人生にゲームをプラスするメディア

WiiでブラウザベースのMMORPGが遊べる可能性が?

海外アニメを放映するカートゥーン ネットワークの世界をゲームにしたのが『Cartoon Network Universe: FusionFall』。先日北米での正式サービスがスタートしたばかりですが、WiiやiPhoneからアクセスできるようになる可能性があるとのことです。

ゲームビジネス その他
WiiでブラウザベースのMMORPGが遊べる可能性が?
  • WiiでブラウザベースのMMORPGが遊べる可能性が?
  • WiiでブラウザベースのMMORPGが遊べる可能性が?
  • WiiでブラウザベースのMMORPGが遊べる可能性が?
  • WiiでブラウザベースのMMORPGが遊べる可能性が?
  • WiiでブラウザベースのMMORPGが遊べる可能性が?
  • WiiでブラウザベースのMMORPGが遊べる可能性が?
海外アニメを放映するカートゥーン ネットワークの世界をゲームにしたのが『Cartoon Network Universe: FusionFall』。先日北米での正式サービスがスタートしたばかりですが、WiiやiPhoneからアクセスできるようになる可能性があるとのことです。

MTV Multiplayerが伝えるところによりますと、コミックの祭典「Comic Con」にて同作のコンテンツデザイナーであるMatt Schwartz氏はマルチプラットフォーム路線を進めたいとする考えを明らかにしました。



「公式にアナウンスする訳ではありませんが、Unity(同作のクライアント)はWiiやiPhoneをサポートしています。我々の技術ディレクターはアバターの小さな模型をiPhone上で走らせています」とコメント。まだまだ解決しなければならない問題も多いとした上で、可能性がない訳ではないとしています。



『Cartoon Network Universe: FusionFall』はカートゥーン ネットワークでお馴染みの海外アニメの世界で冒険するブラウザベースのMMORPG。「パワーパフガールズ」や「デクスターズラボ」など様々なアニメのヒーロー、ヒロイン達が世界の危機に立ち向かうという内容。WiiからアクセスできるブラウザベースのMMORPG、実現するなら新たな可能性となりそうです。
《水口真》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  2. バンダイナムコ、小学生にネットリテラシーを専用SNSで教育する「TamaGoLand」展開

    バンダイナムコ、小学生にネットリテラシーを専用SNSで教育する「TamaGoLand」展開

  3. 【昨日の人気記事チェック】宮本茂氏、ゲーム開発者が選ぶヒーロー第1位に選ばれる(6月17日)

    【昨日の人気記事チェック】宮本茂氏、ゲーム開発者が選ぶヒーロー第1位に選ばれる(6月17日)

  4. Wikipedia編集合戦―あらゆる企業・公官庁が参戦していた!?/任天堂・ソニーまで

  5. テクモ・安田社長が辞任

  6. UDKを使ってみよう!【実践編1】ゲームタイプとレベルデザイン ・・・「Unreal Japan News」第45回

  7. 【TGS2008】コンパニオンレポート: ハドソン

  8. 【E3 2015】ゲーム産業は「映画+音楽」よりも大きくなった―調査会社IHS Technology

  9. 『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

  10. 偶然の出会いが唯一無二のコンテンツを生んだ『El Shadai~エルシャダイ~』ディレクター竹安佐和記Xルシフェル役 竹内良太・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第22回

アクセスランキングをもっと見る