人生にゲームをプラスするメディア

「テイルズ オブ」シリーズが累計1000万本出荷を達成

バンダイナムコゲームスは、12月6日に発売した『テイルズ オブ イノセンス』で「テイルズ オブ」シリーズが累計1000万本出荷を達成したと発表しました。1995年12月にスーパーファミコンで『テイルズ オブ ファンタジア』が発売されて以来8種類のゲーム機向けに20タイトルが発売され、「イノセンス」の出荷16万本で1000万本間達成となりました。

ゲームビジネス その他

バンダイナムコゲームスは、12月6日に発売した『テイルズ オブ イノセンス』で「テイルズ オブ」シリーズが累計1000万本出荷を達成したと発表しました。1995年12月にスーパーファミコンで『テイルズ オブ ファンタジア』が発売されて以来8種類のゲーム機向けに20タイトルが発売され、「イノセンス」の出荷16万本で1000万本間達成となりました。

バンダイナムコゲームスの鵜之澤伸副社長は「12年もの長い間、シリーズとして続けて来られたこと、そして今回の記録を達成したのは応援してくださったお客様方のおかげと感謝しています。テイルズ オブシリーズはこの12年間であらゆるノウハウを蓄積すると共に、壮大な世界観を構築してきました。今後も、PS2『テイルズ オブ デスティニー ディレクターズカット』やWii『テイルズ オブ シンフォニア-ラタトスクの騎士-』などの発売を予定しており、ユーザーの挑戦マインドや感動の琴線を揺り動かすような作品を次々創出していきます。ご期待ください!」とコメントしています。

販売本数比率は国内87%、北米8%、欧州3%、アジア2%だとのこと。

「テイルズ オブ」シリーズは単なる勧善懲悪ではない深みのあるストーリーや毎回進化を遂げる斬新な戦闘システムが特徴で、人気漫画家である家藤島康介氏やイラストレーターのいのまたむつみ氏による魅力的なキャラクターなどで10代の中高生から30代まで多くのユーザーに愛されています。

今後もバンダイナムコゲームスではWiiやPS2などでの新タイトルなど、シリーズを世界に展開すると共に、ゲーム以外のコンテンツでも展開を広げていくとしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲーム開発者の生活や仕事面をアンケートで調査─男性はエンジニア系、女性はアーティスト系で活躍! 就業時間や支援などで性別差は見られず

    ゲーム開発者の生活や仕事面をアンケートで調査─男性はエンジニア系、女性はアーティスト系で活躍! 就業時間や支援などで性別差は見られず

  2. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  4. 女性向けゲームブランド「QuinRose」のアートムーヴが事実上倒産 ― 『ハートの国のアリス』シリーズなど

  5. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  6. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  7. セガならではの感動体験を届けたい・・・セガホールディングス岡村秀樹社長インタビュー

  8. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  9. 任天堂アメリカが海外YouTuberに「著作権侵害」申し立て―怒りを露わにした批判映像も

  10. 海外ゲーマーが選ぶ「最も奇妙な髪型のゲームキャラクター」

アクセスランキングをもっと見る