人生にゲームをプラスするメディア

ソニー・コンピュータ、ドコモiモード向けにゲーム提供開始……PSPなどの人気タイトルを移植

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は25日、NTTドコモのiモード向けサービス「ドコモマーケット」にゲームアプリの提供を開始した。

モバイル・スマートフォン 全般
『トロのお話しアプリ』画面
  • 『トロのお話しアプリ』画面
  • 『勇者のくせになまいきだ。そして携帯へ…魔るごとパック』画面
 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は25日、NTTドコモのiモード向けサービス「ドコモマーケット」にゲームアプリの提供を開始した。

 「ドコモマーケット」(iモード)は、NTTドコモのiモード端末向けのアプリケーションや電子書籍、音楽などのコンテンツを配信するポータルサイト。SCEJでは、コンテンツ第1弾として、ゲームアプリシリーズ『勇者のくせになまいきだ。そして携帯へ…魔るごとパック』と『トロのお話しアプリ』の配信を開始した。

 『勇者のくせになまいきだ。そして携帯へ…魔るごとパック』はシリーズ4作が1つになった全86面のシミュレーションパズルゲーム。プレイステーション・ポータブル版とは異なる携帯版オリジナルのチャレンジ問題を収録する。『トロのお話しアプリ』は、自分の好きなコトバを猫のキャラクター「トロ」に教えながらお話しを楽しむアプリ。ドコモマーケット向けのカスタマイズが行われているとのこと。

 『勇者のくせになまいきだ。そして携帯へ…魔るごとパック』は通常1,050円(税込)を、25日および26日の2日間だけ60%オフの420円(税込)にて販売中。『トロのお話しアプリ』は、ドコモマーケット向けにトロとのお話しコンテンツを収録し、420円(税込)で提供する。今後『アークザラッド』『XI[sai]』『I.Q.Intelligent Qube』など、プレイステーション上で人気だったタイトル群を配信する予定。
《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』アップデートで図鑑がシンオウ地方に対応!バージョン履歴にも気になる表記が

    『ポケモンGO』アップデートで図鑑がシンオウ地方に対応!バージョン履歴にも気になる表記が

  2. 『ポケモンGO』シンオウ地方のポケモンがついにゲーム内に登場!新映像には「ギラティナ」の姿も…

    『ポケモンGO』シンオウ地方のポケモンがついにゲーム内に登場!新映像には「ギラティナ」の姿も…

  3. 「『FGO』今年のハロウィンイベで新しいエリちゃんは登場すると思う?」結果発表―最も選ばれたのはあの展開…【読者アンケート】

    「『FGO』今年のハロウィンイベで新しいエリちゃんは登場すると思う?」結果発表―最も選ばれたのはあの展開…【読者アンケート】

  4. 『ポケモンGO』10月コミュニティ・デイで出現する「ダンバル」の特別わざは「コメットパンチ」に決定!

  5. ゲンガーってホント、火力がヤバいんです!こう使えばね【ポケモンGO 秋田局】

  6. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  7. 「G123.jp」公式コスプレイヤー7名を発表!激レアブロマイドが当たるキャンペーンも開催中

  8. 「『FGO』あなたが好きな★1サーヴァントは?」結果発表─1位は4割超えの支持を獲得! あなたのお気に入りは何位?【アンケート】

  9. 手塚キャラを美少女化する『絵師神の絆』サイト&OP公開─「火の鳥」はツインテール少女、「アトム」のCVは釘宮理恵!?

  10. 『リボルバーズエイト』事前登録数3万人突破!新目標達成で「赤いくつ」の配布も決定

アクセスランキングをもっと見る