人生にゲームをプラスするメディア

【CEDEC 2011】Unity、日本法人Unity Technologies Japanを設立

ゲームビジネス その他

ゲーム開発プラットフォーム「Unity」を開発するUnity Technologiesは6日、アジア展開の拡大を図るため日本法人としてUnity Technologies Japanを設立すると発表しました。日本法人は代表取締役会長に元セガ・オブ・アメリカ副社長の豊田信夫氏、取締役社長にUnityのアジア担当ゼネラルマネージャーのジョングッデール氏、日本担当部長は引き続き大前広樹氏が担います。

Unity CEOのディビッド・ヘルガソン氏は「Unity Technologies 日本オフィスの設立、またその支社の知識のある、情熱的なチームの参画は、世界的なゲーム開発の民主化に向けてUnity Technologies の名前を強固な物にします。日本の開発コミュニティのローカルサポートの提供を楽しみにしています」とコメント。

8日にはCEDECのセッションにおいてディビッド・ヘルガソン氏自らがUnityプラットフォームとアジアにおける拡大について話す予定です。

また、代表取締役会長に就任する豊田信夫氏は「日本全国のUnity コミュニティは過去数年間で急速な広がりを見せています。日本支社の開設により、この地域の徹底サポートと、開発プラットフォームのローカライズを提供できる事が楽しみです」とコメントしています。

<以下プレスリリースより>

●代表取締役会長/豊田信夫
インタラクティブエンターテインメント業界における20 年以上の経験を持ち、15 年間セガオブアメリカ 取締役副社長を務めました。また米国セガサミーホールディングスおよび他の日本企業へのエグゼクティブアドバイザーを務めました。この業界においての豊富な知識、経験、グローバルコネクションをUnity Technologies Japan にもたらします。

●取締役社長/ジョン・グッデール
ジョングッデールはインタラクティブエンターテイメント業界で15 年以上の経験を持っており、セガ、アクティビジョン、ターナーブロードキャスティングシステム、Crytek 社などの企業にて働いた実績があります。また彼は日本に住み、また日本語と英語のバイリンガルとして働いていました。昨年よりUnity Technologies に入社し、アジア全域でのUnity ビジネスをリードすると共にUnity Technologies ディレクター及び、Unity Technologies Japan取締役社長、Unity Technologies アジア担当ゼネラルマネージャーの役割を担っています。

●日本担当部長/大前 広樹
8 年間日本のゲーム業界で働いた実績があり、5 年間フロムソフトウエアでテクニカルディレクターを務め、その後2009 年からゲーム開発者として独立し活躍しております。2010 年にUnity Technologies 日本担当部長として入社し、ネイティブの開発者にプラットフォームを拡張しております。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

    美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  2. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  3. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

    コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  4. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. 『イナズマイレブン』特許訴訟・・・両社の主張と争点

  7. 『乖離性ミリオンアーサーVR』最新PV公開! 激しい戦闘からアバターカスタマイズまで収録

  8. ゲーム業界で過去に例をみない4社合同新人研修とは?

  9. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  10. 【レポート】VR映像ってどうやって撮影されるの?グラドル星名美津紀の撮影現場に潜入

アクセスランキングをもっと見る