人生にゲームをプラスするメディア

『スクリブルノーツ』を巡り、ネットミームの作者がワーナーと5th Cellを著作権侵害の疑いで起訴

ゲームビジネス その他

スクリブルノーツ アンリミテッド
  • スクリブルノーツ アンリミテッド
  • スクリブルノーツ アンリミテッド
ネットミームで知られるキーボードキャットとNyan Catの作者が、5th Cellとワーナーブラザーズに対し、著作権侵害の疑いで訴えを起こしていることが明らかとなりました。これは言葉で物を生み出すパズルゲーム『Scribblenauts』シリーズ( 『Scribblenauts』、『Super Scribblenauts』、『Scribblenauts Remix』、『Scribblenauts Unlimited』)にイースターエッグとして同様のキャラクターが収録されていた事によるもの。

キーボードキャット作者のCharles Schmidt氏と、Nyan CatのGIFクリエイターChristopher Orlando Torres氏は、ワーナーとデベロッパーの5thは過去3年に渡り、商標及び著作権を故意に侵害したとして、許可無しでキャラクターが使用されていた事を主張。両社に対し、弁護士費用と共に損害賠償金を求める状況となっています。

尚、Eurogamerが伝える情報によると、どちらのミームも商標登録が行われたのは2010年以降で、第一作目の『Scribblenauts』がリリースされたのはそれ以前の2009年である事も指摘されており、今後の動向が見守られています。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

    並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  2. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  4. スクウェア・エニックス第1四半期決算 ― 家庭用ゲーム売上低調などで経常赤字20億

  5. 業界への就職を目指すあなたへ!「ゲーム・アーティスト・オーディション」ロングインタビュー!

  6. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  7. ポケモンシリーズの世界累計売上は1億5000万本を突破

  8. ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

  9. 遺伝的アルゴリズムとニューラルネットワーク、ゲームAIによるキャラクタの「進化」を考える

  10. プログラミング知識が無くても作れるゲーム開発ソフトウェア「GameMaker Studio」の通常版が3月頭まで無料リリース中

アクセスランキングをもっと見る