人生にゲームをプラスするメディア

ビベンディ、アクティビジョンの買い手探しに苦戦・・・経営陣によるMBOも

フランスのメディアコングロマリット、ビベンディが60%を保有するパブリッシャー大手アクティビジョン・ブリザードの売却先を模索している問題で、買い手探しには苦戦しており、Robert Kotick CEOらによるMBOも検討されているようです。

ゲームビジネス 市場
E3 2012アクティビジョンブース
  • E3 2012アクティビジョンブース
  • E3 2012アクティビジョンブース
  • E3 2012アクティビジョンブース
  • E3 2012アクティビジョンブース
フランスのメディアコングロマリット、ビベンディが60%を保有するパブリッシャー大手アクティビジョン・ブリザードの売却先を模索している問題で、買い手探しには苦戦しており、Robert Kotick CEOらによるMBOも検討されているようです。

ビベンディは当初、ゴールドマン・サックスとバークレー証券をアドバイザーに起用し、保有するアクティビジョン・ブリザードの株式を約25%のプレミアを付けて83億ドルほどで売却したい意向を持っており、中国のテンセント、や米国のマイクロソフト、アップル、フェイスブック、タイム・ワーナーなどと交渉、しかしロイターによれば買い手は見つからず、現在は12%のプレミアを提示しているとのこと。

一方でアクティビジョン・ブリザードは親会社の保有する株式を引き取るMBOを検討。アドバイザーにJPモルガンとAllen & Coを起用したとのこと。CEOのRobert Kotick氏はこの案に興味を示しているとのこと。ただし、ビベンディが望むほどのプレミアを付けることができるか不透明とロイターは述べています。

ビベンディは傘下の通信会社でブラジルのGVTの売却も検討しているとのこと。同社は様々な事業を行う一方、多岐に渡るため好調な業績が株価に反映されていないと判断。構造改革を行う考えです。

アクティビジョン・ブリザードの2011年度の通期業績は売上高47億5500万ドル、純利益10億8500万ドル。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  2. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  3. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

    今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  4. 今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

  5. 今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

  6. 今までのソーシャルゲームを全否定するような企画書を見て驚愕しました・・・『チェインクロニクル』ビジネス戦略について聞く

  7. 『ロードランナー』の作者Douglas E. Smith氏が死去

  8. 【売上ランキング】 トップは『シーマン2』が獲得、商戦機を前に寂しい一週間(10/15-21)

  9. 『バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐』が携帯向けに国内初上陸

  10. バンナムのVR体験施設「VR ZONE Project i Can」4月オープン!JR山手線、ロボ×美少女、ホラーなどがラインナップ

アクセスランキングをもっと見る