人生にゲームをプラスするメディア

レア社の創業者であるスタンパー兄弟が退社

元任天堂のセカンドパーティでN64『ゴールデンアイ』やSFC『スーパードンキーコング』を開発し、2002年にマイクロソフトに売却されてからも『パーフェクトダークゼロ』や『あつまれ!ピニャータ』などを開発した英国の開発会社・レア社の創業者であるクリス・スタンパーとティム・スタンパーの兄弟が退社したことが分かりました。

ゲームビジネス その他
元任天堂のセカンドパーティでN64『ゴールデンアイ』やSFC『スーパードンキーコング』を開発し、2002年にマイクロソフトに売却されてからも『パーフェクトダークゼロ』や『あつまれ!ピニャータ』などを開発した英国の開発会社・レア社の創業者であるクリス・スタンパーとティム・スタンパーの兄弟が退社したことが分かりました。

「クリスとティムはレア社を世界で最も優れた開発スタジオにまで育て上げ、彼らの功績は広く知られたところです。彼らは新しいチャンスを追求するためにレア社を離れますが、私達は彼らの素晴らしい将来を祈念しています」

と親会社のマイクロソフトは1UP.COMの取材に対して述べました。最近発売した『あつまれ!ピニャータ』の成績も思わしくなく、3億7500万ドルという巨額の投資にマイクロソフトが満足してないのは明白ですが、「Microsoft Game Studioを拡大する戦略の重要な1つ」とマイクロソフトはコメントしています。

後任のスタジオディレクターとクリエイティブディレクターには19年間レア社に在籍しているベテランのMark Betteridge氏とGregg Mayles氏を起用するということです。

NINTENDO 64で名作を多数発売したレア社ですが最近は調子も良くないようで、『あつまれ!ピニャータ』の不振が今回の理由ではないとマイクロソフトは否定してますが、どうなんでしょう。昔の名作は権利的なものでバーチャルコンソールで配信されるかは不透明ですが、レア社の開発タイトルでは今のところSFCの『スーパードンキーコング』が配信中です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

    CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

  2. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  3. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. フランス取材で見た社会的活用が進むシリアスゲーム

  5. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  6. 今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

  7. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. ヨドバシカメラ、ゲームソフトの予約が全額前金制に

  9. 今週発売の新作ゲーム『マリオパーティ100 ミニゲームコレクション』『カイジ ~絶望の鉄骨渡り~ for Nintendo Switch』他

  10. 川島隆太教授、『脳トレ』のロイヤリティは受け取らず

アクセスランキングをもっと見る