人生にゲームをプラスするメディア

東京ゲームショウ2004のテーマが決定、「最新の感動を、世界のみんなへ」

CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は東京ゲームショウ2004のテーマを「最新の感動を、世界のみんなへ」と発表しました。開催期間は9月24日(金)〜26日(日)で会場は幕張メッセです。来場者数15万人以上、出展者数120社以上、出展小間数1500小間が目標だそうです。

ゲームビジネス その他
CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は東京ゲームショウ2004のテーマを「最新の感動を、世界のみんなへ」と発表しました。開催期間は9月24日(金)〜26日(日)で会場は幕張メッセです。来場者数15万人以上、出展者数120社以上、出展小間数1500小間が目標だそうです。

テーマは"かつて経験したことのない新しい「遊び」が生み出す、最新の「感動」。その「感動」を、国や世代を超え、世界中の人々に向けて発信し、ゲーム産業はもとより、世界のエンターテインメントシーンを進化させていく"というメッセージが込められています。

ファミコン誕生から20年、常に「新しい遊び」を提供し多くの人々に感動を与えてきたゲーム産業が、人々の欲求が多様化しニーズを満たす事が困難になってきている今、どのような「新しい遊び=最新の感動」を見せてくれるのか大いに期待したいですね。

出展者に関する情報や前売り券の発売日などは7月9日に発表の予定です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

    『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  4. 【NDC17】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  5. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  6. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

  7. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  8. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  9. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  10. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

アクセスランキングをもっと見る