人生にゲームをプラスするメディア

米メディア大手・バイアコムがゲーム内広告ビジネスに参入?

ゲームビジネス その他

ロイター通信は米メディア企業大手のバイアコムがゲーム中の広告掲載が事業として成り立つかどうか調査を進めていると伝えました。同社は1兆円規模の米ゲーム業界が一層の発展を実現する為に、広告が重要な役目を果たすだろうと考えているようです。

バイアコムはCBS(テレビ)、MTV(音楽)、パラマウント(映画)などを所有する大手メディア企業ですがゲームに関しては会長のレッドストーン氏が個人的にミッドウェイの筆頭株主である以外に会社として取り組んでいるものはありません。昨年までパブリッシャーのSimon and Schusterに出資していましたが大幅に縮小しました。しかし同社の最高財務責任者Richard Bresslerは「1兆円のゲーム産業から利益を得る方法を考えている」と述べました。

既にアクティビジョンは広告代理店大手のニールセンと提携してゲーム中の広告ビジネスを開始した事を明らかにしています。現時点では利益は余りあがらないと予想しているようですが、ゲーム産業自体も発展中ですから今後どのくらいの規模のビジネスになるかは未だ未知数です。

任天堂ゲームでも昔ディスクシステムの『帰ってきたマリオブラザーズ』に永谷園の広告が入っていて価格が安かった、という例もありますが近年では見られません。しかしゲームが一般的なメディアとみなされるようになりつつありますから今後はこのようなビジネスが一般的に行われるようになる可能性は決して少なくはないでしょう。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームはVR/AR市場の中心となるか?「ファインテック ジャパン」セミナーレポート

    ゲームはVR/AR市場の中心となるか?「ファインテック ジャパン」セミナーレポート

  2. レベルファイブが開発拠点「LEVEL5 comcept」を大阪に設立―同拠点の手掛ける新作ゲームの情報も

    レベルファイブが開発拠点「LEVEL5 comcept」を大阪に設立―同拠点の手掛ける新作ゲームの情報も

  3. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

    『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  4. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  5. ミストウォーカー、新作タイトルで現代アーティストの小松美羽とコラボを実施 ─ 個展には描き下ろし作品が展示中

  6. 次世代女子プロe-Sports選手育成「スターゲーマーズプロジェクト」始動!―新番組「スターダストゲームガールズ」6月9日より配信開始

  7. 『ブレイブウィッチーズ VR』がSteamで配信開始―「雁淵ひかり」を操作して大空を舞うシューティング

  8. 『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

  9. 「GTMF2017」の事前来場者登録を受付開始─開発&運営ソリューションが一堂に会するイベント

  10. ホリデーシーズンのGameStop売上が例年より増加、北米ゲーム専門店の勢い衰えず

アクセスランキングをもっと見る