人生にゲームをプラスするメディア

コナミ、第1四半期業績はヒット作に恵まれ好調

ゲームビジネス 市場

コナミの発表した平成23年3月期 第1四半期業績(米国会計基準)は売上高531億8300万円(△5.0%)、営業利益28億7900万円(187.9%)、税引き前純利益24億5200万円(171.2%)、純利益12億6500万円(244.7%)となりました。

デジタルエンタテインメント事業ではPSPで「メタルギア」シリーズの最新作を発売したほか、「ウイニングイレブン」シリーズをマルチプラットフォームで展開し、堅調な販売を記録しています。さらに、社会現象とまでなっている恋愛コミュニケーションゲームの新作『ラブプラス+』を発売しています。その他、『プロ野球スピリッツ2010』『ときめきメモリアル Girl's Side 3rd Story』『フェアリーテイル ポータブルギルド』も堅調でした。アミューズメント機器では特に大きな新商品はなかったものの、業務用メダルゲームが堅調でした。カードゲームでは「遊戯王トレーディングカードゲーム」が引き続き堅調でした。

ゲーミング&システム事業では北米でビデオスロットマシン「Podium」が好調。欧州、中南米、アジアでは代理店網の整備を行ない、拡販を進めているとのこと。

健康サービス事業では直営店として2施設をオープンしたほか、受託施設が30施設加わっています。既存店では健康管理のIT化を進めているほか、デジタルシミュレーションゴルフの導入などを行っているとのこと。

コナミ事業部門別の損益は公表されていませんが、デジタルエンタテインメント事業(250億円)と健康サービス事業(214億円)が大きな柱として事業を支えながら、ゲーミング&システム事業(43億円)が今後の収益源として成長を続けている(前年同期比11.2%増加)というポートフォリオになっています。

第2四半期以降はE3で出展したタイトルを中心に期待作が多く登場してくるほか、フィットネス目的で需要が高まっている『DanceDanceRevolution』最新作や、米FOX系列の大ヒットミュージカルコメディドラマ「Glee」を題材にしたカラオケゲーム『Karaoke Revolution Glee』、著名アーティストが所属するレコードレーベルとコラボレーションした『Def Jap Rapstar』などのラインナップが登場します。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. YouTubeを活用したプロモーションを成功させる3つの原則(後編)

    YouTubeを活用したプロモーションを成功させる3つの原則(後編)

  2. YouTubeを活用したプロモーションを成功させる3つの原則(前編)

    YouTubeを活用したプロモーションを成功させる3つの原則(前編)

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

  5. 日本初のゲーム専用AI会社が設立―『がんばれ森川君2号』の森川幸人氏が代表取締役

  6. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  7. Oculus、VR技術巡る裁判でZeniMaxに5億ドルの賠償金支払いへ【UPDATE】

  8. 任天堂オブアメリカが幹部人事を発表、マーケティング担当に前YahooのCMO

  9. 学生時代からプロツールで実践的に学べば大きな武器に・・・バンタンゲームアカデミー訪問(後編)

  10. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

アクセスランキングをもっと見る