人生にゲームをプラスするメディア

バンプレスト内覧会でファミコン型クッション登場

ゲームビジネス その他

バンプレストは全国のアミューズメント施設向けに今冬リリース予定の新作プライズおよび新型アミューズメントマシンの内覧会を開催しました。会場ではきかんしゃトーマス、機動戦士ガンダム、ドラゴンボールZ、仮面ライダーなどをモチーフにした様々な商品が並びました。

その中には任天堂関連の物もあって、「スーパーDXファミコンコントローラークッション」、「カセット型デジタル音声キーホルダー」、「土管型はんこカバー」の3種類の商品が展示されていました。

クッションはファミコンのコントローラー型のものでIコンとIIコンの2タイプが展示されていました。全長42cmで2004年3月登場予定。ちなみに丸ボタンです。カセット型キーホルダーはコイン音と1UP音が鳴るようになっていて、マリオブラザーズのパッケージが印刷されています。2004年2月登場予定。最後はハンコを押すとキャラクタが飛び出すカバー。約11cmで、4種類。2004年3月登場予定。

コントローラーを枕にして昼寝したいです。関係ありませんがGAMEWATCHの写真でこのコントローラー型クッションの手前に置いてある本持ってたりします。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  2. はてなが上場、売上先は任天堂が3割

    はてなが上場、売上先は任天堂が3割

  3. サイゲームス、伊名門サッカークラブ「ユヴェントス」スポンサー企業に!ユニフォームにロゴが掲出

    サイゲームス、伊名門サッカークラブ「ユヴェントス」スポンサー企業に!ユニフォームにロゴが掲出

  4. 京都銀行、任天堂株の売却は考えず、配当を原資に貸し出し強化へ

  5. 『NintendoDREAM』ディレクター サオヘン氏インタビュー 第一回

  6. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

  7. ディンゴの従業員は全員解雇、未払賃金立替払を申請中

  8. OPENREC.tv x TOPANGAスポンサー契約発表会レポ―「日本のe-Sports発展に貢献を」

  9. 任天堂ミュージアム−任天堂オブアメリカ総本山の博物館

  10. ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

アクセスランキングをもっと見る