人生にゲームをプラスするメディア

【週刊マリオグッズコレクション】第20回 スーパーマリオギャラクシー スーパーDXぬいぐるみ

ゲームビジネス その他
【週刊マリオグッズコレクション】第20回 スーパーマリオギャラクシー スーパーDXぬいぐるみ
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第20回 スーパーマリオギャラクシー スーパーDXぬいぐるみ
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第20回 スーパーマリオギャラクシー スーパーDXぬいぐるみ
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第20回 スーパーマリオギャラクシー スーパーDXぬいぐるみ


連載第20回目です。節目を感じる数字ですが、やることはいつも通り。今回ご紹介するのは、バンプレストより出たプライズ品「スーパーマリオギャラクシー スーパーDXぬいぐるみ」です。

『スーパーマリオギャラクシー』から、大きなサイズのぬいぐるみが登場しました。ラインナップは「マリオ」「ライフアップキノコ」の2種類。プライズ品ですので、ゲームセンターで頑張ってゲットしてみてください。

マリオ


宇宙を飛び回る姿をイメージとした、フライングポーズになっています。後ろの首の付け根にヒモが付いており、そこをひっかけてぶら下げることで、飛ぶ姿のまま飾ることができます。アナタの部屋をマリオが舞う!大きさ約35cm。

ライフアップキノコ


ゲーム中で見つけたら是非とも取っておきたい、ライフが増える「ライフアップキノコ」。ベースが赤色なのはよく見る「スーパーキノコ」と同じですが、こちらは黄色い☆マークがオレンジで縁取りされており、なんともファンキーなデザインのキノコです。お部屋のアクセントにもピッタリです。大きさは約23cm。

全2種類


このシリーズは今後も展開予定で、今月は「オバケマリオ」&「オバケキノコ」のぬいぐるみが出ます。

それでは、また来週。

■著者紹介

kikai
『スーパーマリオブラザーズ』と一緒に生まれたマリオゲーマーであり、マリオグッズコレクター。マリオのことなら何でもお任せの「マリオ博士」。フリーライターとして活動中。インサイド以外にも雑誌「ニンテンドードリーム」などでも執筆。
ウェブサイト: ALL SUPER MARIO

(C) Nintendo Licensed by Nintendo
《kikai》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 令和に新作ファミコンカセットを自作!その知られざるテクニック&80年代カルチャーを「桃井はるこ」「なぞなぞ鈴木」らが語る【インタビュー】

    令和に新作ファミコンカセットを自作!その知られざるテクニック&80年代カルチャーを「桃井はるこ」「なぞなぞ鈴木」らが語る【インタビュー】

  2. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

    【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

  3. 史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

    史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

  4. コナミとミクシィ、アバターで交流できるスマホ向けサービス『mixiパーク』サービス開始

  5. 【CEDEC 2010】モバイルのソーシャルゲームの現状を総おさらい&事業機会を考える

  6. Epic Gamesの創設者兼CEO ティム・スウィーニー氏「判決が出るまではコメントしない」―5月3日より続いたApple対Epic Gamesの裁判が終了

  7. トビー・フォックス氏『UNDERTALE』で実装されなかった“とんでもクライマックス”を明かす―トリエルが「飯綱落とし」で大爆発

  8. 【GDC2011】日本の同人ゲーム海を渡る・・・世界で高い評価を受けた『洞窟物語』

  9. 『バハムートブレイブ』が念願の総合大賞を獲得!「GREE Platform Award 2012」にて計17タイトルが表彰

  10. 宮本茂氏、TIME誌『世界で最も影響力のある100人』に選ばれる

アクセスランキングをもっと見る