人生にゲームをプラスするメディア

【DEVELOPER PROFILE】第7回 U’s BMB Entertainment

任天堂 その他

任天堂とナムコの共同開発によって登場する『ドンキーコンガ』のオープニングにはU’s BMB Entertainment Corpという聞き慣れない名前の会社が名を連ねています。しかも社名が長いからNintendoやNamcoに比べて目立つ。このような会社はいかなる会社であるのか、というのが以下の簡単な報告です。

エクシングの「HyperJoy」、第一興商の「Cyber DAM」そしてセガの「セガカラ」と比べると少しばかり知名度は低いかもしれないが、「B-Kara/neon/U-kara」というカラオケ機種を提供しているのがこのユーズ・ビーエムビー エンタテイメント。

元々の社名は日光堂と言い、こちらの名前の方が知名度は上かもしれない。2000年10月に有線ブロードネットワークスの資本参加を受けて翌年3月に社名を変更しています。その後同じカラオケの株式会社タイカンを合併、パイオニアのカラオケ関連事業の2社を買収、関連アプリケーション開発のクラリオンソフト株式会社を買収、出資元のユーセンのカラオケ事業を買収、と買収に次ぐ買収にょって急拡大した会社です。

ナムコとの付き合いは結構前からあって、日光堂という名前だった1999年の9月9日と9の続く日に「カラオケの日光堂とゲームのナムコが業務用ゲーム機で提携」とリリースを出してナムコと共同でカラオケとあわせながらコントローラーを操作するというアーケードゲーム『ミリオン ヒッツ』の発売を発表します。これには同社のギターの弾ける参加型通信カラオケ「BEATneon」が組み込まれています。曲数が豊富で追加も頻繁に行われたため、そこそこの評判を得たようです。

その後『三味線ブラザース』や『太鼓の達人』といったタイトルが両社の共同開発で生まれて、そして『ドンキーコンガ』に繋がったということのようです。まあ、共同開発というか楽曲提供ですけどね。

ユーズ・ビーエムビー エンタテイメントとはつまりカラオケボックスをやってるような会社です。ちなみに現在の通信カラオケのシェアは31%で、知らないのは私だけだったという結論も出ております。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

    【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

  3. 最大のライバルは味方!?協力や裏切りで盛り上がる『アーケードアーカイブス マリオブラザーズ』は9月27日配信開始

    最大のライバルは味方!?協力や裏切りで盛り上がる『アーケードアーカイブス マリオブラザーズ』は9月27日配信開始

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』ガチマッチに参戦する時の心得 ─ これを読めば初心者でも勝てるかも?

  5. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. アケアカでアーケード版『マリオブラザーズ』が復活!『VS.スーパーマリオブラザーズ』などVSシリーズも続々登場予定

  8. 【特集】『星のカービィ』シリーズ、絶対に忘れられないシーン10選

  9. 【読者アンケート】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」結果発表─『烈火の剣』『蒼炎の軌跡』『聖戦の系譜』の三つ巴を制したのは……

  10. 【プレイレポ】『project OCTOPATH TRAVELER』3DCGとドット絵で描く世界が美しい…! 先行体験版で「バトルの駆け引き」や「没入感の高い物語」の片鱗に触れる

アクセスランキングをもっと見る