人生にゲームをプラスするメディア

ESRBが「E10+」のレーティングを導入

ゲームビジネス その他

米国でビデオゲームのレーティングを行っているESRB(Entertainment Software Rating Board)はこれまでの区分けに加えて「E10+」を導入すると発表しました。これは全対象ながら10歳以下には多少向かない表現があるゲームに付けられるもので、表現に問題があるレースゲームや格闘ゲームなどが該当するそうです。

ESRB議長のPatricia Vance氏は「私達はベストセラーのスポーツゲームや一般的なレースゲームは継続してE(全対象)のレーティングを得るだろうと思います。エクストリーム的な表現のあるレースゲームやヒーローと戦う格闘ゲームなどはE10+レーティングとなるかもしれません」と述べています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. イメージエポック、破産手続き開始…関連会社のスマイルオンラインゲームも

    イメージエポック、破産手続き開始…関連会社のスマイルオンラインゲームも

  2. 【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

    【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

  3. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

    あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  4. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  5. 【レポート】「Oculus Rift」製品版の開封&セットアップ解説をお届け

  6. スマホ版『みんゴル』メディア対抗「冠トーナメント」開催権争奪戦実施―インサイドも参戦!

  7. マリオファクトリー南柏店レポート

  8. Nintendo Switchは真のeスポーツの扉を開けた【オールゲームニッポン】

  9. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  10. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

アクセスランキングをもっと見る