人生にゲームをプラスするメディア

「テイルズ オブ」シリーズが累計1000万本出荷を達成

バンダイナムコゲームスは、12月6日に発売した『テイルズ オブ イノセンス』で「テイルズ オブ」シリーズが累計1000万本出荷を達成したと発表しました。1995年12月にスーパーファミコンで『テイルズ オブ ファンタジア』が発売されて以来8種類のゲーム機向けに20タイトルが発売され、「イノセンス」の出荷16万本で1000万本間達成となりました。

ゲームビジネス その他
バンダイナムコゲームスは、12月6日に発売した『テイルズ オブ イノセンス』で「テイルズ オブ」シリーズが累計1000万本出荷を達成したと発表しました。1995年12月にスーパーファミコンで『テイルズ オブ ファンタジア』が発売されて以来8種類のゲーム機向けに20タイトルが発売され、「イノセンス」の出荷16万本で1000万本間達成となりました。

バンダイナムコゲームスの鵜之澤伸副社長は「12年もの長い間、シリーズとして続けて来られたこと、そして今回の記録を達成したのは応援してくださったお客様方のおかげと感謝しています。テイルズ オブシリーズはこの12年間であらゆるノウハウを蓄積すると共に、壮大な世界観を構築してきました。今後も、PS2『テイルズ オブ デスティニー ディレクターズカット』やWii『テイルズ オブ シンフォニア-ラタトスクの騎士-』などの発売を予定しており、ユーザーの挑戦マインドや感動の琴線を揺り動かすような作品を次々創出していきます。ご期待ください!」とコメントしています。

販売本数比率は国内87%、北米8%、欧州3%、アジア2%だとのこと。

「テイルズ オブ」シリーズは単なる勧善懲悪ではない深みのあるストーリーや毎回進化を遂げる斬新な戦闘システムが特徴で、人気漫画家である家藤島康介氏やイラストレーターのいのまたむつみ氏による魅力的なキャラクターなどで10代の中高生から30代まで多くのユーザーに愛されています。

今後もバンダイナムコゲームスではWiiやPS2などでの新タイトルなど、シリーズを世界に展開すると共に、ゲーム以外のコンテンツでも展開を広げていくとしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ソウルキャリバーVI』『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』『DARK SOULS REMASTERED』『無双OROCHI3』他

    今週発売の新作ゲーム『ソウルキャリバーVI』『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』『DARK SOULS REMASTERED』『無双OROCHI3』他

  2. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

    2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  3. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  5. これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

  6. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  7. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

  8. 全身を使って“剣や盾を振り回す”VRゲーム『CIRCLE of SAVIORS』のリアルタイム複合現実が凄い

  9. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  10. 任天堂、パテントトロールに勝訴し全特許を差し押さえ 『Wii Fit』を巡り

アクセスランキングをもっと見る