人生にゲームをプラスするメディア

ナムコ、直営施設のゲーム機556台2224灯の照明をLED化…環境保全対策の一環として

ゲームビジネス その他

『スウィートランド4ブライトバージョン』のドーム内照明をLED化
  • 『スウィートランド4ブライトバージョン』のドーム内照明をLED化
  • ナムコ独自仕様のLEDモジュール
ナムコは、環境保全対策の一環として、直営アミューズメント施設設置の景品ゲーム機『スウィートランド4ブライトバージョン』全556台、計2,224灯のドーム内照明をLEDに交換すると発表しました。

対象となる業務用景品ゲーム機『スウィートランド4ブライトバージョン』(バンダイナムコゲームス製)には、ゲーム機上部のドーム内に1台につき4灯の蛍光灯が使用されています。これを、ナムコが直営アミューズメント施設などで保有する556台の合計2,224灯について、2014年12月中を目処にナムコ独自仕様のLEDモジュールに交換。消費電力や二酸化炭素排出量を大幅に削減します。

◆『スウィートランド4ブライトバージョン』の照明交換


■現行の蛍光灯
1灯あたりの定格消費電力:27W

■新規導入されるLEDモジュール
1灯あたりの定格消費電力:12W

⇒1年間の効果
・約21万9千kWhの電力を削減
・約102.6t-CO2の二酸化炭素を削減
※ナムコの実測実験の概算値、およびCO2排出係数:0,000468t-CO2/kWhに基づきます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


LED照明を採用した業務用ゲーム機が主流になってきていても、景品ゲームのような定番機種はLED普及前から店舗に設置されている場合が多々あるとナムコは指摘。同社による既存ゲーム機を独自にLED照明化する施策は、2010年に実施したクレーンゲーム機4,279台の一斉転換から始まり、メダルゲーム機などに対象を広げて現在も継続中です。今回の施策を加えた年間の消費削減量は、電力が約331万5千kWh、二酸化炭素が約1,326t-CO2となります。

同社は、今後もバンダイナムコゲームスによる「エコアミューズメント」認定機器の積極的な導入や、電力を消費しないインドアプレイパーク「あそびパーク」の展開など、さまざまな視点から環境に配慮したアミューズメント施設の在り方を追求するとしています。尚、2014年12月11日(木)~13日(土)に東京ビッグサイトで開催される「エコプロダクツ2014」に、バンダイ、バンダイナムコゲームスと共同で出展し、環境対策への取り組みの一例が展示される予定です。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

    美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  2. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

    インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  3. スパイク・チュンソフト、オフィシャルサイト本日オープン ― コーポレートロゴも公開

    スパイク・チュンソフト、オフィシャルサイト本日オープン ― コーポレートロゴも公開

  4. そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定

  5. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  6. 【GTMF2013】過去のC++資産も有効活用、クロスプラットフォームに長けたゲームエンジン「Marmalade」

  7. 【レポート】100センチの巨尻に会いに行く!グラドルVRビデオ「トキメキメテオ」、その見どころは?

  8. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  9. イマジニア、連結子会社であるロケットカンパニーを吸収合併 ─ 『メダロット』の版権はイマジニアに集約

  10. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

アクセスランキングをもっと見る