人生にゲームをプラスするメディア

セガから新作多数発表―『ソニックライダーズ』・『ムシキングDS』など

ゲームビジネス その他

セガは9月9日に戦略発表会を開催し、次世代機向け『SONIC THE HEDGEHOG』を初めとして多数のタイトルを発表しました。同時にチュンソフトやビバリウムとの業務提携を発表されています。

次世代機向け『SONIC THE HEDGEHOG』はPS3とXbox360向けに開発されているもので、初代と同じタイトルを冠した生誕15周年を記念タイトルとなっています。発表会では実機を想定したリアルタイムで描画される映像が上映されたそうです。「レボリューション」でも今後発表される可能性は高いと見ますがどうでしょう。

業務提携については、まず既報の通りチュンソフトと提携を行い、『風来のシレンDS』など4タイトルを発売するとしています。また、ビバリウムとも提携を行い『シーマン』の新作を開発するそうです。セガはPSP向けに『デジタルペット(仮称)』という作品を発表しており、これの可能性は高そうです。マイクが標準装備のDSでも期待したいところです。

ゲームキューブではソニックがガチンコレースを繰り広げる『ソニックライダーズ』が2006年春に発売されることになりました。ソニックはエアーを放出することで地上を滑走するエアボードに乗り地上を滑空、コース上に設置されたキッカー(ジャンプ台)を利用して様々なトリックを決めるXスポーツ系の爽快感あるレースになります。

ニンテンドーDSではまず『スーパーモンキーボールDS』が12月に発売されることが決定しました。これは業務用に始まりゲームキューブでも2作品が発売されたシリーズで、サルが入った球を転がしてゴールに導くゲームです。最新作ではタッチペンを使ってコロコロ転がしていくそうです。

業務用で大ヒットして一大ブームを引き起こしている『ムシキング』がGBAに続いてニンテンドーDSでも発売されることになりました。『甲虫王者ムシキング グレイテストチャンピオンへの道 DS』は詳細は不明ですが、タイトルが同じのため、GBA版にプラスαしたものと推測されます。12月8日発売です。

加えて『ドラえもん のび太の恐竜2006 DS』も発売されることが決定しています。ゲームの詳しい内容は不明ですが、名作「のび太の恐竜」が来年リメイクされることが決定していて、それを題材にしたゲームになるものと思われます。発売日は未定です。

その他のハードでは、PS2で 『ダービー馬をつくろう!5』、 『実戦パチンコ必勝法! CR 北斗の拳』、PSPで『頭文字D STREET STAGE』、GBAで『シャイニング・フォース 黒き竜の復活 お買い得版』などの発売が決定しています。

東京ゲームショウのページも更新されていて、これらの多くが出展される模様です。お楽しみに。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】「VR元年に何が起こったのか?」―SIE吉田修平氏、新清士氏らパネルで語る

    【レポート】「VR元年に何が起こったのか?」―SIE吉田修平氏、新清士氏らパネルで語る

  2. ジャレコが「PocketNES」のソースコードを盗用?

    ジャレコが「PocketNES」のソースコードを盗用?

  3. セガサミー、『PSO2』好調維持『艦これアーケード』堅調で大幅増益―3Q決算

    セガサミー、『PSO2』好調維持『艦これアーケード』堅調で大幅増益―3Q決算

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  6. 【CEDEC 2010】老舗ゲームメーカーの人材育成とは、セガの場合

アクセスランキングをもっと見る