人生にゲームをプラスするメディア

5年後のビデオゲーム業界は?―NOA副社長

IGNの不定期連載「The Nintendo Minute」の第23回にて、任天堂オブアメリカ副社長マーケティング&コーポレートアフェアーズのPerrin Kaplan氏が、5年後のビデオゲーム業界について語っています。

ゲームビジネス その他
IGNの不定期連載「The Nintendo Minute」の第23回にて、任天堂オブアメリカ副社長マーケティング&コーポレートアフェアーズのPerrin Kaplan氏が、5年後のビデオゲーム業界について語っています。

--ビデオゲーム産業とレボリューションは、5年間でどうなると思いますか?

私たちの見解では、「次世代」という言葉を皆使いすぎです。いまやその言葉は、消費者が以前見たことがある・プレイしたことがある事に関する小さなステップを意味しているに過ぎなくなってしまった、と私たちは思っています。

それゆえ、新世代があるのです。それは、乱用されてしまった「ノーマルな」道から離れて、何か真新しいものを、これまで体験したことのないことを作ることです。「新世代」とは、エンターテイメントを体験するまったく新しい方法を意味しています――肉体面において、精神面において、そして最も重要なことですが、感情面において。私たちは、現在の一般的なゲームに関する考え方やアプローチを解体しているところです。業界が生き残るためには、革新的でなくてはなりません、そうでなければ業界は死にゆきます。

真のイノベーションへの道―「新世代」―は活気付いてきています。私たちは、ニンテンドーDSの驚くべきセールスでその証拠をすでに見ることができています。『Nintendogs』、『大人のDSトレーニング』、『どうぶつの森』Wi-Fi、『マリオカートDS』Wi-Fi、などなど。そして、この成功は世界的なものです。

心配しないでください、私たちは、今もこれからも決して私たちのコアプレーヤーを見捨てはしませんし、信頼できて魅惑的なフランチャイズやその他の「コアな」ゲームを提供し続けるでしょう。

任天堂は、「新しい」世代への道の上にいる唯一の会社です。あなた方が今までDSでみてきたようなイノベーションは、まだ最初の一歩に過ぎませんし、レボリューションが据え置きゲーム機をどう変えるかについてのテンプレートにしか過ぎません。あえて言うなら、5年間の間に、私たちの競争相手が「新世代」への道へと我々に合流してくるのではないか、と私たちは思っています。
《OKOK》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

    今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

  2. 149ドルでスマホが本格VRに!?「NOLO」Kickstarterキャンペーン開始

    149ドルでスマホが本格VRに!?「NOLO」Kickstarterキャンペーン開始

  3. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

    2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  4. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. Nintendo Switchは真のeスポーツの扉を開けた【オールゲームニッポン】

  6. 「サムスの性別は決まっていなかった」「2Dメトロイドは機会があれば」任天堂坂本氏が『メトロイド』を語る

  7. 『艦これ アーケード』公式が類似サービスについて注意喚起―配信直後のスマホゲーが原因か

  8. 2007年のオタク市場規模は1866億円―メディアクリエイトが白書

  9. ガンホー、平成26年12月期 第3四半期決算を発表 ― 純利益は約17%増で、頭打ちの傾向

  10. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

アクセスランキングをもっと見る