人生にゲームをプラスするメディア

【GDC2010】脚光を集めるゲームエンジン「Unity」・・・コンセプトから最も稼ぐアプリまでの最短距離

ゲームビジネス 開発

【GDC2010】脚光を集めるゲームエンジン「Unity」・・・
  • 【GDC2010】脚光を集めるゲームエンジン「Unity」・・・
  • 【GDC2010】脚光を集めるゲームエンジン「Unity」・・・
  • 【GDC2010】脚光を集めるゲームエンジン「Unity」・・・
  • 【GDC2010】脚光を集めるゲームエンジン「Unity」・・・
  • 【GDC2010】脚光を集めるゲームエンジン「Unity」・・・
  • 【GDC2010】脚光を集めるゲームエンジン「Unity」・・・
  • 【GDC2010】脚光を集めるゲームエンジン「Unity」・・・
  • 【GDC2010】脚光を集めるゲームエンジン「Unity」・・・
世界には多くのゲームエンジンが存在しますが、その中でも今熱い視線が注がれているのが「Unity」です。デンマーク発の「Unity」はiPhone向けゲームエンジンとして脚光を集め、そのライセンス体系の平易さも手伝って多くの採用実績を重ねています。

Game Developers Conference 2010初日の火曜日、今年からラインナップされた「iPhone Games Summit」でUnity TechnologiesのTim Higgins氏が「Fastest Path from Concept to Top Paid」(コンセプトから最も稼ぐアプリまでの最短距離)と題したセッションを行いました。

急成長を遂げるUnity TechnologyTim Higgins氏現在では社員60名


Higgins氏は同社のプロダクトエヴァンジェリスト。製品を広く広めるのが仕事です。Unity入社前はマクロメディア(後にAdobo)に在籍しました。自身は大のゲームジャンキーであり、プログラマーとして経験を積んできたそうです。Unityは現在本社をサンフランシスコに置きますが、Higgins氏は5人目の従業員で、北米では最初の従業員だったそうです。

Unity Technologiesの創業は僅か4年前ですが、現在では60名余りのスタッフを抱えます。誰もがゲームを、あらゆるプラットフォームに向けて開発できる環境を構築する、というコンセプトを掲げ、ベンチャーキャピタルからの投資も受け、今後も積極的な展開をしていくとしました。

「Unity」はマルチプラットフォーム対応のインタラクティブコンテンツ開発ツールです。その使用は直感的に可能で、様々なアセットを組み合わせていくだけでもゲームが開発できるような仕組みになっています。特にライブプレビューの機能では、開発環境で変更を加えたものが、リアルタイムに実機で反映し、開発効率を大幅に向上させます。対応プラットフォームiPhone、Wii、Xbox360、PCに加えて、昨日の発表にもあるように、新たにPS3、iPad、Androidが追加されています。また、ブラウザにUnity Web Playerをインストールする必要がありますが、ブラウザ向けのコンテンツも開発可能です。これらは同じソースで、出力先を変えるだけでプラットフォームを超えた開発ができます。

特にiPhone向けの開発では多くの実績があり、これまでに500タイトル以上がApp Storeで公開されているそうです。Higgins氏は「Unity iPhoneはApp Stroreで稼ぐための最短距離である」と述べていました。会場ではデモが行われ、PC上で開発環境とプレビューが同期する様子や、「Unity Remote」を使って、iPhoneの実機にワイヤレスでデータを転送し、こちらもリアルタイムに同期する様子が披露されました。



最後にHiggins氏はサクセスストーリーとして幾つかのゲームを挙げました。『Way of the Warrior』はプログラマ1人とアーティスト2人とオーディオ1人で開発されたゲームですが、2人はWindowsで、2人はMacで制作したそうです。通常iPhone向けゲーム開発はMacでしか行えませんが、「Unity」があればこのような手法も可能になります。また、『Zombieville USA』はなんと1人がたった5週間で開発したゲームですが、2009年の1年間、ずっとApp Storeの上位100位に入っていた唯一のゲームだったそうです。

iPadにも初日から対応するという「Unity」。夏にはバージョン3.0がリリースされる予定だということで、今年は更に注目を集めるゲームエンジンになりそうです。

iPadのサポートUnity 3.0
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

    2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  2. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  3. 【アンケート結果発表】思い出のゲームボーイは?

    【アンケート結果発表】思い出のゲームボーイは?

  4. クリエイターの負荷を軽くする「自動生成」技術、将来の方向性は? 〜IGDA日本ゲームAI連続セミナー

  5. 遺伝的アルゴリズムとニューラルネットワーク、ゲームAIによるキャラクタの「進化」を考える

  6. 【特集】前田尚紀×山岡晃×DJ “KSUKE”鼎談―日本のゲーム音楽とダンスミュージックを牽引するクリエイターが語る

  7. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

  8. 『悪魔城ドラキュラ』シリーズのプロデューサー五十嵐孝司氏がコナミを退社

  9. ゲーム開発者の平均年収は「539万円」─据置型ゲーム機従事者が増加傾向、スマホ従事者は3年連続の減少

  10. DMMの動画・電子書籍にペイパル決済が導入―期間中ペイパルで支払うと10%のポイントバック

アクセスランキングをもっと見る