人生にゲームをプラスするメディア

【週刊マリオグッズコレクション】第8回「スーパーマリオ コレクションフィギュア」

ゲームビジネス その他

【週刊マリオグッズコレクション】第8回「スーパーマリオ コレクションフィギュア」
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第8回「スーパーマリオ コレクションフィギュア」
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第8回「スーパーマリオ コレクションフィギュア」
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第8回「スーパーマリオ コレクションフィギュア」
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第8回「スーパーマリオ コレクションフィギュア」
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第8回「スーパーマリオ コレクションフィギュア」
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第8回「スーパーマリオ コレクションフィギュア」
連載第8回目の今回紹介するのは、コーギーより発売中のスーパーマリオコレクションフィギュアです。海外で発売中のグッズですが、国内でも輸入雑貨店等で取り扱っている場合があります。



昨年、ミニカーやコレクタブルトイで有名なイギリスの玩具メーカー「コーギー(Corgi International)」が任天堂のライセンスを取得しました。その第一弾として発売されたのが、このマリオキャラクターのコレクションフィギュアです。

ラインナップは、マリオ、ルイージ、ヨッシー、パタクリボー&ボムへい、キラー、の5種類。海外モノではお馴染みの、ブリスターパッケージになっています。フィギュアの大きさは3〜6cm。

全5種類ブリスターパッケージCollect them all!


海外モノにしてはデキは良い方なのですが、やはり海外独特の表情の鋭さや堅さが残っていますね。マリオとヨッシーはお馴染みのポーズですが、ルイージだけは今までフィギュア化されていないオリジナルのポーズになっています。そして、ナゼ「クリボー」ではなく「パタクリボー」なのかがナゾです。これはこれで珍しいですけどね(笑

マリオルイージヨッシー


コーギーのライセンス契約期間は2010年まで。マリオ以外にも任天堂キャラクターのライセンスを取得しているので、今後の商品化にも注目です。最近は、国内でバンプレストの景品として出たマリオのソフビ人形やぬいぐるみを商品化しているようです。

それでは、また来週。

■著者紹介

kikai
『スーパーマリオブラザーズ』と一緒に生まれたマリオゲーマーであり、マリオグッズコレクター。マリオのことなら何でもお任せの「マリオ博士」。フリーライターとして活動中。インサイド以外にも雑誌「ニンテンドードリーム」などでも執筆。
ウェブサイト: ALL SUPER MARIO

(C) Nintendo Licensed by Nintendo
《kikai》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『World of Warcraft: Battle For Azeroth』『The Walking Dead: The Final Season』他

    今週発売の新作ゲーム『World of Warcraft: Battle For Azeroth』『The Walking Dead: The Final Season』他

  2. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

    【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  3. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

    『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  4. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  5. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  6. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  7. 【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第4回:3Dモデリングを教わってみた:Shade11実践編

  8. 当時の姿のまま中古ビル内に放棄されていた90年代ゲーセン

  9. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  10. 【DEVELOPER'S TALK】音数の限界に挑戦、ハイスピードかつハイテンションなシューター+アクションの開発秘話~『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』

アクセスランキングをもっと見る