人生にゲームをプラスするメディア

【DEVELOPER'S TALK】ネットワークをフル活用!『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』の挑戦を実現した開発スタイルとは?

「7次元先の少女とコミュニケーションする」という、挑戦的な内容で登場した『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』(以下シェルノサージュ)。『アトリエ』シリーズで有名なガストの新作ゲームです。

ゲームビジネス 開発
―――CRI「ADX2」については、どのように使われましたか?

それほど特殊なことはしていなくて、普通にBGMとSEで使用しました。他に前述の通り、イオンの機嫌を音で表現するシンフォリズム画面でも「ADX2」を使っています。

―――「ADX2」にはファイル読み込みをサポートする機能もありますが、こちらは使われましたか?

はい、今回はボイスデータが配信で逐次追加されていくため、データ管理が大変でした。通常は複数のボイスデータを「パック」にまとめて読み込むのですが、そこで「ADX2」のファイル圧縮機能を使っています。もっとも、この方式だと文中でパックをまたぐときにタイムラグが発生する恐れがあります。プログラマーから「最大1~2秒ロードが発生するかも」などと言われて、冷や冷やしていたのですが、実際は0.2秒以下で実現できたので、安心してパックを増やしていますね。

―――ディスクだと確実にシークが発生しますが、そこはVitaがディスクメディアを採用していない点に助けられたのかもしれませんね

そうかもしれません。ちなみに本作ではボイスの次に重たいのが3Dモデルです。中でも一番重たいのがイオンのモデルで、起動時に読み込んでメモリ上に常駐させています。そのため、どこに遷移してもロード時間は感じられないと思います。

―――ムービー再生では「CRI Sofdec2」を使われたと思いますが?

オープニングとイベントムービーで使用しています。こちらも非常に軽快で、ムービーを再生しても60fpsを下回ることはありませんでした。Vitaはハードウェア側でムービーをデコードする機能があり、「Sofdec2」でもその機能を使うことができたので、その恩恵だと思います。

―――では、最後にユーザーと開発者の双方にメッセージをお願いします

おかげさまで無事に発売することができました。今作は過去のどんなゲームとも似ていない内容になっていると思いますし、個人的にも挑戦的なプロジェクトでした。今後どうなるかわからないところもありますし、ユーザーの皆さんと一緒に育てていきたいと思っています。うまくいくところも、いかないところもあると思いますが、新しい遊び方を提案していきたいですし、コミュニティを作るというビジョンに向けて、どんどん進めていきたいですね。

開発者の方々に対しては、Vitaのさまざまな機能をうまく使った、いろんな提案のあるゲームがどんどん出てくることを期待しています。Vitaもまた、過去のどんなハードとも違うゲーム機です。今までのジャンルにとらわれない、新しいゲームを一緒に作っていきましょう。

―――ありがとうございました

東京・渋谷のCRI・ミドルウェア本社にて。


なお、サージュ・コンチェルト公式サイト(「サージュ・コンチェルトソーシャル」)にて、『シェルノサージュ』の今後の開発ロードマップが公開されています。アップデート情報やキャンペーンなど、今後のタイトルをより楽しめる情報が掲載されていますので、ぜひチェックしてみてください。

サージュ・コンチェルトソーシャル:http://social.gust.co.jp/pc/ciel/

また、7/1(日)に行われるガスト初のオフィシャルイベント「ガスト・ガーラ ~アトリエ&シェルノサージュ~」では、土屋氏がゲストとして登場する予定です。今まで語られなかった開発の裏話や、「サージュ・コンチェルト」シリーズの今後の展開などについて聞けるかもしれないので、こちらもぜひイベント公式サイトをチェックしてみてください。

「ガスト・ガーラ ~アトリエ&シェルノサージュ~」
日時:2012年7月1日(日) 17:30開場/18:00開演
会場:大宮ソニックシティ大ホール
イベント公式サイト:http://www.gamecity.ne.jp/media/event/2012/gust/


(C)GUST CO.,LTD. 2012


株式会社CRI・ミドルウェア
http://www.cri-mw.co.jp/

●記事に登場するミドルウェア「CRIWARE」についてのお問い合せ
http://www.cri-mw.co.jp/inquiry/
TEL: 03-6418-7081

●「CRIWARE」の採用タイトル一覧
http://www.cri-mw.co.jp/example/

DEVELOPER'S TALK記事一覧
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 業界人向け情報発信・共有イベント「for the Win」7月17日開催―アカツキ・ポケラボ・WFSのプロデューサー&マーケターがアプリの裏側を語る!

    業界人向け情報発信・共有イベント「for the Win」7月17日開催―アカツキ・ポケラボ・WFSのプロデューサー&マーケターがアプリの裏側を語る!

  2. 2019年6月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2019年6月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 今週発売の新作ゲーム『SAMURAI SPIRITS』『スーパーマリオメーカー 2』『Heavy Rain』『HARDCORE MECHA』他

    今週発売の新作ゲーム『SAMURAI SPIRITS』『スーパーマリオメーカー 2』『Heavy Rain』『HARDCORE MECHA』他

  4. 国民・企業・政府が一体になれば一大市場が生まれる―サイバーエージェント山内隆裕氏が登壇したセッションをレポート

  5. 【e-Sportsの裏側】本場「韓国」でe-Sportsの盛り上がりに迫る

  6. 今週発売の新作ゲーム『State of Decay 2: UE』『カリギュラ オーバードーズ』『リトルウィッチアカデミア 時の魔法と七不思議』他

  7. VR施設「SEGA VR AREA AKIHABARA」6月17日10時にオープン! VRウォーキングアトラクションを導入

  8. 【CEDEC 2014】バンダイナムコGameJam運営チームによる人材育成と産学連携への挑戦

  9. バンナム、「株式会社バンダイナムコ研究所」を2019年4月1日に設立─新たな価値創出を目指す

  10. さよならハドソン、過去の名作をCMで振り返る

アクセスランキングをもっと見る

1