人生にゲームをプラスするメディア

バンダイナムコ、ゲーム戦争に勝つためにMiG-21を28万ポンドで購入

ゲームビジネス その他

バンダイナムコ、ゲーム戦争に勝つためにMiG-21を28万ポンドで購入
  • バンダイナムコ、ゲーム戦争に勝つためにMiG-21を28万ポンドで購入
  • バンダイナムコ、ゲーム戦争に勝つためにMiG-21を28万ポンドで購入
バンダイナムコの欧州法人NAMCO BANDAI Games Europeは、シリーズ最新作『エースコンバット アサルト・ホライゾン』最新作のプロモーションのためにMiG-21を購入したそうです。リストア費用を含めて総額28万5000ポンド(約3800万円)。

バンダイナムコが購入したMiG-21


このMiG-21BIS戦闘機は"エストバキア連邦"(『エースコンバット』に登場する架空の国家)の空軍で退役したもので、既にロンドンのオフィスに到着。今後、Facebookで実施されている「エースコンバット 戦闘機デザインコンテスト」で最優秀を獲得した作品が実際に施される予定だとのこと。

Facebookではデザインコンテスト中


プレスリリースによれば「戦闘機はマーケティングやプロモーション、主に出版社にゲームを届けたり、ジャーナリストに空を味わってもらったり、地元のライバルであるカプコンを牽制するのに使われます」とのこと。

同社のマーケティングディレクターのLee Kirton氏は「普通の退屈なマーケティングに飽きていたんです」と理由を説明。

PS3/Xbox360『エースコンバット アサルト・ホライゾン』は現在のところ発売日は未定です。1万機以上が生産され、ソ連をはじめ世界中で活躍したMiG-21はどのように活躍するのか、楽しみです。

(Update)ただし、プレスリリースの日付は4/1でした
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

    【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  2. 「Project i Can」コヤ所長&タミヤ室長が語る「アニメIPのVRコンテンツ創りに大切なこと」

    「Project i Can」コヤ所長&タミヤ室長が語る「アニメIPのVRコンテンツ創りに大切なこと」

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  5. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  6. 制作手法から宣伝・販売まで「ノベルゲーム制作実践テクニック」・・・IGDA日本 SIG-Indie 第5回研究会

  7. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  8. Oculus、VR技術巡る裁判でZeniMaxに5億ドルの賠償金支払いへ【UPDATE】

  9. 【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

  10. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

アクセスランキングをもっと見る