人生にゲームをプラスするメディア

『FF7AC』を盗作した韓国PVに3億ウォンの賠償命令

韓国の歌手アイビーのPVにおいて『ファイナルファンタジーVIIアドベントチルドレン(FF7AC)』が盗作された問題で、3億ウォン(3千万円)の賠償をすべしという判決が出ました。

ゲームビジネス その他
韓国の歌手アイビーのPVにおいて『ファイナルファンタジーVIIアドベントチルドレン(FF7AC)』が盗作された問題で、3億ウォン(3千万円)の賠償をすべしという判決が出ました。

これはアイビーのPV『誘惑のソナタ』が、キャラクターや展開、画面構成など広範囲にわたって『FF7AC』に酷似していたという問題。
アイビー側は「オマージュ、パロディである」「盗作ではない」と主張していましたが、スクウェア・エニックスの訴えが認められ、昨年12月に罰金刑が宣告されていました。

今回の民事訴訟では、アイビーが所属する事務所とPVを作成したホン・ジョンホ監督に対し、共同で賠償金を支払うよう判決が出ました。

前回の裁判では『誘惑のソナタ』が『FF7AC』の内容を約80%使用したとされたのに加え、今回の民事訴訟では両作品の内容がほとんど等しいとする判断が下されており、スクウェア・エニックスの主張が認められた形。国内『FF』ファンとしては一安心と言ったところではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2019年6月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2019年6月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 2019年5月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2019年5月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. スクエニ和田会長とやまもといちろう氏が語る任天堂の苦境、これからのパブリッシャー、スクエニの経営戦略・・・黒川塾(16)レポート

    スクエニ和田会長とやまもといちろう氏が語る任天堂の苦境、これからのパブリッシャー、スクエニの経営戦略・・・黒川塾(16)レポート

  4. 【ほらてくっ!】まだ間に合う!株式会社“闇”社員が語る、極上のお化け屋敷紹介

  5. 宮本茂氏が今年のGDCで基調講演を行うことが決定!

  6. スクエニ、『FF XIV』に続く新規プロジェクトに伴いスタッフ募集開始ー『FF VII REMAKE』でも募集

  7. 『バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐』が携帯向けに国内初上陸

  8. 【NDC17】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  9. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  10. 任天堂、ロゴを変更?

アクセスランキングをもっと見る

1