人生にゲームをプラスするメディア

米国任天堂が広告代理店のレオ・バーネットと契約を打ち切り

広告やマーケティングの専門誌「BRAND REPUBLIC」によれば任天堂オブアメリカは、7年間に渡って広告エージェンシーとして活動してきたレオ・バーネットとの契約を打ち切る方針を立てたそうです。理由は日本の本社からマーケティングについての干渉が強くなってきたことにレオ・バーネット側が難色を示したからだとのことです。

ゲームビジネス その他
広告やマーケティングの専門誌「BRAND REPUBLIC」によれば任天堂オブアメリカは、7年間に渡って広告エージェンシーとして活動してきたレオ・バーネットとの契約を打ち切る方針を立てたそうです。理由は日本の本社からマーケティングについての干渉が強くなってきたことにレオ・バーネット側が難色を示したからだとのことです。

任天堂とレオ・バーネットの関係は米国でSUper Entertainment System(スーパーファミコン)を導入する際に2500万ドル規模のマーケティング予算を投入したところから始まり、今日へと続いてきました。しかしWiiの発売の数週間前に任天堂幹部はレオ・バーネットが作った伝統的なスタイルの広告よりもドキュメンタリースタイルの広告であるべきだと述べて、そこから決裂が始まったようです。

英国任天堂のDawn Paine氏はこの決裂について「ビジネスで要求されるものが変化したため」だとしています。任天堂オブアメリカは現在、新しい広告エージェンシーを探しているということです。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. FPS界の重鎮“スタヌ”って何者?山田涼介も憧れる人気ストリーマー・StylishNoobの魅力

    FPS界の重鎮“スタヌ”って何者?山田涼介も憧れる人気ストリーマー・StylishNoobの魅力

  2. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

    【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  3. Kinectはビジネスやゲームでも活躍・・・150以上のプロジェクトから一部紹介(2)

    Kinectはビジネスやゲームでも活躍・・・150以上のプロジェクトから一部紹介(2)

  4. EAの販売プラットフォーム「Origin」は他パブリッシャーの参入も歓迎

  5. 時雨殿、27日オープンを前に初公開

  6. 【ゲーム×法律】ゲームの利用規約違反で制裁、どこまで許される?

  7. Rovio、『Angry Birds』ヒットにより世界各地での提携を強化 ― まずは社内人員を増強

  8. 週間ゲームソフト&ハード販売ランキング 2006年1月30日-2月5日

  9. メンテナンス終了しました

  10. グリーとHTCが業務連携、 アミューズメント施設向けVR体験の提供を推進

アクセスランキングをもっと見る