人生にゲームをプラスするメディア

コナミ、第1四半期業績はヒット作に恵まれ好調

ゲームビジネス 市場

コナミの発表した平成23年3月期 第1四半期業績(米国会計基準)は売上高531億8300万円(△5.0%)、営業利益28億7900万円(187.9%)、税引き前純利益24億5200万円(171.2%)、純利益12億6500万円(244.7%)となりました。

デジタルエンタテインメント事業ではPSPで「メタルギア」シリーズの最新作を発売したほか、「ウイニングイレブン」シリーズをマルチプラットフォームで展開し、堅調な販売を記録しています。さらに、社会現象とまでなっている恋愛コミュニケーションゲームの新作『ラブプラス+』を発売しています。その他、『プロ野球スピリッツ2010』『ときめきメモリアル Girl's Side 3rd Story』『フェアリーテイル ポータブルギルド』も堅調でした。アミューズメント機器では特に大きな新商品はなかったものの、業務用メダルゲームが堅調でした。カードゲームでは「遊戯王トレーディングカードゲーム」が引き続き堅調でした。

ゲーミング&システム事業では北米でビデオスロットマシン「Podium」が好調。欧州、中南米、アジアでは代理店網の整備を行ない、拡販を進めているとのこと。

健康サービス事業では直営店として2施設をオープンしたほか、受託施設が30施設加わっています。既存店では健康管理のIT化を進めているほか、デジタルシミュレーションゴルフの導入などを行っているとのこと。

コナミ事業部門別の損益は公表されていませんが、デジタルエンタテインメント事業(250億円)と健康サービス事業(214億円)が大きな柱として事業を支えながら、ゲーミング&システム事業(43億円)が今後の収益源として成長を続けている(前年同期比11.2%増加)というポートフォリオになっています。

第2四半期以降はE3で出展したタイトルを中心に期待作が多く登場してくるほか、フィットネス目的で需要が高まっている『DanceDanceRevolution』最新作や、米FOX系列の大ヒットミュージカルコメディドラマ「Glee」を題材にしたカラオケゲーム『Karaoke Revolution Glee』、著名アーティストが所属するレコードレーベルとコラボレーションした『Def Jap Rapstar』などのラインナップが登場します。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『大神 絶景版』『DOOM VFR』『リディー&スールのアトリエ 不思議な絵画の錬金術士』他

    今週発売の新作ゲーム『大神 絶景版』『DOOM VFR』『リディー&スールのアトリエ 不思議な絵画の錬金術士』他

  2. 【GDC2010】巨大なオープンワールドゲームを少数精鋭チームで作る方法・・・『inFAMOUS』開発元

    【GDC2010】巨大なオープンワールドゲームを少数精鋭チームで作る方法・・・『inFAMOUS』開発元

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  5. 【GDC2015】Epic Games、ゲームエンジン「Unreal Engine 4」の無料化を発表

  6. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  7. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  8. バンダイナムコ、家庭用ゲームが大苦戦・・・通期業績

  9. 「世界に誇れる日本企業」トップ10にソニーと任天堂がランクイン

  10. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る