人生にゲームをプラスするメディア

『プロジェクト巨影都市(仮)』開発エンジンにシリコンスタジオ「OROCHI 3」採用…スタッフからコメントも到着

シリコンスタジオは、バンダイナムコエンターテインメントのPS4/PS Vitaソフト『プロジェクト巨影都市(仮)』において、ゲームエンジン「OROCHI 3」と「YEBIS 3」が採用されたと発表しました。

ゲームビジネス 開発
『プロジェクト巨影都市(仮)』開発エンジンにシリコンスタジオ「OROCHI 3」採用…スタッフからコメントも到着
  • 『プロジェクト巨影都市(仮)』開発エンジンにシリコンスタジオ「OROCHI 3」採用…スタッフからコメントも到着
  • 『プロジェクト巨影都市(仮)』開発エンジンにシリコンスタジオ「OROCHI 3」採用…スタッフからコメントも到着
  • 『プロジェクト巨影都市(仮)』開発エンジンにシリコンスタジオ「OROCHI 3」採用…スタッフからコメントも到着
  • 『プロジェクト巨影都市(仮)』開発エンジンにシリコンスタジオ「OROCHI 3」採用…スタッフからコメントも到着
  • プロジェクト巨影都市(仮)
  • シリコンスタジオ
シリコンスタジオは、バンダイナムコエンターテインメントのPS4/PS Vitaソフト『プロジェクト巨影都市(仮)』において、ゲームエンジン「OROCHI 3」と「YEBIS 3」が採用されたと発表しました。

『プロジェクト巨影都市(仮)』は、バンダイナムコエンターテインメントとグランゼーラの2社で制作するサバイバル・アクションアドベンチャーゲームです。謎の巨大生命体や、飛行する巨大物体といった「巨影」によってもたらされた“非日常”を懸命に生き延びようとする人々の物語が描かれます。


本作の開発に、シリコンスタジオのゲームエンジン「OROCHI 3」と、同製品に標準搭載されているポストエフェクトミドルウェア「YEBIS 3」が採用されていることが明らかになりました。シリコンスタジオのゲームエンジンの採用について、バンダイナムコエンターテインメントの塚中健介プロデューサーと、グランゼーラの九条一馬ディレクターよりコメントが届いているのでご紹介します。

■塚中健介氏のコメント(バンダイナムコエンターテインメント プロデューサー)
いつもの街並みに突如出現した巨影によってもたらされる脅威。
『プロジェクト巨影都市(仮)』における、この表現にリアリティを感じて頂くためにも、“いつもの街並み”のグラフィックスには、開発陣一同、こだわりを持って制作しています。

ゲームエンジンである「OROCHI 3」、そして「YEBIS 3」のサポートもあり、我々が目指したものが、着々と現実になりつつあります。プロジェクトの全貌は、現段階では明らかになっておりませんが、続報では皆様に驚きのある新たな情報をお届けできればと思います。ご期待ください。


■九条一馬氏のコメント(グランゼーラ ゲームデザイナー・ディレクター)
ゲーム制作者にとっては、頭の中で思い描いているものが形となり、画面に反映されていくことは強烈な快感です。それがテンポよく進むことで、制作しながらも新しい提案が出てきて、ゲームを膨らませていってくれます。

「OROCHI 3」を選んだのは、PlayStation 4とPlayStation Vitaに対応していたこともありますが、何よりもシリコンスタジオ様の技術者の方々が、親身になり、テンポよくサポートしてくださるからです。ゲームエンジンやミドルウェアをご提供いただいている、というよりもまさに共同で開発していただいている、という感じです。

機能対応のこと、仕様に関して効率の良い実現方法について…など、困ったことがあればダイレクトにぶつけます(笑)それは、ともに一つのゲームを作る仲間だと思っているから。技術力と献身的なシリコンスタジオ様、懐が広いバンダイナムコエンターテインメント様、そして徹底して遠慮がないグランゼーラのチームプレイにご期待ください!



バンダイナムコエンターテインメントとグランゼーラの2社に加えて、ゲームエンジンを提供するシリコンスタジオも一丸となって開発が進められている様相の本作。その全容が明らかになる日も近そうです。

『プロジェクト巨影都市(仮)』は、発売日・価格ともに未定です。

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 経済産業省、「クール・ジャパン室」を設置

    経済産業省、「クール・ジャパン室」を設置

  2. ゼロ遅延技術「SonicSYNC」は従来スマホ音ゲーの

    ゼロ遅延技術「SonicSYNC」は従来スマホ音ゲーの"間違い"を正せるか―『ディズニー ミュージックパレード』メディア向け発表会をレポート

  3. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  4. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  5. 【GDC 2015】2人で作って10億円を稼いだ『クロッシーロード』のサクセスストーリー

  6. 【TGS 2010】中国そしてアジアに進出していくためには・・・アジア・ゲーム・ビジネス・セッション

  7. 【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第7回:3Dモデリングを教わってみた:Shade11実践編

  8. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  9. 『Apex Legends』人気タレントが集う第6回「CRカップ」は7月31日開催!早くもCR.おじじ氏が明言

  10. セガ、新社長に現・常務取締役の鶴見尚也氏が就任 ― グループ会社人事を刷新

アクセスランキングをもっと見る