人生にゲームをプラスするメディア

オーストラリアのゲーム販売、2010年は13%の減少

ゲームビジネス その他

オーストラリアのゲーム業界団体Interactive Games & Entertainment Association(iGEA)が6日に発表した、2011年のゲーム(パッケージ)及び周辺機器、ハードウェアなどの市場規模は15億豪ドル(約1230億円)となったとのこと。

数字はNPD Group Australiaがまとめたもので、2010年に比べると12.8%の減少だったとのこと。ただし、この数字はデジタル流通やダウンロードコンテンツ、オンラインゲームの契約、ゲーム内少額課金、モバイルゲームなどの販売を含んでおらず、こうした成長分野を完全に反映したものではないとiGEAのRon Curry代表は述べています。

ちなみに現地のテクノロジー調査会社のTelsyteの予測によれば、2012年のオンラインゲームやゲーム内課金の販売額は4億5000万豪ドルになるとのこと。また、プライスウォーターハウスクーパースによれば2015年の従来型のゲームとデジタルを合わせた販売は25億豪ドルになると推測しているとのこと。

報告では現地の小規模デベロッパーが成長していることも指摘。Halfbrick Studiosはスマートフォン向け『Fruits Ninja』で1億2000万ダウンロードを記録、新作の『Jetpack Joyride』も1100万ダウロードを超えています。また、IronMonkey StudiosはiPhone版『DeadSpace』でAppleのGame of the Yearを獲得しています。

そのほか、報告書で記されている主な指標は以下の通り。

・約54%のゲームはレーティング「G」(基本的に全年齢)「PG」(親のガイダンスを求める)
・人気のゲームはRPG、ダンス、カード、スポーツ
・最も人気のジャンルはシューターとアクション(各19%)、続いてファミリーゲーム(16%)
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. CEROがレーティング制度を拡充―ゲーム内容をアイコンで表示へ

    CEROがレーティング制度を拡充―ゲーム内容をアイコンで表示へ

  2. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンターダブルクロス Switch Ver』『The Lost Child』『深夜廻』『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』他

    今週発売の新作ゲーム『モンスターハンターダブルクロス Switch Ver』『The Lost Child』『深夜廻』『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』他

  3. 横浜みなとみらい開催『ポケモンGO』イベントの集計データが発表―200万人以上が参加、1億2千万匹のポケモンゲット!

    横浜みなとみらい開催『ポケモンGO』イベントの集計データが発表―200万人以上が参加、1億2千万匹のポケモンゲット!

  4. VRブームは冷め気味なのか?あまりにも強烈な盛り上がりを“過剰”と見るユーザーも

  5. 【NDC17】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  6. 今週発売の新作ゲーム『HITMAN THE COMPLETE FIRST SEASON』『ロックマン クラシックス コレクション 2』『Hellblade: Senua's Sacrifice』他。

  7. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  8. ニンテンドー3DSで誕生したバイオ最新作、『バイオハザード リベレーションズ』をいち早く体験した

  9. バンナム、平成29年3月期は増収増益―『ダクソIII』や『デレステ』人気

  10. UDKを使ってみよう!【導入編】・・・「Unreal Japan News」第40回

アクセスランキングをもっと見る