人生にゲームをプラスするメディア

Unity、東京・ソウル・北京でワークショップを開催

ゲームビジネス 開発

Unity Technologieは、東京・ソウル・北京でそれぞれ2日間のワークショップの開催を発表しました。

今回開催されるワークショップは、アジア地域での急速なUnity開発コミュニティ拡大に合わて実施するもので、参加者に豊富な技術と情報をラインナップしたセッションを提供していきます。

日程は、ソウルが4月9日~10日、東京が4月12日~13日、北京が4月14日~15日を予定しています。

セッションでは、Unityのツールやエンジンを開発しているR&Dチームの開発者が各地域を来訪。12以上のトピックについて鋭い切り口で解説し、各地域のベテランゲーム開発者が開発事例を披露して開発での実践的なノウハウを提供します。それぞれの国の開発コミュニティに特化したトピックも含め、開発者同士だけではなく、Unity開発陣と直接交流できる場を設けるとしています。

同社CEOのディビッド・ヘルガソン氏は「日本はゲーム業界の中でも長い歴史を持つゲームタイトルを提供しており、韓国は近年、新しいゲームデザインと才能が咲き乱れる中心地となりました。また中国はゲーム開発の歴史のなかでは比較的新しいものの、現在は急成長しています。こうしたゲームの歴史のなかでも大変素晴らしい役割を果たしてきた3カ国で開催でき、アジアにおける開発の一部になれることに感激しています」とコメント。

また、アジア・ゼネラルマネージャーのジョン・グッデール氏は「アジアには大変多様な文化と独特の感性が育まれていて、それによるユニークなゲームコンテンツや独特の開発アプローチを生み出しています。私たちはアジア圏にお
いてUnityの採用が急速に広まっていることを光栄に思っており、今回のワークショップを通じてアジアのお客様への感謝とともに、Unityに関する更なる高い関心に答えていきたいと思います」と述べています。
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『プロジェクト巨影都市(仮)』開発エンジンにシリコンスタジオ「OROCHI 3」採用…スタッフからコメントも到着

    『プロジェクト巨影都市(仮)』開発エンジンにシリコンスタジオ「OROCHI 3」採用…スタッフからコメントも到着

  2. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  3. セガならではの感動体験を届けたい・・・セガホールディングス岡村秀樹社長インタビュー

    セガならではの感動体験を届けたい・・・セガホールディングス岡村秀樹社長インタビュー

  4. アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

  5. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  6. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  7. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  8. ニコニコ、スマホからゲーム実況や動画投稿を可能にするSDKを無料配布

  9. コーエー30周年記念ロゴを制定、記念タイトルを順次

  10. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『ファイヤープロレスリング ワールド』『Darkest Dungeon』他

アクセスランキングをもっと見る