人生にゲームをプラスするメディア

海外で評価の良いゲームを出しているメーカーはどこ?

ゲームビジネス その他

各ゲームのスコアは色々なメディアが紹介したり、インサイドでもユーザーレビューでの評価はチェックすることができますが、各ゲームメーカーが発売したゲームが全体的にどのくらいのスコアをたたき出しているのか、というチェックはなかなか知る事が出来ません。「この会社だから買いだろう」という経験は誰しもあると思いますが、感覚ではなく、ちゃんとしたデータとしてあれば役立つに違いありません。

米国のゲームサイトNextGenerationは、レビュースコアの統計を公開しているGameRankings.comのデータを基に、スコアランキングを公開しました。これは2007年に発売したゲーム全ての平均値をゲームメーカー毎に取ったものです。米国のレビューを基にしたものなので、参考程度ということにはありますが、興味深いものになりました。

以下の通りです。

2007年アベレージスコア

SCEA 77.9
任天堂 75.1
カプコン 74.2
ルーカスアーツ 73.4
アトラス 71.7
エレクトロニック・アーツ 71.3
マイクロソフト 69.2
テイク・ツー 69.0
コードマスターズ 68.4
アイドス 68.0
ビベンディ 67.5
KONAMI 66.4
D3パブリッシャー 66.3
セガ 65.5
THQ 64.3
バンダイナムコゲームス 63.8
ユービーアイソフト 63.1
アクティビジョン 61.9
ディズニー 60.7
ミッドウェイ 58.3
アタリ 55.5
Majesco 53.7
Game Factory 51.4
UFO 50.0
Crave 47.9
DSI 37.4
Conspairacy 34.3


トップはSCEA、2位は任天堂、3位はカプコンという順になりました。売上では海外メーカー勢がこのところ強い傾向がありますが、評価という点では日系メーカーもなかなか頑張っているようです。SCEAは現地メーカー開発タイトルも多いですね。意外なところでは、海外を強化しているアトラスが5位と健闘、D3パブリッシャーも13位でした。

そのほかの日系の大手メーカーではKONAMIが12位、セガが14位、バンダイナムコが16位でした。

ちなみにリリース本数では以下のリストになります。当然と言えば当然ですが、本数は評価は関係ないようです。今やどのメーカーも世界展開を考える時代、規模は小さくとも確実な評価を得ている小規模メーカーの頑張りは参考になりそうです。

任天堂 75
SCEA 74
テイク・ツー 73
エレクトロニック・アーツ 72
THQ 70
マイクロソフト 70
セガ 68
KONAMI 67
ビベンディ 67
ミッドウェイ 67
アイドス 66
アクティビジョン 66
ユービーアイソフト 65


(日系メーカーは太字)

2006年、2005年のランキングなどはリンク先をご確認下さい。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 当時の姿のまま中古ビル内に放棄されていた90年代ゲーセン

    当時の姿のまま中古ビル内に放棄されていた90年代ゲーセン

  3. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

    並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  4. 今週発売の新作ゲーム『真・三國無双8』『ワンダと巨像』『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』他

  5. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  6. GREE vs Mobageの釣りゲー訴訟・・・グリーが逆転敗訴確定

  7. 【レポート】PSVR『アイドルマスターシンデレラガールズ ビューイングレボリューション』身長190cmになって全力でペンライトを振ってみた

  8. 【CEDEC 2008】ゲーム開発のためのプロシージャル技術の応用

  9. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  10. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

アクセスランキングをもっと見る