通じた著作権侵害、相次ぎ摘発 1枚目の写真・画像

ACCS(一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、ファイル共有ソフト「Share」を通じて違法に漫画やゲームをアップロードしたことにより、著作権侵害として摘発される事件が相次いでいるということです。

ゲームビジネス その他

Shareを通じた著作権侵害、相次ぎ摘発 1枚目の写真・画像

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  2. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  3. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

    ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  4. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  6. ガンホー、1月の売上は約85億円・・・『パズドラ』だけで月商70億円近くに?

  7. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  8. セガ、『サカつく』の川越氏と『ムシキング』の植村氏が退任

  9. 【TGS2015】中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

  10. ゲームを破壊する「技術力=グラフィック向上」という罠・・・「ゲームウォーズ 海外VS日本」第25回

アクセスランキングをもっと見る