人生にゲームをプラスするメディア

ソニー副社長にSCEグループCEOの平井一夫氏を起用・・・次期社長候補に

ゲームビジネス 開発

ソニーは4月1日付で機構改革を行い、中核事業であるレクトロニクス及びネットワークサービス事業を、全てのコンスーマー製品事業とネットワークサービス事業を担当する「コンスーマープロダクツ&サービスグループ」と、成長戦略の要となるB2B、コンポーネント、半導体事業を担当する「プロフェッショナル&デバイス・ソリューショングループ」に再編します。

これに伴い、ソニー・コンピュータエンタテインメント代表取締役社長 兼 グループCEOおよびソニー本社の執行役 ネットワークプロダクツ、ネットワークサービス事業担当の平井一夫氏が代表執行役 副社長に就任し、「コンスーマープロダクツ&サービスグループ」を統括することになります。

ハワード・ストリンガー会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)の後継者争いも注目されますが、報道によればストリンガー氏は「平井氏が先頭のポジションにいるが、レースはまだ終わっていない」とコメント、最有力候補であることを示唆しています。また、平井氏の昇格は「ゲーム事業を黒字化させた功績が大きい」とのこと。

平井氏は1984年にCBS・ソニーに入社。その後、SCEアメリカを経て、SCEの執行役員を務めた後、久夛良木建氏の後継としてSCEグループを牽引してきました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

    【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

  2. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

    【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  3. 【VRLA2017】VR空間で自ら演じるとアニメーションが作れる『Mindshow』に挑戦!

    【VRLA2017】VR空間で自ら演じるとアニメーションが作れる『Mindshow』に挑戦!

  4. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  5. 『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

  6. 中規模開発ならではの、ユニティの意外な「落とし穴」とは?『三国志コンクエスト』ポストモータム

  7. 「A 5th of BitSummit」総来場者数は過去最高、前年比45%増―インディー人気を反映か

  8. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  9. 2016年英国ゲームセールスの58%は「デジタル販売」、初のディスク凌駕に

  10. ゾンビになって映画を一足先に体験!?VR映像『BIOHAZARD VENDETTA : Z Infected Experience』5月24日配信

アクセスランキングをもっと見る