人生にゲームをプラスするメディア

【朝刊チェック】 任天堂向けソフト供給がSCE向けを逆転など(6月25日)

ゲームビジネス その他

本日の朝刊各紙の紙面をチェックします。まず飛び込んできたのは日経で大きく取り上げられていた、任天堂向けのソフト供給がSCE向けを上回ったという記事。特にニンテンドーDS向けが増えているようです。また朝刊でも、新機軸を得た企業として任天堂が取り上げられています。

日本経済新聞11面「任天堂向けソフト逆転へ ゲーム大手SCE離れ進む」
バンダイナムコ、セガ、カプコンの大手3社が供給するソフトは任天堂向けがSCE向けを逆転。バンダイナムコ(115タイトル)、セガ(49タイトル)は去年から倍増。スクエニはPS3向けを年度内に発売する予定はなし、コナミはPS3向けタイトルをMS向けにも対応させる検討を開始。

日経産業新聞2面「セカンドライフ 民放、新事業のアンテナ」
民放各社がセカンドライフに積極進出。ただし、著作権などの処理が進出の足かせに。頭打ちが続く広告収入に続く放送がい収益の拡大を狙う。

日経工業新聞13面「ヒットの裏舞台 ゼンリン PSP向け『みんなの地図』」
ゼンリンがPSP向けに発売している『みんなの地図』が異例のヒット。ページをめくる手間がなく、行きたい場所に一発検索できる手軽さがヒットの要因。『2』も発売になり、8月には『地域版』も予定。GPSにも対応します。

日本経済新聞社説「好業績に慢心せず新たな成長戦略を」
景気回復の日本企業、慢心せずに新たな成長を目指す必要。飛躍的な新機軸を見出した一例として任天堂が挙げられています。社員一人当たりの純利益は5000万円を突破し、グーグルやマイクロソフトを抜き、時価総額でも松下を超えた要因は、「ゲームはマニア向け」という概念を突き破ったことにあります。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

    「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  2. 今週発売の新作ゲーム『マリオテニス エース』『New ガンダムブレイカー』『The Lost Child』『Minecraft』『Musynx』他

    今週発売の新作ゲーム『マリオテニス エース』『New ガンダムブレイカー』『The Lost Child』『Minecraft』『Musynx』他

  3. VRは次のステップへ。さらなる進化を。SIEWWS吉田プレジデントインタビュー【E3 2018】

    VRは次のステップへ。さらなる進化を。SIEWWS吉田プレジデントインタビュー【E3 2018】

  4. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  5. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  6. 今週発売の新作ゲーム『Jurassic World Evolution』『グランクレスト戦記』『GOD WARS 日本神話大戦』『スーパーボンバーマンR』他

  7. 【CEDEC 2013】ゲーム脳から10年以上経た、ゲームをめぐる現在の認知機能研究

  8. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  9. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  10. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

アクセスランキングをもっと見る