人生にゲームをプラスするメディア

バンダイナムコ、ゲーム戦争に勝つためにMiG-21を28万ポンドで購入

バンダイナムコの欧州法人NAMCO BANDAI Games Europeは、シリーズ最新作『エースコンバット アサルト・ホライゾン』最新作のプロモーションのためにMiG-21を購入したそうです。リストア費用を含めて総額28万5000ポンド(約3800万円)。

ゲームビジネス その他
バンダイナムコ、ゲーム戦争に勝つためにMiG-21を28万ポンドで購入
  • バンダイナムコ、ゲーム戦争に勝つためにMiG-21を28万ポンドで購入
  • バンダイナムコ、ゲーム戦争に勝つためにMiG-21を28万ポンドで購入
バンダイナムコの欧州法人NAMCO BANDAI Games Europeは、シリーズ最新作『エースコンバット アサルト・ホライゾン』最新作のプロモーションのためにMiG-21を購入したそうです。リストア費用を含めて総額28万5000ポンド(約3800万円)。

バンダイナムコが購入したMiG-21


このMiG-21BIS戦闘機は"エストバキア連邦"(『エースコンバット』に登場する架空の国家)の空軍で退役したもので、既にロンドンのオフィスに到着。今後、Facebookで実施されている「エースコンバット 戦闘機デザインコンテスト」で最優秀を獲得した作品が実際に施される予定だとのこと。

Facebookではデザインコンテスト中


プレスリリースによれば「戦闘機はマーケティングやプロモーション、主に出版社にゲームを届けたり、ジャーナリストに空を味わってもらったり、地元のライバルであるカプコンを牽制するのに使われます」とのこと。

同社のマーケティングディレクターのLee Kirton氏は「普通の退屈なマーケティングに飽きていたんです」と理由を説明。

PS3/Xbox360『エースコンバット アサルト・ホライゾン』は現在のところ発売日は未定です。1万機以上が生産され、ソ連をはじめ世界中で活躍したMiG-21はどのように活躍するのか、楽しみです。

(Update)ただし、プレスリリースの日付は4/1でした
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

    【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  2. バンナム「カタログIPオープン化プロジェクト」続報…企画審査を通過した法人と企画名が公開

    バンナム「カタログIPオープン化プロジェクト」続報…企画審査を通過した法人と企画名が公開

  3. 『V!勇者のくせになまいきだR』『勇なま』10周年にちなみ「10円引き」特別セール実施!

    『V!勇者のくせになまいきだR』『勇なま』10周年にちなみ「10円引き」特別セール実施!

  4. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  5. 今週発売の新作ゲーム『No Man's Sky Beyond』『PC Building Simulator』『PEACH BALL 閃乱カグラ』『忍スピリッツS 真田獣勇士伝』他

  6. ゲーム開発のマイルストーン社長が逮捕、金融商品取引法違反

  7. 台湾のゲームユーザー数は人口の半分以上!?世界が注目する台湾ゲーム市場の実態に迫る

  8. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  9. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  10. 往年の人気ゲームメーカー「データイースト」のロゴ入りグッズ販売サイトがオープン!

アクセスランキングをもっと見る