人生にゲームをプラスするメディア

ESRBが「E10+」のレーティングを導入

ゲームビジネス その他

米国でビデオゲームのレーティングを行っているESRB(Entertainment Software Rating Board)はこれまでの区分けに加えて「E10+」を導入すると発表しました。これは全対象ながら10歳以下には多少向かない表現があるゲームに付けられるもので、表現に問題があるレースゲームや格闘ゲームなどが該当するそうです。

ESRB議長のPatricia Vance氏は「私達はベストセラーのスポーツゲームや一般的なレースゲームは継続してE(全対象)のレーティングを得るだろうと思います。エクストリーム的な表現のあるレースゲームやヒーローと戦う格闘ゲームなどはE10+レーティングとなるかもしれません」と述べています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 国民的RPGをVRで体験! 『ドラゴンクエストVR』4月27日稼働─戦士や僧侶、魔法使いとなってゾーマ城を目指せ

    国民的RPGをVRで体験! 『ドラゴンクエストVR』4月27日稼働─戦士や僧侶、魔法使いとなってゾーマ城を目指せ

  2. 骨盤底筋を鍛えられる女性向け異色ゲームコントローラー「Skea」が開発中

    骨盤底筋を鍛えられる女性向け異色ゲームコントローラー「Skea」が開発中

  3. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 『マギア☆レコード』開発者向けセミナーを開催ーf4samurai設立者が語るエンジニアの役割とは?

  5. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  6. 【CEDEC 2014】ねぶたのリズムで殴り合う『アオモリズム』を生んだゲームアイデア発想法

  7. セガサミーホールディングス、平成20年3月期業績を発表―純損失524億円、役員にNTTドコモ夏野剛氏

  8. 【グリーカンファレンス2012】海外進出の鍵となる広告戦略、『Zombie Jombie』も積極的に活用

  9. SCEが米国Gaikaiの買収を発表、新たなクラウドサービスを立ち上げ・・・総額3億8000万ドル

  10. サーキット・シティが破産法適用―米家電量販店2位

アクセスランキングをもっと見る

1