人生にゲームをプラスするメディア

(訂正)『デッドライジング』は映画「ゾンビ」の権利を侵害している?裁判の判決下る

ゲームビジネス その他

(訂正)『デッドライジング』は映画「ゾンビ」の権利を侵害している?裁判の判決下る
  • (訂正)『デッドライジング』は映画「ゾンビ」の権利を侵害している?裁判の判決下る
  • (訂正)『デッドライジング』は映画「ゾンビ」の権利を侵害している?裁判の判決下る
  • (訂正)『デッドライジング』は映画「ゾンビ」の権利を侵害している?裁判の判決下る
  • (訂正)『デッドライジング』は映画「ゾンビ」の権利を侵害している?裁判の判決下る
  • (訂正)『デッドライジング』は映画「ゾンビ」の権利を侵害している?裁判の判決下る
  • (訂正)『デッドライジング』は映画「ゾンビ」の権利を侵害している?裁判の判決下る
  • (訂正)『デッドライジング』は映画「ゾンビ」の権利を侵害している?裁判の判決下る
ゾンビゲーム『デッドライジング』がジョージ・A・ロメロ監督の映画「ゾンビ」に酷似しているとして、アメリカの映画会社MKR Groupがカプコンを告訴していましたが、連邦地裁はこの訴えを却下しました。

MKR Groupは今年2月、『デッドライジング』は実質的に「ゾンビ」のゲーム化であるとする訴えを起こしました。

「上下二層のショッピングモールを舞台とする」「モールの銃砲店で事件が起こる」「ゾンビに包囲されたモールに主人公がヘリで訪れることで物語が動く」「ゾンビの多くが格子縞のシャツを着ている」「プロパンガスタンクやチェーンソー、車などの道具を工夫してゾンビを倒す」「革のジャケットを着用した、短い茶色の髪のタフな男性がセンセーショナルなジャーナリズムを標榜する」などの共通点を挙げていましたが、EDGE-ONLINEが報じるところによると、Richard Seeborg判事は両作品が「類似的でない」と判断したとのことです。

『デッドライジング』のパッケージには「ゾンビ」と同ゲームが無関係である旨が記載されていますが、オマージュか盗用かという線引きは、ひとまず『デッドライジング』側に有利な判断が下った模様です。

(”実質的に「ゾンビ」のゲーム化”と表記すべきところを”実質的に「ゾンビ」の映画化”と誤記していました。お詫びして訂正致します)
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  2. DMMの動画・電子書籍にペイパル決済が導入―期間中ペイパルで支払うと10%のポイントバック

    DMMの動画・電子書籍にペイパル決済が導入―期間中ペイパルで支払うと10%のポイントバック

  3. 今年注目を集めたタイトルは? 「2017年ゲオ年間ゲーム売上ランキング」が公開

    今年注目を集めたタイトルは? 「2017年ゲオ年間ゲーム売上ランキング」が公開

  4. テイクツーとGameStopの株価が下落 ― 『グランド・セフト・オートV』の9月発売影響か

  5. 【BitSummit】イベント主催者ジェームズ・ミルキー氏インタビュー「日本にはまだまだ凄いインディー開発者がいる」

  6. セガゲームス誕生 ― グループ組織再編により、コンシューマ事業とセガネットワークスが一つに

  7. 元欧州任天堂社長がモバイルブリッジに

  8. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  9. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  10. 【TGS2015】中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

アクセスランキングをもっと見る