人生にゲームをプラスするメディア

レア社の創業者であるスタンパー兄弟が退社

元任天堂のセカンドパーティでN64『ゴールデンアイ』やSFC『スーパードンキーコング』を開発し、2002年にマイクロソフトに売却されてからも『パーフェクトダークゼロ』や『あつまれ!ピニャータ』などを開発した英国の開発会社・レア社の創業者であるクリス・スタンパーとティム・スタンパーの兄弟が退社したことが分かりました。

ゲームビジネス その他
元任天堂のセカンドパーティでN64『ゴールデンアイ』やSFC『スーパードンキーコング』を開発し、2002年にマイクロソフトに売却されてからも『パーフェクトダークゼロ』や『あつまれ!ピニャータ』などを開発した英国の開発会社・レア社の創業者であるクリス・スタンパーとティム・スタンパーの兄弟が退社したことが分かりました。

「クリスとティムはレア社を世界で最も優れた開発スタジオにまで育て上げ、彼らの功績は広く知られたところです。彼らは新しいチャンスを追求するためにレア社を離れますが、私達は彼らの素晴らしい将来を祈念しています」

と親会社のマイクロソフトは1UP.COMの取材に対して述べました。最近発売した『あつまれ!ピニャータ』の成績も思わしくなく、3億7500万ドルという巨額の投資にマイクロソフトが満足してないのは明白ですが、「Microsoft Game Studioを拡大する戦略の重要な1つ」とマイクロソフトはコメントしています。

後任のスタジオディレクターとクリエイティブディレクターには19年間レア社に在籍しているベテランのMark Betteridge氏とGregg Mayles氏を起用するということです。

NINTENDO 64で名作を多数発売したレア社ですが最近は調子も良くないようで、『あつまれ!ピニャータ』の不振が今回の理由ではないとマイクロソフトは否定してますが、どうなんでしょう。昔の名作は権利的なものでバーチャルコンソールで配信されるかは不透明ですが、レア社の開発タイトルでは今のところSFCの『スーパードンキーコング』が配信中です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

    今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

  3. これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

    これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

  4. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  5. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  6. ソーシャルゲームと家庭用ゲームのユーザー比較・・・SIG-Indie第10回勉強会

  7. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

  8. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  9. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  10. 【CEDEC 2014】ゲームの楽しさは計測できるのか? ゲーム開発者と学術研究者が語り合った

アクセスランキングをもっと見る