人生にゲームをプラスするメディア

『TRICK×LOGIC(トリックロジック)』解決篇システムや収録ボーナスが判明

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、PSP「プレイステーション・ポータブル」用ソフト『TRICK×LOGIC(トリックロジック)』の最新情報を公開しました。

ソニー PSP
TRICK×LOGIC(トリックロジック)
  • TRICK×LOGIC(トリックロジック)
  • 『TRICK×LOGIC(トリックロジック)』解決篇システムや収録ボーナスが判明
  • TRICK×LOGIC(トリックロジック)
  • 『TRICK×LOGIC(トリックロジック)』解決篇システムや収録ボーナスが判明
  • TRICK×LOGIC(トリックロジック)
  • 『TRICK×LOGIC(トリックロジック)』解決篇システムや収録ボーナスが判明
  • TRICK×LOGIC(トリックロジック)
  • TRICK×LOGIC(トリックロジック)
ソニー・コンピュータエンタテインメントは、PSP「プレイステーション・ポータブル」用ソフト『TRICK×LOGIC(トリックロジック)』の最新情報を公開しました。

『TRICK×LOGIC(トリックロジック)』は、チュンソフトが手掛けるヒラメキ発見ミステリ・ノベル。我孫子武丸、竹本健治、麻耶雄嵩、大山誠一郎、黒田研二、綾辻行人、有栖川有栖という人気ミステリ作家7人による完全書き下ろし作品を元にした本格推理アドベンチャーゲームとなります。キャラクターを演じる声優には、平岡祐太、本仮屋ユイカ、デーモン閣下など、個性的な俳優陣が起用されています。

※綾辻先生の「辻」は、しんにょうに点2つになります。

本作は、オムニバス形式の「推理編」「解決編」、ゲーム全体の謎「ブリッジストーリー」で構成されています。

「推理編」の最後に提示される「調書」に、“犯人“を書き込み、トリックを説明する“ヒラメキ”を入力したら、天才検事・芳川樹による事件の検証が始まります。検証は、芳川樹と天野つかさや丸ノ内刑事ら、冥界に呼ばれた人々との会話で進行。わかりやすく事件が解き明かされていきます。

さらに「解決編」で、提示されるいくつかの“検証“に対してピタリと合った“ヒラメキ”を提示せねばなりません。事前に調書に入力した犯人、トリックを解明するヒラメキが1つ1つ、照らし合わされます。推理に成功し、トリックが解けた場合、“推理ランク”(S、A、B)が表示され、この事件(アカシャ)のナゾときは終了となります。

しかし「調書」に入力した解答が間違っていた場合、検証は失敗に終わります。その際、どの様な「ヒラメキ」が足りないのか、芳川の言葉で示され、点数が表示されます。再び「アカシャ」に戻り、新たな正しい「ヒラメキ」を探し出し、再チャレンジしてください。

どうしても推理に行きづまった場合、ヒント「解決の糸口」を見ることができますが、1つ見るごとに、ヒラメキ一覧に「黒のヒラメキ」が追加。この「黒のヒラメキ」は、ギブアップに使うアイテムで、調書の解答欄を、すべて「黒のヒラメキ」で埋まると「調書完成」のボタンが「ギブアップ」ボタンに変わります。「ギブアップ」で解決編に進むと、すべてのナゾと犯人があきらかになりますが推理ランクは「C」になります。



なお、事件ファイルNo.1を試験問題とし、総勢100人による「ナゾトキ模擬試験」が6月某日に都内で行われました。事件ファイルの著者である作家陣(我孫子武丸、綾辻(しんにょうの点が2つになります)行人、竹本健治)が見守る中、都内国立大学現役学生から、体力・瞬発力に自信のある体育会系、美貌自慢のミスキャンパス、各マスコミのミステリ好き、アドベンチャーゲーム攻略 編集者まで、さまざまな種類のスキルを持った人々挑戦しました。

試験結果は『TRICK×LOGIC(トリックロジック)』公式サイトで7月8日(木)から一挙公開される予定です。



さらに、本作をキッカケに「よしもとミステリ研究会」が発足。「ナゾトキ模擬試験」に、南海キャンディーズの山ちゃん、チーモンチョーチュウの白井さん、菊地さんも参戦しているとのことです。

また『TRICK×LOGIC(トリックロジック) Season1』発売翌週から毎週開催される「ミステリ作家からの挑戦状!推理バトル」キャンペーンにも、毎回「よしもとミス研」所属のよしもと芸人さんが参加。参加メンバーは、今後、随時公開される予定です。

『TRICK×LOGIC(トリックロジック)』は「シーズン1」「シーズン2」の2つのUMDでの発売。7月22日に発売の「シーズン1」にはNo.1からNo.4までの事件+スペシャルボーナスNo.5の推理編、9月16日に発売の「シーズン2」にはNo.5からNo.10までの事件ファイルを収録。価格はいずれも2980円(税込)となります。

なお「シーズン1」発売翌週より、毎週木曜、続話数を1話ずつ各400円(税込)にてダウンロード販売が行われます(「No.6推理編」を7月29日に配信販売。以降毎週木曜に1話ずつ販売)。該当話数の解決編は、翌週木曜以降に無料ダウンロード可能になります。なお事件ファイルNo.5以降、毎週配信される話数を対象に全国から推理予想を競い合う「ミステリ作家からの挑戦状!推理バトル」キャンペーンも実施されます。

(C)Sony Computer Entertainment Inc.
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月22日】─新たに2件の抽選販売が、本日より受付スタート

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月22日】─新たに2件の抽選販売が、本日より受付スタート

  2. 『バイオハザード ヴィレッジ』予約開始を記念してシリーズ作品対象のセールがPS Storeとニンテンドーeショップで開始!

    『バイオハザード ヴィレッジ』予約開始を記念してシリーズ作品対象のセールがPS Storeとニンテンドーeショップで開始!

  3. PS4版『オートチェス』1月28日より基本プレイ無料で配信決定!PS Plus加入者限定コンテンツも用意

    PS4版『オートチェス』1月28日より基本プレイ無料で配信決定!PS Plus加入者限定コンテンツも用意

  4. 『グラブルVS』DLC第9弾「ウーノ」1月26日配信決定! 2種の奥義を使いこなす攻防一体の賢人

  5. 『原神』その原石、今使って本当に大丈夫? 「甘雨」や「魈」「神里綾華」など、今後の実装に期待の高まる7キャラを紹介【特集】

  6. 『原神』神里綾華やロサリア狙いでも「甘雨」を引いて大丈夫な理由―むしろ最高のサポート役になるかも?【特集】

  7. 極上の音と光で恐怖は更なる次元へ―『バイオハザード ヴィレッジ』のPS5限定ビジュアルデモ『MAIDEN』プレイレポ

  8. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月21日】─「イオンお買物アプリ」にて北海道限定の抽選販売を受付中

  9. 【UPDATE】【特集】メトロイドヴァニアってどんなゲーム?虫やロボットが活躍する最新作から、押さえておきたい往年の名作までおすすめ5選

  10. 『原神』Ver.1.3の新情報が公開!天然樹脂の仕様調整や素材選択の長押しに対応―脆弱樹脂の入手頻度もアップ

アクセスランキングをもっと見る