人生にゲームをプラスするメディア

【OGC2008】日本唯一のシリアスゲーム専業メーカー「SGラボ」の取り組み

ゲームビジネス その他

【OGC2008】日本唯一のシリアスゲーム専業メーカー「SGラボ」の取り組み
  • 【OGC2008】日本唯一のシリアスゲーム専業メーカー「SGラボ」の取り組み
  • 【OGC2008】日本唯一のシリアスゲーム専業メーカー「SGラボ」の取り組み
  • 【OGC2008】日本唯一のシリアスゲーム専業メーカー「SGラボ」の取り組み
  • 【OGC2008】日本唯一のシリアスゲーム専業メーカー「SGラボ」の取り組み
  • 【OGC2008】日本唯一のシリアスゲーム専業メーカー「SGラボ」の取り組み
  • 【OGC2008】日本唯一のシリアスゲーム専業メーカー「SGラボ」の取り組み
  • 【OGC2008】日本唯一のシリアスゲーム専業メーカー「SGラボ」の取り組み
  • 【OGC2008】日本唯一のシリアスゲーム専業メーカー「SGラボ」の取り組み
ブロードバンド推進協議会が主催する「オンラインゲーム&コミュニティサービスカンファレンス2008」(OGC2008)で、シリアスゲーム開発で知られるSGラボの前田徹哉氏が「新しい学びの形をゲームから=「シリアスゲーム専業メーカー『SGラボ』の戦略」=」と題した講演を行い、同社のビジョンと取り組みについて紹介しました。

SGラボ 代表取締役社長 前田徹哉氏


SGラボは学習研究社とスクウェア・エニックスの合弁で2006年に設立された、日本で唯一のシリアスゲーム専業メーカーです。前田氏はシリアスゲームを「ある特定の目的を持ったゲーム」と定義し、テレビゲームの開発ノウハウを活用することで、より効率的な学習効果が得られると説明しました。主なシリアスゲームとしては、米国陸軍の新兵徴募用ソフト「American's Army」や、DSの知育ゲームなどが知られています。

前田氏はSGラボのビジョンとして「『学ぶ力』=知力を向上し、豊かな生活を想像するためのソリューションを提供する」点をあげ、精神面・肉体面・経済面の3種類の知力向上を支援すると説明しました。さらに「学び」は生活の中核に位置づけられるもので、人生の幅と奥行きを広げ、生活を豊かにする大きな要素であると示しました。

SGラボでは「精神」「肉体」「経済」面の知力向上を支援する


コンテンツ開発のポイントとして上げられたのは、「全体像を構造的に理解する」「物事を関係性で捉える」「当事者の立場になって理解する」の3点です。これをゲーム形式で提供することで「全てをクリアするという目標を持つことで、全体像が理解できる」「クリアのためには小さな目標達成の連鎖が必要で、物事を関係性で捉えられる」「RPG形式をとることで、当事者の立場になって考えられる」としています。またゲームの持つ感情を動かす力が、記憶にも有効であると指摘しました。

「全体像」「関係性」「当事者の立場」の3点がコンテンツ開発のポイント。ゲームの開発ノウハウを応用することで効率的に学習できる


同社は受託開発ベースで活動しており、主なクライアントは官公庁や企業で、B2B(教育・訓練)、B2B2C(広報・宣伝)、B2C(エンドユーザー向けの知力向上)といったソリューションを提供できるとしています。具体的には企業や商品の宣伝を目的としたアドバゲーム、教育や訓練を目的としたゲームラーニング、実務支援を目的としたGオペレーションなどです。プラットフォームはPCベースとなっています。しかし、今後はDS向けや携帯電話向けにも取り組んでいくとしました。

企業内トレーニングから宣伝や広報、エンドユーザーまでが視野


最後に同社はこれまでの実績として、さまざまなシリアスゲームを紹介しました。東京都の「見つけて防ごう!子供にとっての身近な危険〜乳幼児期の事故防止学習ソフト」では、乳幼児の4段階の発達段階にあわせて、よく見られる事故のケーススタディと対策を学ぶことができます。サントリーの「ウーロン茶物語〜美味しいお茶を求めて〜」では、脱出ゲームの文法で、ウーロン茶の製法や入れ方などを体験し、総合的な知識が得られます。

林業のサイクルを理解し、環境意識を高める「木エコ」(財団法人日本木材総合情報センター)
ウーロン茶の総合的な知識が学べる「ウーロン茶物語〜美味しいお茶を求めて〜」(サントリー)
焼酎の総合的な知識が学べる「The Shochu Bar」(蒸留酒酒造組合)


乳幼児期の事故防止が目的「見つけて防ごう!子供にとっての身近な危険〜乳幼児期の事故防止学習ソフト」(東京都)
お金に関する知識が学べる「わくわく!銀行たんけん隊〜ミドリさんと学ぶ銀行体験ゲーム〜」(三井住友銀行)


いずれもe-Learningやエデュテインメントソフトなどと違い、ゲームの高度なユーザーインターフェース技術が生かされた、親しみやすい内容となっているのが特徴です。無料でプレイ可能なので、一度プレイされてみてはいかがでしょうか。

「見つけて防ごう!子供にとっての身近な危険」では、最初に乳幼児の4段階のメニューを選択する。すると、その時期に応じた典型的な事故例がムービーで再生され、その原因と対策が示される。最後にクイズ形式で事故の原因になりやすい箇所をクリックしていく。インストラクターによる保護者向けの指導教材にも利用されている


「ウーロン茶物語」では、プレイヤーは若手の女性社員として中国・福建省に赴き、アドベンチャーゲーム形式で画面をクリックしながら、ウーロン茶を精製したり、茶器の使い方を学んでいく
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  2. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  3. 今週発売の新作ゲーム『World of Warcraft: Battle For Azeroth』『The Walking Dead: The Final Season』他

    今週発売の新作ゲーム『World of Warcraft: Battle For Azeroth』『The Walking Dead: The Final Season』他

  4. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  5. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  6. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

  7. 遺伝的アルゴリズムとニューラルネットワーク、ゲームAIによるキャラクタの「進化」を考える

  8. 「運が悪い」人間ほど成功する・・・稲船敬二氏が語るゲームクリエイター人生

  9. Unreal Engineポータルサイトが公式日本語化、編集ツールUnreal Editor翻訳も進行中

  10. 『グランブルーファンタジー』VRデモ一般公開!3DCGになったヴィーラとフェリに会える

アクセスランキングをもっと見る