人生にゲームをプラスするメディア

『スクリブルノーツ』を巡り、ネットミームの作者がワーナーと5th Cellを著作権侵害の疑いで起訴

ネットミームで知られるキーボードキャットとNyan Catの作者が、5th CellとWarner Bros.に対し、著作権侵害の疑いで訴えを起こしていることが明らかとなりました。

ゲームビジネス その他
スクリブルノーツ アンリミテッド
  • スクリブルノーツ アンリミテッド
  • スクリブルノーツ アンリミテッド
ネットミームで知られるキーボードキャットとNyan Catの作者が、5th Cellとワーナーブラザーズに対し、著作権侵害の疑いで訴えを起こしていることが明らかとなりました。これは言葉で物を生み出すパズルゲーム『Scribblenauts』シリーズ( 『Scribblenauts』、『Super Scribblenauts』、『Scribblenauts Remix』、『Scribblenauts Unlimited』)にイースターエッグとして同様のキャラクターが収録されていた事によるもの。

キーボードキャット作者のCharles Schmidt氏と、Nyan CatのGIFクリエイターChristopher Orlando Torres氏は、ワーナーとデベロッパーの5thは過去3年に渡り、商標及び著作権を故意に侵害したとして、許可無しでキャラクターが使用されていた事を主張。両社に対し、弁護士費用と共に損害賠償金を求める状況となっています。

尚、Eurogamerが伝える情報によると、どちらのミームも商標登録が行われたのは2010年以降で、第一作目の『Scribblenauts』がリリースされたのはそれ以前の2009年である事も指摘されており、今後の動向が見守られています。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  2. 子供たちが3Dプリンターでオリジナルキーホルダーを制作、ネクソンらが「みらいクリエイターズプロジェクト」開催

    子供たちが3Dプリンターでオリジナルキーホルダーを制作、ネクソンらが「みらいクリエイターズプロジェクト」開催

  3. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

    【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  4. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  5. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  6. 今週発売の新作ゲーム『TERA』『Darksiders III』『ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス』『Artifact』他

  7. ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

  8. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  9. プログラミングをミニ四駆のような、子どもから大人まで楽しめるホビーにしたい・・・「前田ブロック」の生みの親が語った

  10. カラスと少年を交差しながら探索するアドベンチャー『Vane』プレイレポ【BitSummit Vol.6】

アクセスランキングをもっと見る