人生にゲームをプラスするメディア

バンプレスト内覧会でファミコン型クッション登場

ゲームビジネス その他

バンプレストは全国のアミューズメント施設向けに今冬リリース予定の新作プライズおよび新型アミューズメントマシンの内覧会を開催しました。会場ではきかんしゃトーマス、機動戦士ガンダム、ドラゴンボールZ、仮面ライダーなどをモチーフにした様々な商品が並びました。

その中には任天堂関連の物もあって、「スーパーDXファミコンコントローラークッション」、「カセット型デジタル音声キーホルダー」、「土管型はんこカバー」の3種類の商品が展示されていました。

クッションはファミコンのコントローラー型のものでIコンとIIコンの2タイプが展示されていました。全長42cmで2004年3月登場予定。ちなみに丸ボタンです。カセット型キーホルダーはコイン音と1UP音が鳴るようになっていて、マリオブラザーズのパッケージが印刷されています。2004年2月登場予定。最後はハンコを押すとキャラクタが飛び出すカバー。約11cmで、4種類。2004年3月登場予定。

コントローラーを枕にして昼寝したいです。関係ありませんがGAMEWATCHの写真でこのコントローラー型クッションの手前に置いてある本持ってたりします。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!

    編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!

  2. 【E3 2017】恐竜サバイバルMMO『Durango』試遊&インタビュー!―「お寿司は高級料理です」

    【E3 2017】恐竜サバイバルMMO『Durango』試遊&インタビュー!―「お寿司は高級料理です」

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  5. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  6. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  7. 「狼と香辛料」作者が送るVRアニメ『Project LUX』Steam配信へ【UPDATE】

  8. 今どきゲーム事情■中村彰憲:洋ゲー最前線:“天才の時代”復活?!デュラン・フィトラーの『Audiosurf』

  9. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  10. テイクツーとGameStopの株価が下落 ― 『グランド・セフト・オートV』の9月発売影響か

アクセスランキングをもっと見る